フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

14.出来事

夏の終り

2020.09.25

14.出来事

店主の郷間です。

 

暦の上ではとっくに秋ですが、東京でもようやく実感できるようになりました。
今日はひと夏頑張ってくれたエアコンの掃除です。

以前も書きましたが、たまにお客様から「黒いエアコンって珍しいよね」と聞かれることがあります。
これは、店の内装に合わせてKADEN Colorsさんに塗装してもらったモノなんです。
家電もファッションも、気に入ったモノだからこそ永く使いたいと思えるんですよね。
自分もお客様にそう思っていただけるものを提供できているだろうか?このエアコンを見るとそんなことを考えます。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三)

2020.09.13

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近読んだ本の紹介、「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三著)です。

福沢諭吉 背広のすすめ 出石尚三 文藝春秋

皆さんはスーツを初めて日本に紹介したのは誰だと思いますか?
では誰がいつ頃、スーツを背広と呼ぶようになったのでしょう?

 

そんな話を中心に、福沢諭吉や西郷隆盛といった歴史上の人物が果たした役割などを織り交ぜながら展開します。日本で革靴を製造するきっかけを作った大村益次郎もちょっとだけ登場します。
中でも福沢は、片山淳之介と言うペンネームで書いた「西洋衣食住」で初めてスーツ(ここではビジネスコート、丸羽織と表記されています)を紹介し、慶應義塾の中に「衣服仕立局」を作り、教え子たちが洋服屋を開くなど、衣服の西洋化に重要な役割を果たしました。

 

洋服を着ていたら攘夷派に斬られてしまうかもしれない幕末からこのような活動をしてきた福沢は、きっとスーツに対して並々ならぬ情熱を持っていたに違いないと思うのですが、本書ではその理由についてまでは触れてられていません。欧米列強に肩を並べるにはまず衣食住から、と言うことだったのでしょうか。詳しく書いてある本をご存知でしたら、読んでみたいので教えて下さいm(_ _)m

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

「ドレス・コード?着る人たちのゲーム」展

2020.08.21

14.出来事

店主の郷間です。

 

昨日は休みだったので書けませんでしたが、8/20で当店は3周年を迎えました。
新型コロナの流行などこれからも楽な商売ではないと思いますが、ここまで続けてこられたのはお客様はもちろん、職人さん材料屋さんなどの支えがあったからだと思っています。
この先も5年、10年と積み重ねて行きたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

 

さて先週、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「ドレス・コード?着る人たちのゲーム」展を観てきました。
期待以上に面白かったので紹介します。

 

展示会の序盤は、衣服を着るもともとの目的である羞恥心、身分や所属を表すこと、身体を保護することなどについての展示です。私は服飾の歴史についての本を読むのが好きなので特別大きな発見があったわけではありませんが、ウォーミングアップとしては十分です(^_^;)

 

中盤は、現代になって加わった役割についての展示です。何者かに変身したいという欲(中には男性が女装を、女性が男装をしたり)、思想の表現(タータンチェックのパンクファッションや、チェ・ゲバラのTシャツなど)、教養を身に付ける(アンディ・ウォーホルのTシャツなど)と言った役割が生まれてきます。うんうん、なるほど。
役割だけではなく、デザインにも変化が生まれます。もともとは識別するための印だったブランドのロゴマークを、あえてデザインとして全面にプリントすることは、今では当たり前になっていますが、当時のデザイナーにとってはセルフパロディのような行為だったのかもしれません。

 

そうそう、ウィリアム・モリスの言葉をコンピューターミシンが刺繍していく、と言う映像作品(青山悟)もありました。産業革命の大量生産を嫌ったモリスの言葉を全自動の機械が縫っていくという、皮肉に満ちた作品です。モリスの「いちご泥棒」がプリントされたネクタイを販売している私としては、期待を込めて、ついモリスに肩入れしてしまうのでした。

 

そして展示会は終盤へ。服装は権力者から決められたり、ファッションデザイナーが生み出すものでした。しかし、デザイナーが漫画やストリートカルチャーからインスピレーションを得るのが当たり前になった現在では、「全てが等価で交換可能である」と言う言葉が印象的です。有名ブランドも個人も同じ土俵で情報を発信し、お互いに影響し合っているSNS時代のファッション(に限らず全てのカルチャー)を言い表した言葉だと思います。

ドレス・コード?着る人たちのゲーム

本当はもっと具体的に書きたかったのですが、物凄い長文になりそうだったので中途半端な紹介になってしまいました。
興味を持った方はぜひ行ってみて下さい。ファッションと言うより、ファッションにまつわる文化の展示会です。

 

あなたは明日、何を着ますか?
この展示会を見た後は、今までとはちょっと違った気持ちでクローゼットを開けるようになるかもしれません。

 

あ、画像は少女漫画家の高橋真琴の絵を取り入れた、コムデギャルソンの作品です。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

