フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2020年9月

Jacopo Colore の ジャカード

2020.09.23

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

今日は新しく入荷した素材のうち、当店にとってはちょっと珍しい、華やかな生地を紹介します。
ブランドは、イタリアのJacopo Colore。イタリア語なのでヤコポ・コローレと読むのでしょうか(ネットで調べるとヤコブやジャコモと読んでいる人もいるようです)。

 

混率はwool56%、silk44%。
シルク混紡ならではの光沢があり、パーティー、ステージ衣装など特別なシーンに適した素材です。
アクセント的にベストだけ作るのもアリだと思います。
さっそくJacopo Coloreのジャカード、ご覧ください。

このように複雑な織柄のある生地を、ジャカードと言います。フランス人のジャカール(Jacquard)さんが発明した織機(ジャカード織機)で織っていることからその名が付きました(よく「ジャガード」と言う人がいますが間違いです)。
速度が遅く操作が煩雑なため、あとから生まれたドビー織機に主役の座は奪われますが、今でも繊細な柄物はジャカード織機で織られています。

 

昨年国立科学博物館で開催された「日本を変えた千の技術博」で、1880年製のジャカード織機を見ることができたので、画像を貼っておきます。明治の殖産興業の時代に日本は絹織物の産地として繁栄しましたが、それを支えた技術の一つです。絹織物産業が日本の近代化に重要な役割を果たしたことを考えると、現在の日本があるのも少しはジャカード織機のおかげかもしれません。

ジャカード織機

話は逸れましたが、こんなちょっとクセのあるこんな素材でもオーダー可能になりました。
晴れの舞台のお供としてご検討下さい。

 

●Jacopo Colore ジャカードの場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダーベスト 29,000円(税抜)~

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

10月の営業日について

2020.09.22

02.営業日について

店主の郷間です。

 

10月の営業日のお知らせです。
平日は20時、土日は19時の閉店となります。
10/6(火)は勉強会参加のため14時閉店となりますのでご了承下さい。

だいぶ涼しくなってまいりました。
秋冬の装いのご相談、お待ち申し上げております。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシューズの仕上がり(ヌバック・外羽根プレーントウ)

2020.09.21

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

私は毎日、浅草駅で乗り換え、東京スカイツリー駅を通過して通勤するのですが、この4連休に入って急に利用者が増えたような気がしています。
Go To トラベルキャンペーンに東京が加わるというニュースが流れるなど、少しずつ緩和ムードが出てきているようですね。
もちろん各々がしっかりと感染予防をすることが前提ですが、観光地が賑わってくるのは嬉しいことです。

 

さて、K様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。
品番ES-12 外羽根プレーントウを、ヌバック(スエードよりも毛足の短い起毛革)のブラックでお作り致しました。
ヌバックは、雄鹿の革(buckskin)に似ていることからnew-buckskin ⇛ nubuck になったと言われている革(当店で使用してるのは牛革)で、上品な見た目と滑りのある触感が特徴です。

オーダーシューズ 宮城興業 ES-12 ヌバック 外羽根プレーントウ

起毛革は、撥水スプレーを使うことで雨に強い革になるので、私は通年使える素材としてお薦めしていますが、やはり秋に向けて作られる方が多いようですね。

K様、この度はありがとうございました。
お手入れなど、不明な点はいつでもご相談下さい。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Brisbane Moss のコーデュロイ”3101X”

2020.09.20

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

当店の秋冬の定番とも言える生地、英Brisbane Moss(ブリスベン・モス)のコーデュロイの紹介です。
現在2種類のコーデュロイを取り扱っていますが、ヘヴィ(470gms)なコレクション「3101X」をご覧ください。

