フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

ミラレイン・ワックスドコットンジャケット(補色コーディネート)

2021/05/09

04.コーディネート, 06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

今シーズンから受注を開始した、British Millerain(ブリティッシュミラレイン)社のワックスドコットン(waxed cotton、画像2枚目)のオーダージャケット。

ワックスドコットンのオーダージャケット、スタートです!

ミラレイン・ワックスドコットンさらに追加!

ベージュのコットントラウザーズ、インディゴ染めのシャツ、赤×青のリバース(向かって右下がりの)ストライプ・タイと合わせてみました。

ブリティッシュミラレイン ワックスドコットン オーダージャケット

ブリティッシュミラレイン SAHARA ワックスドコットン オイルドコットン バブアー

ポイントはネクタイの赤だと思いますが、実は緑と赤のコーディネートは失敗するリスクを孕んでいます。
緑と赤は補色の関係にあります。補色とは、色相環(画像3枚目、新星出版社[色彩検定3級テキスト&問題集]より引用)の反対側に位置する色同士の事。
補色の組み合わせは色の違いが大きいため、派手になり過ぎてしまう可能性があるのです。
よく言えば活動的な印象ですので、NBA(バスケ)のロサンゼルス・レイカーズは黄色×紫、MLB(野球)のニューヨーク・メッツは青×オレンジなど、スポーツチームのユニフォームには補色が多く採用されていますが、日常のコーディネートに取り入れるときは注意が必要です。

補色色相配色

注意する点は、面積です。
例えば、緑のジャケットに赤のトラウザーズ。このように見える面積が同じくらいだと、思いっきり喧嘩してしまいます(^^;)
補色同士を組み合わせるのであれば、どちらか一方はアクセントカラーとして、小さい面積で使うのがコツです。
今回の場合は、赤の面積を小さくしてアクセントにしています。

 

色を組み合わせるのが苦手な方は、このようなコツをいくつか覚えるだけでかなり失敗が減らせると思います。
あとは実践あるのみ。慣れてしまえば、理屈ではなく「なんとなく」分かるようになりますよ。

 

ワックスドコットン・オーダージャケット 59,400円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店