フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

04.コーディネート

昨日のコーディネート(グレーフランネルスリーピース)

2019.11.18

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 08.オーダーネクタイ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

先日、「ヒールの高さ規定ある職場19%」(共同通信)というニュースを目にしました。
靴に関するニュースですので興味があり、共同通信時事通信の記事を読み比べてみたのですが、ちょっと(と言うか、かなり)違和感があったので書いてみます。

 

この調査を行なった連合のプレスリリースを読んでみました。

 

●ヒールの高さ規定がある職場は、全体の19%ではありません。1000人にアンケートをして、「服装や身だしなみについての決まりがある」と回答した人が571人、ヒールの高さに決まりがあると答えた人が571人の19.4%(111人)です。つまり全体の11.1%なのです。見出しで「19%」というのは間違いではないでしょうか…?ちなみに時事通信は正しい数字を出していました。

 

●この記事の見出しを読んだ方は「女性にハイヒールを強制する企業がこんなにあるのか!」と感じると思いますが、ここで言うヒールの高さ規定とは、逆にそのほとんどが「〇cm未満でなくてはならない」という、ハイヒールを制限する規定なのです。数字を正しく報道した時事通信の記事ですが、このことは述べずに、ハイヒールの強制に反対する「#kutoo(クートゥー)運動」に触れているため、事実とは異なった印象を与えているように思います。

 

間違った報道が記者の理解不足のせいなのか、それとも意図的なものなのかは分かりません。そもそも、連合の資料自体がそのような報道を誘発するような書き方をしているようにも思えます。
ニュースがネットで手軽に読める時代だからこそ、情報を鵜呑みにせず客観的に判断する力を身につけなければなりませんね。

 

さて、画像は昨日のコーディネートです。
Harrisons of Edinburgh(ハリソンズ)のWOOLEN SPUN FLANNELを使った、グレーチョークストライプのスリーピースに、ベージュのシャツ、紺無地のネクタイを合わせました。グレーのスーツにネイビーのネクタイは基本中の基本、失敗の少ない組み合わせです。どちらも無地だとシンプルすぎてしまうので、どちらかを柄物にすると良いと思います。

Harrisons of Edinburgh ハリソンズ フランネル スリーピース オーダースーツ

寒くなるにつれ、装うのがより楽しくなって参りましたね!
コート、マフラー、手袋の出番ももうすぐです。
皆様もお楽しみください^^

 

●HARRISNS OF EDINBURGH 「WORSTED & WOOLLEN FLANNELS」の場合●
オーダースーツ(シングル2ピース)
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダーコート 164,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

 

合服

2019.10.07

04.コーディネート, 06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

10月に入っても30度前後の気温が続きましたが、昨日(10/5)は急に気温が下がり、いよいよ秋らしくなりそうです。
と言うことで、昨日は合服(あいふく)のスーツです。画像が粗いですね…申し訳ありません(^^;
合服という言葉は最近あまり使われなくなっていますが、夏服と冬服の間、つまり春と秋に着る服のことを言います。夏に着るには少し暑く、冬に着るには少し寒い感じですね。合着(あいぎ)と言う方もいます。

なぜそのような古い言葉をわざわざ使ったかと言うと、昔で言う合服は、今で言うと最近ご要望の多い「オールシーズン対応」に近いのではないかと思うからです。
現代の一般的なビジネスマンがスーツの生地について「オールシーズン対応」と言う時は、夏以外の3シーズンを通して着られ、(冬は暖房が効いているので)主に春と秋に着て快適な素材のことを指しています。上で書いた合服の説明にそっくりですね(^^;

 

当店には季節感の強い素材や、長いシーズン着られる素材など様々な生地がありますので、ご希望に沿う素材を提案させていただきます。遠慮なくご相談下さい。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
完売した生地も出ていますので、詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

色を拾う

2019.08.17

04.コーディネート

店主の郷間です。

 

8/15~16は連休をいただき、那須で過ごしました。
初めて行ったのですが、街の活気に吃驚。
もちろん普段はもっと静かなのでしょうけど、官民の街づくりが成功している例なのではないでしょうか。
商売をしていると、ついそんなことにばかり目が行ってしまいますね。
とにかく涼しい地で良い休みを取ることができました。

 

さて、画像は本日の私のコーディネートです。
ネクタイ コーディネート

スーツとネクタイのコーディネートをするとき、色の組み合わせを感覚で決める人が多く、人によってセンスの差が出てしまいます。
感覚は「個性」でもあるので必ずしも悪いことではありませんが、配色についての基本的な理論を知っておけば失敗することが少なくなるので知っておくと便利です。配色には色々な種類があるので今後少しずつ書いていきますが、まずは何も考えずにできる「色を拾う」コーディネートを身に付けましょう。

 

「色を拾う」とは、2つのアイテムに共通の色を使うことを言います。
もちろんネイビースーツにネイビーネクタイでも良いのですが、スーツ全体ではなく部分的に使われている色を拾うと、コーディネートの幅が広がります。
あらためて画像を見ると、スーツに入った薄い茶色のラインと、ネクタイの色が合っているのが分かるでしょうか。

 

この方法は「2つの色が合うか合わないか」ではなく、ただ同じ色を使うだけなので、何も考えることはありません。
今まで感覚だけでコーディネートをしていた方、まずはここから始めてみませんか?

