フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

09.オーダーコート

オーダーコートの仕上がり(ローデンクロス・ネイビー)

2020.10.23

09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

先日5本限定で発売したウールタイが、おかげさまで残り2本になりました。
ご検討中の方はお早めにどうぞ!

 

さて、F様よりご注文をいただいたオーダーコートの仕上がりです。
3つボタンのチェスターフィールドコートを、オーストリア・Leichtfried(ライヒットフリード)社のローデンクロス(wool80%/alpaca20%/目付540gms)ネイビーでお作り致しました。

オーダーコート チェスターコート ローデンクロス

この素材を探して来店される方も多い、オーストリアの伝統織物であるローデンクロス。
縮絨による防風性、撥水性、そしてアルパカを混紡することで滑らかな触感を実現させた、機能性と心地良さを併せ持つ素材です。

オーダーコート チェスターコート ローデンクロス マニカカミーチャ 雨降り袖

いかり肩気味のF様は肩周りを柔らかく見せたいとのことでしたので、マニカカミーチャと言う、シャツのような袖付けの仕様に致しました。袖山部分のギャザーを雨に例えて「雨降り袖」とも呼ばれる軽快な仕様で、やや短めの着丈(85cm)ともマッチしていると思います。

 

F様、この度はありがとうございました。
早くコートが着られるくらい寒くなると良いですね。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーコート 130,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

本日のコーディネート(カヴァートクロス・スリーピース)

2020.10.09

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

急に寒くなったので、今日は秋冬物を着ています。
伊CANONICO(カノニコ)のカヴァートクロスで作ったスリーピースです。
今日の東京は終日雨のようですが、本来コート用のタフな生地を使ったこのスーツなら、ハードな条件も気になりません。センタークリース(トラウザースの折り目)が落ちないのも嬉しいですね。

カノニコ covert cloth オーダースーツ

フランネルやツイードの季節ももうすぐです。
「旅行は行く前日が一番楽しい」と言いますが、服好きにとっては今がそのタイミングかも知れませんね(^_^;)

 

 

●CANONICO「COVERT」wool100%●
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 37,000円(税抜)~
・GOLD LINE 52,000円(税抜)~
オーダーコート 130,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

キーパーズツイードの色展開が増えました!

2020.10.02

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

ツイードの中でも、厚みのあるヘヴィなモノと言えば、知る人ぞ知るキーパーズツイード(keepers tweed)。
当店では、スコットランドのLOVAT MILLから、通常展開していないネイビーのキーパーズツイードを別注で購入し、お客様に紹介して参りました。その残りも、ジャケット1着分のみとなりました(サイズによってはスーツやコートもいけるかもしれません)。

 

万人向けではありませんが、欲しい人はどうしても欲しい素材ですので、あと1着で在庫がなくなるのは当店としても寂しい。
そこで・・・この秋からご注文いただけるカラーを3色増やすことに致しました!
さっそく動画をご覧ください。

①NAVY
②CHARCOAL(木炭)
③OLIVE(オリーブ)
④SAGE(植物のセージ)

①のみ在庫限り、それ以外は定番として展開します。
③と④は画面上だとほぼ同じに見えますが、③はブラウンが強く、④はグリーンが強い色味です。
どちらも、語源であるgame keeper(猟場の番人)に相応しい色味ですね。

 

そうそう、あと今回の3色はネイビーよりもヘヴィなのです。
ネイビーはwool100%、目付880gms。
他の3色はwool100%、目付990gms(!)

 

好事家の皆様、ご注文お待ちしております。

 

 

●LOVAT MILL「keepers tweed」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~
オーダーコート 164,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Brisbane Moss のコーデュロイ”3101X”

2020.09.20

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

当店の秋冬の定番とも言える生地、英Brisbane Moss(ブリスベン・モス)のコーデュロイの紹介です。
現在2種類のコーデュロイを取り扱っていますが、ヘヴィ(470gms)なコレクション「3101X」をご覧ください。

コーデュロイ(corduroy)は、17~18世紀にフランス王室の使用人が着る丈夫な衣服に使われた畝(うね)のある生地だったため、corde du roi(王様の畝、王様の織物)と呼ばれるようになったのが語源である…というのがファッション業界の人が好きな話。私もこんな語源だったら素敵だな~と思いますが、残念ながら学問としての裏付けはなく、言い伝えの域を出ないようです。
現在、The Oxford English Dictionaryには、corduroyの語源として「18世紀後半にイングランド西部で織られた、畝のある(cord)毛織物(duroy)の一種であろう」(私の意訳です)と記述されています。