アジャスタブルコスチューム2020秋冬カタログ

2020.08.19

14.出来事

店主の郷間です。

 

当店でブレイシーズ(サスペンダー)やネクタイの取り扱いがある、アジャスタブルコスチュームの秋冬カタログが到着しました。
3月2日の記事に書いたように、秋冬の展示会にお邪魔して現物を見させてもらいましたが、いつにも増して重厚なコレクション、さすがです。

Adjustable Costume カタログ

Adjustable Costume カタログ

Adjustable Costume カタログ

ご希望の方に配布致します!
店頭にない商品でも取り寄せ可能な場合がありますので、気になるモノがある方はご相談下さい。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

すみだノートNo.9が届きました

2020.08.01

14.出来事

店主の郷間です。

 

関東の梅雨明けが発表されるのと同時に、墨田区の情報誌「すみだノート」No.9(夏秋号)が届きました。
今回はアートイベント「すみだ向島EXPO2020」と「隅田川森羅万象 墨に夢」(すみゆめ)の特集です。

すみだノート

新型コロナウィルスが収束しない状況で、イベントを企画されている方々はかなりのご苦労をされていることと思います。
動画配信やオンラインワークショップなど、集まらずに参加できる取り組みもあるようですので、「すみだノート」で予習をして備えましょう。店頭で配布中です!

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

知ってますか?マイナポイント

2020.07.25

14.出来事, 16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

昨年10月に消費税が10%になるのに伴い、景気の落ち込みを防ぐために「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まり、6月末に終了しました。この施策は、対象店舗でクレジットカードやQRコードなどで決済すれば還元がある、というシンプルな制度でしたので、意識せずとも恩恵に預かった人は多いのではないかと思います。

 

ただ、この次に始まる「マイナポイント事業」は、コロナのゴタゴタのせいか認知度が低く、事前の手続きをしないと還元が受けられませんので、この記事を書くことで少しでも知ってもらえればと思っています。

 

●期間は2020年9月1日から2021年3月31日までです。
●登録したキャッシュレス決済で買い物をすると、25%のポイント還元があります。ただし、還元されるポイントの上限は累計で5,000円です。
●手続きは以下の通りです。

 

マイナンバーカードを取得する
私はマイナンバー通知カード(交付申請書)に印刷されているQRコードからアクセスして申込みをし、約1ヶ月後に交付通知書が届きました。9月から使いたい方はお急ぎください。

 

マイナポイントの予約・申し込みをする
スマホやパソコンから手続きができますが、お持ちでない方は市区町村の役所、銀行、コンビニなどにある端末で手続き可能です(端末があるかどうか事前にご確認ください)。

 

キャッシュレス決済を一つ選択し申し込む
ここで選択した決済サービス以外では、還元の対象になりません。また、一度選択したら変更ができませんのでよくお考えください。
選択すると特典が付くサービスもあるようです。

 

5,000円のために役所に行ったり面倒だなぁ…という方。
還元されたポイントの一部でも良いので豪雨の被災地に寄付したり、新型コロナで苦しんでいる店舗で使ってみてはいかがでしょうか?
金額以上に役に立ってくれるかもしれませんよ。

 

画像は本文とは全然関係ありませんが、在庫してある秋冬用のスーツ・ジャケット生地の一部です。
左からミッドナイトブルー(ブラックに近いネイビー)、グレイにチョークストライプのフランネル、ウールにシルクを混紡したジャケット地です。早い方はそろそろ秋冬のご注文を考え始めるタイミングです。もうすぐ出番ですね。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ほんもの探し旅(小林泰彦)

2020.07.18

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近読んだ本、「ほんもの探し旅」(小林泰彦著、山と溪谷社)の紹介です。
この文庫版が発売されたのは2014年ですが、元は1983年に出たものです。
山と溪谷社が出すだけあってアウトドアに関するものを中心に、著者が考える42の「ほんもの」を紹介する本です。

ほんもの探し旅 小林泰彦

お、馬具のオリエント・レザー(現在のソメスサドル)が出ていますね。三信製織(WALK ABOUT)のデイパックや、まだ一部が日本製だったころのナイキも。海外のものだとビーンブーツ(L.L.Beanのハンティングブーツ)もありますね。
良いなぁ、斧とかカヌーとか、使ったこともないくせに全部欲しくなります(^_^;)

 

この本の良いところは、「ほんもの」である理由がしっかりと表現されているところ。
「最高級」とか「ハンドメイド」とか「手間をかけて」などと耳障りの良いことを言うだけで、その理由を説明できないメディアや販売員とはエラい違いです。私も見習わなければなりません…

 

今でも入手可能な本なので興味のある方はご覧ください。
店にも置いておきます。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

これからの消費志向

2020.06.22

14.出来事

店主の郷間です。

 

