フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

14.出来事

「フロックコートと羽織袴」

2021.01.17

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近読んだ本の紹介、「フロックコートと羽織袴」(小山直子著・勁草書房)です。


現代の日本人のほとんどは洋服を着て生活をしています。しかし、例えば日本で礼服と呼ばれる黒いスーツは西洋の礼装には含まれないなど、特にフォーマルウェアについてのマナーが日本独自のものになっていることはよく指摘されるところです。

 

本書は、洋服が本格的に日本に入ってきた明治時代の礼装について、公文書を中心にまとめた本です。上で述べた「黒いスーツ」は戦後に広まったものでなのでここでは触れられておらず、燕尾服、フロックコート、シルクハット、そして羽織袴など、当時の礼装について述べられています。
当時の西洋では段々と着られなくなっていったフロックコートが日本では礼装として定着し、洋装を導入して早々にガラパゴス的な状況が生まれてしまうわけですが、当時の状況を知ることでその理由が見えてきます。そして、ガラパゴス状態が長年にわたり当然のようになってしまったからこそ、のちに「黒いスーツ」が定着し、最近でいうとなぜか就活スーツが黒ばかり、ということになってしまうのでしょう。

 

そんなことを考えながら読むとつまらなくはないのですが、ひたすら公文書とその解説を繰り返す参考書のような本なので、読むのに根気が必要かもしれません。
興味のある方は店に置いておきますのでお声がけください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

イェーガーの話

2021.01.12

14.出来事

店主の郷間です。

 

今日はイェーガーの話です。
といっても進撃の巨人ではなく、グスタフ・イェーガー(Gustav Jäger)と言うドイツ人の話です。

 

19世紀末頃の生物学者であるイェーガーは、著書「Standardized Apparel For Health Protection(健康のための標準服、と言う感じでしょうか)」の中で、衣服のための素材として、植物性の繊維よりも羊毛(ウール)を使用することを提唱します。

グスタフ・イェーガー

(画像は「みっともない人体(からだ)」(鹿島出版会)より抜粋)

 

イェーガーの健康理論は今になってみれば科学的とは言えない(オカルト寄りの)内容だったようですが、ちょうど産業革命の真っ最中であったこともあり、貴族のものだったウールの衣服をヨーロッパの一般庶民に普及させた立役者の一人であると言って差し支えないと思います。

 

もちろんウールには、シワになりにくい、夏は涼しく冬は暖かい、抗菌・防臭効果などなど、科学的に証明されている長所がいくつもあり、今でもスーツの多くにウールが使われているのにはそれなりの理由があるのでお間違えなきよう。

 

あれ、イェーガーってブランド無かったっけ?と思った方、さすがです。
英国のファッションブランド・JAEGER(イェーガー)は、イェーガーの理論に賛同した英国人が作ったブランドです。
なんてことを書きながら久しぶりにJAEGERのホームページを開いたら、昨年11月に経営破綻したようでガックリ…

 

ちょっと悲しい締めくくりになってしまいましたが、毛織物産業の発展に寄与したグスタフ・イェーガーについて簡単に触れてみました。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

 

仕事納め

2020.12.29

14.出来事

店主の郷間です。

 

当店は本日(12/29)が仕事納めになります。
皆様には今年も大変お世話になりました。

 

この一年を振り返ってみると、新型コロナウィルスの流行があり、その中でファッションは、そして私の店はどうあるべきか考え続けた年でした。
その答えはまだ出ていませんが、その中で色々なことに挑戦しました。
6月にオンラインストアをオープンし、一部の商品は来店せずにご購入いただけるようになりました。
オンラインでは、これも初の試みである既製品のオリジナルネクタイが好評でした。
お客様との新しい接点としてYOUTUBEチャンネルを開設し、下手くそな動画をいくつかアップしました。
今月に入ってからWEARと言うSNSにも参加し、日々のコーディネートをアップしています。
コロナ対策グッズとして、シャツと同じ生地でマスクをオーダーできるようになりました。
その他、いくつかの企画を準備中・構想中です。

 