 

まぁ何が語源だろうが、タフな素材であることに変わりはありません。汚れやシワなどにあまり神経質にならずにガンガン着倒すのが、この素材とのカッコ良い付き合い方だと思います。
とは言え、ブリスベン・モスのコーデュロイは、打ち込み(織りの密度)が高いため、ちょっとやそっとでは畝が潰れてテカテカになったりしません。着倒すのも一苦労です(^_^;)
ゆっくり着続けていれば、忘れた頃にいい味が出てきます。
私が着ているスリーピース(画像は上着だけを単品で着用しています)も5年になりますが、まだまだ良くなりそうなので寒くなるのが待ち遠しいです。

本格的に寒くなる前に、Brisbane Moss の 3010X、ぜひご検討下さい!

 

 

●Brisbane Moss「Quality 3010X」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~
オーダーコート 141,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダースーツの仕上がり(カノニコ・カヴァート)

2020.09.18

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

O様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊カノニコのCOVERT(カヴァート)のグレイ、仕立はSILVER LINEです。
本来はCOVERT COATと言うコートに使われる生地だけあって、スーツ地としてはヘヴィ級の440gms。
防風性が高く、シワになりにくく、耐久性が高い。以前も書いたような気がしますが、見た目は仕立栄えのする綺麗なスーツであるにも関わらず、作業服のように気を使わずに着られる気楽さがあります。
ただ、軽さが最優先の方にはお薦めしません(^_^;)

オーダースーツ canonico covert カヴァート カノニコ

という訳で皆様のスーツの固定観念を覆すCOVERT、今年もお薦めです。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

FOX BROTHERS “CASENTINO(カセンティーノ)”

2020.09.15

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

アジャスタブルコスチュームのハット受注会は昨日で終了致しました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

さて、新入荷の生地の紹介です。
フォックスブラザーズの「カセンティーノ」です。
カセンティーノとは、イタリア・トスカーナ地方の伝統的な織物で、別名napping wool(手玉のような加工がされたウール)とも呼ばれています。
ナッピングとは、草木に引っ掛けても傷が目立たないようにするために毛玉状に毛羽立てる加工で、そのことからもアウトドアやスポーツ向けの素材だったことがうかがえます。

 

革で例えるならば、スエードみたいなモノです。
スエードは傷が目立たない革なのですが、そりゃそうです、表面を起毛させて、つまりあらかじめ傷だらけにしているわけですからね(^_^;)
AI(人工知能)やら光学迷彩やら、巷では科学の進化の話題に事欠きませんが、昔ながらの「木を隠すなら森の中」的な発想、私は好きですよ。

 

とはいえ単なる懐古主義ではなく、遊び心のあるヴィヴィッドな色を展開しているのも面白いところ。
wool100%、目付620gms、全9色。コートか、厚手のジャケットに適しています。

 

●FOX BROTHERS ‘CASENTINO’の場合●
オーダーコート 164,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

 

Leichtfried (ライヒットフリード)ローデンクロス

2020.09.11

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

この秋冬の新作というわけではありませんが、私がオススメの生地を紹介します。
昨年の記事でも紹介した、オーストリアはLeichtfried(ライヒットフリード)社のローデンクロスです。

 

昨年お客様からスーツやコートのご注文をいただき、さらに自分用に作ったコートを1シーズン着用してみて、その良さを体感することができました。
まず、立体になったときに美しく、仕立栄(ば)えします。触感には滑りのある心地良さがあります。混じり気がある「霜降り」の味わいも良いですね。そして縮絨(しゅくじゅう)してあるので防風・防水性があります。これだけあれば充分ですよね(^_^;)

 

ということで今年もお薦めして参ります。
動画と画像をご覧ください!