コーデュロイ(corduroy)は、17~18世紀にフランス王室の使用人が着る丈夫な衣服に使われた畝(うね)のある生地だったため、corde du roi(王様の畝、王様の織物)と呼ばれるようになったのが語源である…というのがファッション業界の人が好きな話。私もこんな語源だったら素敵だな~と思いますが、残念ながら学問としての裏付けはなく、言い伝えの域を出ないようです。
現在、The Oxford English Dictionaryには、corduroyの語源として「18世紀後半にイングランド西部で織られた、畝のある(cord)毛織物(duroy)の一種であろう」(私の意訳です)と記述されています。

 

まぁ何が語源だろうが、タフな素材であることに変わりはありません。汚れやシワなどにあまり神経質にならずにガンガン着倒すのが、この素材とのカッコ良い付き合い方だと思います。
とは言え、ブリスベン・モスのコーデュロイは、打ち込み(織りの密度)が高いため、ちょっとやそっとでは畝が潰れてテカテカになったりしません。着倒すのも一苦労です(^_^;)
ゆっくり着続けていれば、忘れた頃にいい味が出てきます。
私が着ているスリーピース(画像は上着だけを単品で着用しています)も5年になりますが、まだまだ良くなりそうなので寒くなるのが待ち遠しいです。

本格的に寒くなる前に、Brisbane Moss の 3010X、ぜひご検討下さい!

 

 

●Brisbane Moss「Quality 3010X」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~
オーダーコート 141,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシャツ用の新着生地

2020.09.19

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

昨日届いたばかりのオーダーシャツ用の生地を紹介します。
オーダーシャツ ネル タッターソールチェック 迷彩

画像左から1~3番目は無地のネル素材です。起毛しているので、冬の朝に着た瞬間のヒンヤリした感じがないのが嬉しいです。
4番目、タッターソールチェック。ツイードジャケットとの相性が良好です。
5~6番目、同色の木の葉柄。柄シャツは派手すぎて…という方にお薦めしたい、控えめな織柄です。
右端はカモフラ(迷彩)柄。オーバーシャツでアウターとして着るのが良さそうです。

 

今回は全部で24種の色柄が追加になりました。
画像にあるようなカジュアル向けの生地だけではなく、ドレス・ビジネス向けの素材も含まれていますので、店頭でご覧ください!

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダースーツの仕上がり(カノニコ・カヴァート)

2020.09.18

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

O様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊カノニコのCOVERT(カヴァート)のグレイ、仕立はSILVER LINEです。
本来はCOVERT COATと言うコートに使われる生地だけあって、スーツ地としてはヘヴィ級の440gms。
防風性が高く、シワになりにくく、耐久性が高い。以前も書いたような気がしますが、見た目は仕立栄えのする綺麗なスーツであるにも関わらず、作業服のように気を使わずに着られる気楽さがあります。
ただ、軽さが最優先の方にはお薦めしません(^_^;)

オーダースーツ canonico covert カヴァート カノニコ

という訳で皆様のスーツの固定観念を覆すCOVERT、今年もお薦めです。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

セールストーク

2020.09.16

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

今日、ラジオから「幅広い4E幅のパンプスなので外反拇趾の方にもお薦めです」と言う通販番組が流れてきました。
なんとなく正しそうに聞こえますが、これは間違いです。もちろん4E幅の足の方なら良いんですけどね。
外反母趾(親指が外側に反って、付け根の骨が出っ張ってしまい痛みが出る)は、先が細い靴を履くことで親指が圧迫されることが主な原因ですが、実は緩い靴が原因で起こることも多いのです。指の付け根部分は適度にホールドされていることが理想です。

 

ではなぜこのような内容が公共の電波に乗ってしまうのでしょうか。それは「たくさん売りたいから」です。
大きめの靴を作っておけば、ブカブカの人からピッタリの人まで沢山の人に売ることができる、と言う計算です。
昔は靴屋で「カカトに指が入るくらいのサイズを選んだほうが良い」と言われたものです。緩い人にもあの手この手で売っていたのですね。

 

売る側がこんなセールストークをしているようではいけません。
私も今まで以上に正しい知識をお客様に伝えられるように心掛けなくてはいけないな、と思った出来事でした。

宮城興業 和創良靴 謹製誂靴

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

FOX BROTHERS “CASENTINO(カセンティーノ)”