新型コロナウィルスの流行はもちろん良いことではありませんが、私の店に限って言えば、コロナがあったからこそ理想の店に近づくための成長ができた一年だったように思います。

 

おかげさまで8月に3周年という節目を迎えることができました。
これからも5年、10年、20年・・・と続けられるよう、前向きに頑張ります。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

アジャコス10周年

2020.12.27

14.出来事

店主の郷間です。

 

当店でブレイシーズネクタイを取り扱っているAdjustable Costume(アジャスタブルコスチューム)さんが来春に10周年を迎えるそうで、記念のネクタイハンガーをいただきました。
アジャコスさん、おめでとうございます!

私は独立してたったの3年ちょっと。
この世界で10年続けるのは簡単なことではないと思います。
これからも面白いモノを生み出していってください。
私も負けずに頑張ります。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

平服って?

2020.12.26

14.出来事

店主の郷間です。

 

先月、内閣府より「令和2年秋の叙勲等」と言う発表がありました。日本における叙勲(じょくん)とは、毎年春と秋に国が個人の功績を表彰する制度ですが、当然ながら今年も私には知らせが届きませんでした(^_^;)

 

ところで、叙勲を受けた人が勲章を身につけるときの決まりとして「勲章等着用規程」が定められています。
簡単に言うと、位の高い勲章の場合は紋付羽織袴、モーニングなどに着けなければなりません。それ以外の勲章の場合は、「平服に着用することができる」と定められています。

 

この「平服」と言う言葉、結婚式の招待状などで目にしたことがあると思いますが、字面通り普段着だと思っている人もいるのではないでしょうか?
男性で言えば、この場合の平服とは「略礼装」、つまりダークスーツ(黒・ミッドナイトブルー・チャコールグレイなどのスーツ)のことです。決して普段着のことではありませんのでご注意ください。
現代の日本では、燕尾服(第一礼装)やモーニング(準礼装)を持っている人はそう多くないと思いますので、事実上、ダークスーツは日本人の大多数において最もフォーマルな服装のことです。平服と言う言葉のイメージとはかなりギャップがありますね。

モーニングコート

画像はモーニング。『「黒」は日本の常識、世界の非常識』(小学館新書)より抜粋しました。

 

 

余談ですが、最近は就職活動の面接で「服装自由」「私服でお越しください」と言われることが増えているそうですね。これも字面通りに受け取らないほうが良さそうだな、というのは何となく感じますよね。
「平服」の場合は略礼装という暗黙のルールを覚えれば済みますが、就活で言う「私服」はどうやらもっと幅が広そうで、企業によって求めている服装も違う気がします。
ちょっと意地悪なお題だな、とも思いますが、「その場に相応しい服装」ということを真面目に考える良いきっかけかもしれませんね。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

 

「すみだノート」10号(2020冬号)が届きました

2020.12.15

14.出来事

店主の郷間です。

 

墨田区の情報誌「すみだノート」No.10(2020冬号)が届きました。
昨夜あたりから急に冷え込みが強くなってきましたが、絶好のタイミングで「まちと銭湯」特集です。
当店の近くにある田中湯も紹介されています^^

すみだノート

フリーペーパーですので、興味のある方がご自由にお持ち帰りください。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

シンデレラと靴

2020.12.14

14.出来事

店主の郷間です。

 

皆さんはシンデレラと聞くとどんな話を思い浮かべるでしょうか。
シンデレラの起源だと思われる話は紀元前から世界各地でみられるため、何が本来の内容なのかは定かではありませんが、現在広く伝わっているのはフランスのシャルル・ペローによるものです。
一言でいえば、姉2人はガラスの靴を履くことができず、足が入ったシンデレラと王子が結婚するというものです。

 

ところが、グリム童話などペロー版以外のシンデレラは、かなり残酷な話なのをご存知でしょうか?
小さい靴を履こうとして、姉の1人は親指を切り落とし、もう1人は踵を切り落とします。靴は履けたものの、血だらけなのがバレて王子と結婚できなかった2人は、シンデレラの結婚式でカラスに両目をくり抜かれ…とまぁ、こんな具合です。