ローデンクロス チェスターコート

ローデンクロス ローデングリーン オーダースーツ

ローデンクロス チェスターコート

●「ピュア360プレーンメリノウール」の場合●
オーダーコート 130,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 37,000円(税抜)~

 

●「クラシック540ヒマラヤローデン」の場合●
オーダーコート 141,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~

 

●「シンメトリー640ダブルフェイス」の場合●
オーダーコート 152,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 69,000円(税抜)~
・GOLD LINE 106,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ナチュラルな魅力のMARLING & EVANS ”Undyed”

2020.09.08

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

アジャスタブルコスチュームのハット受注会、本来であれば本日から開催の予定でした。予定を早めて先週土曜日から始まっておりますが、あらためて宜しくお願い致します。9/14(月)まで開催しています。

 

さて、秋冬用スーツ・ジャケット・コート地の紹介です。
英国MARLING & EVANS(マーリング&エヴァンス)の「Undyed」というコレクションです。
Undyed(アンダイド)、つまり染色(や脱色を)せずに天然の羊毛の色を生かした糸を織り上げた生地です。

 

MARLING & EVANSの歴史は16世紀に遡るそうですが、ロゴにあるように1782年に工場を建て本格的に事業を開始したミル(織元)です。生地の聖地ハダースフィールドで彼らが作る素材は、衣服にとどまらずロールスロイスの内装にも使われるなど、数多くのブランドに頼りにされてきました。

 

まぁ御託を並べるよりも観てもらったほうが早いと思うので動画をご覧ください。
画面から伝わるでしょうか、とても統一感のある、ナチュラルな風合いのベージュやブラウンの生地がいっぱいです。
いやぁ、これは味わい深い!

目付は4種類あり、320gms、340gms、370gms、720gmsです。
720gmsはコート用ですね(コート要らずのヘヴィなジャケットを作るのもアリです)。

 

他に無い雰囲気の、面白いコレクションです。
ぜひ店頭で生地をご覧ください!

 

 

●MARLING & EVANS ”Undyed”320~370gmsの場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 57,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~
オーダーベスト
・SILVER LINE 36,000円(税抜)~
・GOLD LINE 46,000円(税抜)~
オーダーコート 164,000円(税抜)~

 

●MARLING & EVANS ”Undyed”720gmsの場合●
オーダージャケット
・SILVER LINE 89,000円(税抜)~
・GOLD LINE 124,000円(税抜)~
オーダーコート 178,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Harris Tweed(ハリスツイード)入荷

2020.09.04

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

今日も暑いですが、秋冬のスーツ・ジャケット地を紹介します。
ご存じの方も多いと思います、Harris Tweed(ハリスツイード)。スコットランドはハリス島とその周辺の島のみで生産されているツイードです。
今シーズン取り扱うのは、現在のハリスの主力であるFEATHER WEIGHT(フェザーウェイト)という470gmsの目付のモノ。
最も有名なツイードのブランドだけあり、ベーシックな無地やヘリンボーンから、カラフルなチェックまで取り揃えているのが魅力です。
ラインナップは動画でご覧ください。

ハリスツイードの面白いところは、現在でも、島々に住む職人たちの自宅で織られているところ。つまり工場に大勢の人々(社員)が集まって作るのではなく、独立した職人たちがバラバラに織っているのです。
織られた生地は、ハリスツイード・オーソリティーと言う団体によって基準を満たしているかどうか検品・認証され、シリアルナンバー入りのラベルと共に、「ハリスツイード」として市場に出ていきます。
家内制手工業がこの規模で機能しているのはかなり珍しいことではないでしょうか。
ハリスツイードには、産地や製法(人力織機で織る)などに厳密な決まりがあります。その定義はイギリスの法律で定められており、産業としてのハリスツイードを存続させていこうと言うイギリス人の思いが伝わってくるようですね。

 

そんなわけで、ハリスツイードの受注がスタートします。
織られた環境まで想像しながら着られる素材は、そう多くありません。
スーツ、ジャケット単品、コートにいかがでしょうか。

 

●Harris Tweed feather weightの場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 37,000円(税抜)~
・GOLD LINE 52,000円(税抜)~
オーダーベスト
・SILVER LINE 26,000円(税抜)~
・GOLD LINE 36,000円(税抜)~
オーダーコート 130,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ガーメントケースにロゴが入りました

2020.03.20

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

スーツ・ジャケット・コートをご注文いただいたお客様にお付けしているガーメントケース(ガーメントバッグ)が、本日納品のお客様分よりロゴ入りのモノに変更になりました。ケースの形状は今までと変わりません。

ガーメントケース ガーメントバッグ

ガーメントケース ガーメントバッグ

大切なのはもちろん中身ですが、ロゴが入ることで愛着を感じていただけると嬉しいです。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店