あるファッションメディアに「これからますます素材がよくてタイムレスに長く着られる服をたくさんではなく、少し持ちたいという消費志向になりそうな気がする」と書かれていました。

 

私もそう思います。
近年よく耳にする「サステイナブル(持続可能な)」と言う言葉の中にも、大量生産・大量消費に対する反省が込められているでしょうし、新型コロナウィルスで気づかされたことの一つは「安さばかりを求めて海外製(例えばマスク)に依存することのリスク」でした。

 

少し話は逸れますが、アパレルブランドの売れ残り商品を買い取り、タグを外してどこのブランドのモノか分からないようにして安く販売するビジネスが伸びているようです。
売れ残り商品は焼却処分されることも多いそうなので、このようなビジネスはある意味で「エコ」であり、否定するつもりはありませんが、これでは根本的な問題である「過剰供給」の解決にならないどころか、これを良いことにアパレルブランドが安心して過剰供給できるようになってしまうのではないかとすら思うのです。
簡単な問題ではないと思いますが、やはり解決すべきは過剰供給です。いつかこのような転売ビジネスが必要とされない社会になれば良いですね。

 

それはさておき、冒頭の記事にあった「素材がよくてタイムレスに長く着られる服」とはどのようなモノでしょうか。
ここで勘違いをしてはいけないのが、「素材がよい」=「長く着られる」ではないという事です。よい素材と言っても様々で、耐久性の高さが特徴のモノもあれば、繊細で美しいために高価なモノもあります。昔と違って、洗濯したらすぐに伸びてしまうような安かろう悪かろうなTシャツもほとんど見かけなくなりましたので、価格と耐久性はあまり関係がないと言って差し支えないと思います。「修理できる製法で作られているので高価になっている」場合は別ですけどね。

 

では、この場合の「素材がよい」とはどんなことを言うのでしょうか。
私は、「永く使いたくなるような素材」だと思います。
使うほどに馴染み、お手入れすると味が増す、そんな素材です。

 

当店では、今まで以上にお客様が永く使いたくなるような洋品を少しずつ提供し続けていきたいと思っています。
個人経営の洋服屋は大企業に押されて年々減少してきましたが、コロナ後にサステイナブルなのはそんな店かもしれません。
と言う希望的観測の話でした。

画像は、スーツかオーダージャケットのご注文をいただいたお客様にお付けしているハンガーです(時期により若干形状が異なる場合があります。型崩れを防ぐため、肩のところはこのくらい厚みがあるモノをお使いください。これも、永く使うために大切なことです。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

私物のオーバーシューズ

2020.06.20

14.出来事

店主の郷間です。

 

雨が多い季節になりましたが、いつも書いているように、私は革靴が雨に濡れることはあまり気にしていません。革は雨が苦手ではないので、濡れた後に正しくお手入れすれば問題はないからです。
でも、朝から土砂降りに遭い、靴の中まで濡れた状態で一日過ごさなければならないのはさすがに不快ですし、ゲリラ豪雨が増えている昨今ではそうなる確率も増えていると思います。

 

そこで以前から気になっていたのが、オーバーシューズ(シューズカバー)。検索すればわかると思いますが、デザインがイマイチで、全く欲しくならないモノばかりなのです(^^;)
欲しいと思ったのはこれだけ。「Rain Breaker」と言うブランドのモノです。

Rain Breaker オーバーシューズ シューズカバー

スポーツ衣料にも使われる高透湿防水素材・ZAMZA(ザムザ)で作られています。
穴飾りやステッチを模したプリントが施されています。

 

では靴に被せてみます。

Rain Breaker オーバーシューズ シューズカバー

おお、なかなかカッコいいですね!
やっぱりデザイン性は群を抜いています。

Rain Breaker オーバーシューズ シューズカバー

ソール部分にはゴムが付いています。
カバーされるのはソールの前半分だけですので、深い水たまりなどには効果が無いと思います。ご注意ください。
ただ、ヒール部分が空いているおかげで、ハイヒールなどにも使えるというアイディアは素晴らしいと思います。

 

注意が必要なのは、基本的には使い切りだという事。
長時間歩かなければ数回は使えるような気もしますが、それが限度でしょう。
結婚式に参列するんだけど朝から激しい雨が降っていて、フォーマル用の靴は革底しか持っていないし…と言うような「ここ一番」のために持っておくのも面白いかもしれませんね。
私もここ一番のために使わずに保管しておきます(^^;)

 

※当店ではRain Breakerの取り扱いはありません。あくまでも私物のレビューです。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

カブトムシ

2020.05.27

14.出来事

店主の郷間です。

 

当店はお客様だけではなく、多くの職人たちに支えられています。
今日はそんな職人の一人がクルマで店に来てくれました。

下町の洋品店にクラシックなフォルクスワーゲン・ビートル、なかなかマッチしていると思いませんか?

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店