 

ところで気になることがひとつ。
グリムだろうがペローだろうが、この物語の前提として、足の小さな女性は高貴で美しく、足の大きな女性は下賤で醜いと言う認識があるということです。
中国の纏足(てんそく)の例を出すまでもなく、古くから世界中で足の小さな女性が(男性の目から見て)魅力的だとされてきました。
そのような偏見はほぼなくなったとも思いますが、今でも女性が自分の足が大きいことを話す際にちょっと恥ずかしそうなのを見ると、偏見の根深さを感じてしまいます。

 

靴の仕事が長かった私は、合わない靴を履いているために変形してしまった足を見る機会が度々ありました。
もし足を美しく見せようと思ってサイズが合わない靴を履いているのだとしたら、それは逆効果です。
健康な姿が最も魅力的ですよ。
残酷なシンデレラの物語を思い出すたび、足に合った靴をもっと世の中に広めていきたいと思う私でした(^_^;)

画像は私の小さい足。
もし私が数百年前に女性として生まれていたら、モテモテだったかもしれません(^_^;)

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

 

WEAR参戦

2020.12.13

14.出来事

店主の郷間です。

 

WEARと言うSNSをご存知でしょうか?
参加者がコーディネートをアップするSNSです。

 

当店ではInstagram、Facebook、Twitterを使って情報を発信しており、たまに私のコーディネートもアップしていましたが、これらはファッションに特化したものではないので、よりファッション好きな方々とコミュニケーションを取ってみよう思い参加してみることにしました。

実際にやってみると、参加者が予想以上に若い(^_^;)
そして、プチプラ(プチプライス=安い)ブランドの服が満載!
果たして孤立せずにやっていけるのでしょうか…
若い方が、当店が発信するようなスタイルに触れるきっかけになることを目指して、手探りでやってみます。

 

WEARを利用している皆様、フォローしていただけると嬉しいです。
私のページはこちらです。
宜しくお願い致します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

ひとはなぜ服を着るのか(鷲田清一)

2020.11.07

14.出来事

店主の郷間です。

 

「ひとはなぜ服を着るのか」(鷲田清一)を読みました。
衣服と身体の関係、衣服と社会の関係からモード(流行)論まで、ファッションの意義についての基本的な部分が学べる良書だと思います。
ウンチクが書いてあるわけではなく、着こなしの参考にもなりませんのでご注意ください(^_^;)

著者は、衣服は単なる身体の覆いではなく「〈わたし〉の社会的な輪郭」だと言います。
人は、社会と接している〈わたし〉の境界線を見て、年齢、性別、職業、性格といった「わたしは何者であるか」を想像します。もちろん境界線は衣服だけではなく、髪型、化粧、タトゥーなども含まれます。
そこで思い出すのがマスクの存在。現在、マスクほど、着けないことで人々の心を乱すモノはありません。そんな新しい「社会的な輪郭」が生まれた今こそ、こんな本を読んで思索に耽ってみるのも良いかもしれませんよ。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

技術+経験

2020.11.03

14.出来事

店主の郷間です。

 

当店で靴のオーダーを受ける際には、私がメジャーで採寸をしたうえで試し履き用のサンプルを履いていただき、どのサイズにするのか、微調整の必要はあるのか、そしてお客様のフィッティングのお好みなどを考慮して結論を出し、製作に入ります。
経験上、このように対面で接客するのが、お客様に満足していただける靴を作る最も確実な方法だと思っています。ただ、当たり前ですがご来店いただくことが条件になりますので、遠方の方や、外出を自粛しているような方は注文できません。

 

というわけで、ある計測システムに私の経験を乗せて、お客様が自宅にいながら注文できるシステムを提供できる方法はないものか、模索をしています。
とりあえず、今日は足にシールを貼ったり剥がしたりしながら自分の足を採寸して精度のチェック中です。
まだ具体的に発表できる内容ではなく、いつ形になるのかもわかりませんので、期待せずにお待ちください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

フィボナッチ紳士洋品店