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

本日のコーディネート

2019.05.26

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 10.小物

店主の郷間です。

 

5月とは思えない暑さが続きますね。
そんな中、早くも生地屋さんから秋冬スーツ生地のサンプルが届くなど、夏本番はこれからだと言うのに頭の中は半分秋冬です。
次のシーズンも面白い素材を提供できるよう頑張ります。

 

さて、本日の私のコーディネートです。
暑い日のスーツと言えば、モヘア混。
English Silvern のWool65%・Mohair35%、仕立てはゴールドラインです。
少し茶色がかったライトブラウンの生地は色も涼しげです。

フィボナッチ紳士洋品店 オーダースーツ english silvern

堀口切子のピンズ(ラペルピン)は一年中つけていますが、涼しげに見えるので夏には特に活躍します。
堀口切子の商品についてはこちらをご覧ください。

堀口切子 ピンズ ラペルピン 江戸切子

 

それでは皆様、水分補給をしながら良い休日をお過ごしください!

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

やりこみノート?

2019.01.23

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

今日、店に来る途中で書店に立ち寄ったのですが、雑誌コーナーに気になる本が…
やりこみノート 革靴」。なんだこれ?

 

表紙に「自らの靴磨きを写真と共に記録!!」とあります。
中を見てみると、お手入れ方法が書いてあるページがあるものの、ほとんどは白紙です(^^;
正確には、子供が絵日記をつけるためのノートのように、革靴の写真を貼る欄とコメント欄があるだけ(上記リンクで中身も見られます)。

 

色々考えるものですねぇ、こう言うものが商品化されることにちょっと驚きました。
しかしこれ売れるんでしょうか?記録を残したい人は、InstagramなどのSNSを日記的に使っていると思うのですが…
あ、余談ですが「やりこみノート デニム」も発売になるとか。

 

さて、本日のコーディネートです。

コーデュロイジャケット モールスキントラウザーズ

brisbane moss「3101X」(コーデュロイ)のジャケット
モールスキンのトラウザーズ
ギンガムチェックのシャツ
ペイズリーのネクタイ

 

上下ともにコットンのカジュアルスタイルです。写っていませんが、靴はダークブラウンスエードのチャッカブーツにしました。
コーデュロイのジャケットはスリーピースで作ったのですが、ジャケット単品でも使えて便利です。下はジーンズでも良いですね~!

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

先日のコーディネート

2019.01.16

04.コーディネート, 06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

昨日はクリーニング師の試験を受けてきました。
筆記は手ごたえがあったものの、実技が…
受けてみて色々感じたこともありましたので、1か月後の結果発表の時にでもまとめて書こうと思います。

 

さて、先日のコーディネートです。

オーダージャケット オーダートラウザーズ ツイードジャケット モールスキン

ブラウンのツイードジャケットに、ネイビーモールスキンのトラウザーズ。
モールスキンは、2018年1月16日の記事で紹介したものです。
JAMIESON’Sのニットベストが厚手なのでジャケットがちょっとタイトな感じですね(^^;

 

最近はこのくらいのカジュアル感であれば許容される職場も増えているのではないでしょうか。
これにマフラーを加えると、東京の冬ならコート要らずのコーディネートでした。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

先日のコーディネート

2018.12.20

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

昨日は以前勤めていた宮城興業(当店のオーダーシューズを作っているメーカー)時代にお世話になった方が亡くなったため、急な休みをいただき山形へ行って来ました。15歳で入社し54年間(!)、革靴一筋に生きた方でした。
夜は元同僚たちが集まって偲ぶ会を開き、宮城興業で靴を作っている者も、私のように独立した者も、それぞれの立場で日本の靴づくりを盛り上げていこうと言う、と言うことで盛り上がりました。
私たちを叱咤激励するために、亡くなった大先輩がこうやって皆が集まる機会を作ってくれたのかもしれません。

 

さて、おとといの私のコーディネートです。
HARRISONS OF EDINBURGH(ハリソンズ)のwoollen flannel(420gms)のスリーピースに、ピンホールカラーの白シャツ、ネイビーのソリッド(無地)タイです。
仕立てはGOLD LINE、柔らかく包み込むような着心地です。
フランネルスーツ ハリソンズ スリーピース