2020.09.15

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

アジャスタブルコスチュームのハット受注会は昨日で終了致しました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

さて、新入荷の生地の紹介です。
フォックスブラザーズの「カセンティーノ」です。
カセンティーノとは、イタリア・トスカーナ地方の伝統的な織物で、別名napping wool(手玉のような加工がされたウール)とも呼ばれています。
ナッピングとは、草木に引っ掛けても傷が目立たないようにするために毛玉状に毛羽立てる加工で、そのことからもアウトドアやスポーツ向けの素材だったことがうかがえます。

 

革で例えるならば、スエードみたいなモノです。
スエードは傷が目立たない革なのですが、そりゃそうです、表面を起毛させて、つまりあらかじめ傷だらけにしているわけですからね(^_^;)
AI(人工知能)やら光学迷彩やら、巷では科学の進化の話題に事欠きませんが、昔ながらの「木を隠すなら森の中」的な発想、私は好きですよ。

 

とはいえ単なる懐古主義ではなく、遊び心のあるヴィヴィッドな色を展開しているのも面白いところ。
wool100%、目付620gms、全9色。コートか、厚手のジャケットに適しています。

 

●FOX BROTHERS ‘CASENTINO’の場合●
オーダーコート 164,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

 

オーダーシューズの仕上がり(外羽根プレーントウ)

2020.09.14

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。
品番MD-09 ボリュームのあるモディファイド木型の外羽根プレーントウです。
オーダーシューズ 宮城興業 宮城デン MD-09

T様は踵骨(しょうこつ)と言う踵の骨の出っ張りが大きく、革靴を履くとその部分が痛くなるというお悩みをお持ちです。
昨年1足目のご注文をいただき、当たる部分に調整を加えてお作りしたところ気に入っていただき、今回2足目のご注文をいただきました。

 

今回の靴も試し履きをしていただき問題がなさそうだったので無事に納品完了…と思っていたのですが、後日ご連絡をいただき、「痛みがあるので調整して欲しい」とのこと。
骨が当たる場合、わずかな調整の違いで痛くなったりならなかったりしますので、再度調整をするために数日お預かり致しました。
再納品後に「全く問題ありません」とのご連絡をいただき、ひと安心です。

 

革靴は、T様のようなケース以外にも、足のむくみの変化など様々な理由で痛みを感じるようになることがあります。
痛い靴を我慢して履くことのないよう、できる限りの調整を致しますので何かありましたら遠慮なくご相談下さい。当店で購入された靴でなくても構いません。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三)

2020.09.13

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近読んだ本の紹介、「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三著)です。

福沢諭吉 背広のすすめ 出石尚三 文藝春秋

皆さんはスーツを初めて日本に紹介したのは誰だと思いますか?
では誰がいつ頃、スーツを背広と呼ぶようになったのでしょう?

 

そんな話を中心に、福沢諭吉や西郷隆盛といった歴史上の人物が果たした役割などを織り交ぜながら展開します。日本で革靴を製造するきっかけを作った大村益次郎もちょっとだけ登場します。
中でも福沢は、片山淳之介と言うペンネームで書いた「西洋衣食住」で初めてスーツ(ここではビジネスコート、丸羽織と表記されています)を紹介し、慶應義塾の中に「衣服仕立局」を作り、教え子たちが洋服屋を開くなど、衣服の西洋化に重要な役割を果たしました。

 

洋服を着ていたら攘夷派に斬られてしまうかもしれない幕末からこのような活動をしてきた福沢は、きっとスーツに対して並々ならぬ情熱を持っていたに違いないと思うのですが、本書ではその理由についてまでは触れてられていません。欧米列強に肩を並べるにはまず衣食住から、と言うことだったのでしょうか。詳しく書いてある本をご存知でしたら、読んでみたいので教えて下さいm(_ _)m

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

フィボナッチ紳士洋品店