スーツ、シャツ、ネクタイのうち、柄物は2つまでにするのがコーディネートの基本です。
今回はスーツだけが柄物(チョークストライプ)ですが、私がもう一つ柄物を増やすなら、ペイズリー柄のネクタイですかね。

 

このスーツにはどんなネクタイが合うかなぁ?と言ったコーディネートに関する質問、大歓迎です。
いつでもご相談下さい。

 

いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。
ラストスパート、頑張りましょう。

 

 

●HARRISONS OF EDINBURGH 「WORSTED & WOOLLEN FLANNELS」の場合●
オーダースーツ(シングル2ピース)
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

昨日のコーディネート

2018.10.29

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

昨日のコーディネートです。
10月22日の記事で紹介した、伊カノニコ社のCOVERT(カヴァート)と言う生地のスリーピースです。
今日で二度目の着用ですが、かなりバリッとしたタフな感触です。もともと狩猟用コート向けに作られた生地だけありますね。スーツ着用時のシワや擦れなどに気を遣うのが苦手と言う方も、この生地なら細かいことは気にする必要はありません。
例えは悪いかもしれませんが、作業服のような気安さがあると私は感じました。ビジネスマンのスーツは、ホワイトカラーの作業服と言う意味合いもあるので、あながち間違いではないと思います。

右手をポケットに入れていることで、上着の右脇腹あたりに折れ曲がるようなシワが入っています。生地が硬いせいですね。
着込んで柔らかくなるともっと自然に体を包み込んでくれることでしょう。そんな経年変化を楽しめるのもこの生地の魅力です。

 

この秋冬、ヘビーローテーション決定のカヴァート生地のスーツ。色によっては今シーズンはオーダーできないものも出て参りました。
お早めにご検討ください。

 

●CANONICO「COVERT」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 37,000円(税抜)~
・GOLD LINE 52,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

昨日のコーディネート

2018.07.24

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

先日秋冬生地の紹介をしたと思ったら、翌日には観測史上最高(埼玉県熊谷市)の暑さ。秋冬物のオーダーが入るのはまだ先になりそうですかね(^^;
とは言えツワモノの皆様のご来店、お待ちしております。

 

さて、私の昨日のコーディネートです。
ハウンドトゥース(千鳥格子)のジャケット、シアサッカーのホワイトシャツ、ペイズリーのブラウンネクタイ、グレーのトラウザーズ。

千鳥格子はコートなどに使われることが多いので秋冬のイメージが強いかも知れませんが、通年着られる柄です。ダークカラーの無地よりも涼しげに見えるのではないでしょうか。この生地はシルク55%、リネン45%ですので春夏向け。繊維が細く柔らかいシルクは耐久性が課題ですが、多少の毛羽立ちはあるもののもう7年着ていますのであまり心配する必要は無いと思います。

 

シャツは以前の記事でも紹介したモノです。生地が波打っておりカジュアル感が強いためカッチリしたスーツには不向きですが、今回のようなジャケパンスタイルに合わせるシャツとしては、この夏もっとも着る機会の多いシャツです。アイロンが不要なのも大きなポイント。クールビズな皆様、もっとシアサッカーを着るべきだと思いますよ!

 

ネクタイも以前の記事で紹介しています。ペイズリーの織り柄ですが、無地と同じように使えますので、様々なジャケットやシャツに対応できます。大きめなペイズリー柄もありますが、夏は小ぶりな柄のほうがスッキリ見えますね。

 

ジャケットのラペル(衿)部分には、ここ数ヶ月毎日付けている堀口切子のピンズ。パーティーなど特別な場面に限らず、通常のビジネスシーンで使っても違和感がないことを実感しています。

 

と言うわけで、グレー、ホワイト、ブラウンなど抑えめな色を使った暑苦しく見えないコーディネートでした。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~
オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
堀口切子 ピンズ(ラペルピン) 15,000円(税抜)

 

 

明日(7/25)、明後日(7/26)は連休をいただきます。
と言っても展示会が2件…色々と情報収集して参ります。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

昨日のコーディネート

2018.07.16

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

暑い日が続きますね。
ニュースなどで連日のように激しい運動は控えるように注意喚起がされているのを目にするたびに思うのが、東京オリンピックはこの時期(2020年7月24日開会)じゃマズイでしょ、と言うこと。激しい運動の極致ですからね、今からでもなんとかならないのでしょうか…

 

さて、激しい運動はしませんが薄着もしない私の、昨日のコーディネートです。

ネイビーのスリーピース(仕立てはGOLD LINE)に、暑苦しく見えないよう、白シャツとベージュのネクタイを合わせました。ベージュのネクタイはこのシーズンに活躍してくれますので1本持っておくと便利です。シャツは綿100%だったので、汗をかいてもサラっとしているリネン混紡のほうが良かったとちょっと後悔です。

 

3連休の最終日、暑さに負けず良い休日をお過ごしください。
皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店