フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

10.小物

Adjustable Costumeのネクタイが入荷しました

2019.09.07

08.オーダーネクタイ, 10.小物

店主の郷間です。

 

先日の展示会で見た、Adjustable Costume のネクタイを仕入れてみました。
柄は「近代デザインの父」と称される英国人デザイナー、William Morris(ウィリアム・モリス)の代表作であるStrawberrry Thief(いちご泥棒)。

 

英国では18世紀半ばから産業革命が起こり、大量生産のモノが多く出回るようになりました。
モリスはそれらの質の悪さを嫌い、日用品とアートを中世ヨーロッパのような手仕事で融合させようとし、「アーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)」を起こしました。

 

産業革命から250年以上経った今、今度はグローバリズムの名の下に、モノづくりはますます詰まらないものになってしまっています。
そんな時代だからこそ、モリスのデザインがまた意味を持ってきているような気がしませんか?

Adjustable Costume William Morris Strawberry Thief

 

綿100%、色はNAVY、BLACK、WINEの3色。
在庫は各色1本ずつです。
大剣巾は10cm。

 

9/7 WINEは売り切れました。

 

派手に見えますがトゲトゲしくないと言うか、ギラギラしていないと言うか。どこか柔らかく、ネクタイとして意外に使いやすいデザインではないかと思います。
ちなみに私は自分用にWINEを購入しました。
ダークブラウンのツイードジャケットに合わせようか、いやカジュアルに寄せずにネイビーのスリーピースでも行けそうだな、などと色々妄想中です。
一緒に妄想してくださる方、ぜひどうぞ。

Adjustable Costume William Morris Strawberry Thief

Adjustable Costume [William Morris Strawberry Thief Tie] 12,800円(税抜)

 

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

本日のコーディネート

2019.05.26

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 10.小物

店主の郷間です。

 

5月とは思えない暑さが続きますね。
そんな中、早くも生地屋さんから秋冬スーツ生地のサンプルが届くなど、夏本番はこれからだと言うのに頭の中は半分秋冬です。
次のシーズンも面白い素材を提供できるよう頑張ります。

 

さて、本日の私のコーディネートです。
暑い日のスーツと言えば、モヘア混。
English Silvern のWool65%・Mohair35%、仕立てはゴールドラインです。
少し茶色がかったライトブラウンの生地は色も涼しげです。

フィボナッチ紳士洋品店 オーダースーツ english silvern

堀口切子のピンズ(ラペルピン)は一年中つけていますが、涼しげに見えるので夏には特に活躍します。
堀口切子の商品についてはこちらをご覧ください。

堀口切子 ピンズ ラペルピン 江戸切子

 

それでは皆様、水分補給をしながら良い休日をお過ごしください!

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ブレイシーズ(サスペンダー)入荷

2019.04.14

10.小物

店主の郷間です。

 

最近、スーツのオーダーでも「サスペンダーボタンを付けて欲しい」と言うご要望が増えています。サスペンダー派の私としては、同志が増えて嬉しい限りです^^

 

と言うことで、ADJUSTABLE COSTUME のブレイシーズ(サスペンダー)が入荷しました。
今回初めて入荷した品番もあります。

ADJUSTABLE COSTUME アジャスタブルコスチューム ブレイシーズ サスペンダー

左から、
ABC-011 Tape End Classic Braces 8,200円
ABC-014 Non Elastic Web Braces  9,800円
ABC-024(BROWN,NAVY,BEIGE)Classic Braces 各8,200円

 

金額は全て税抜です。
全てサスペンダーボタンが必要なタイプですのでご注意ください。

 

それぞれデザインだけではなく素材も異なりますので、付け心地も変わってきます。
是非店頭で実物をご覧ください!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダーシャツの仕上り(rolled regular collar)

2018.09.19

07.オーダーシャツ, 10.小物

 

店主の郷間です。

 

先日の記事でも紹介した野上様(ANCHOR MILLS ショップマネージャー)のオーダーシャツが仕上がり、受け取りに来られました。
衿型はクラシックなロールドレギュラー。カフスはダブルをお選びいただきました。ご自分の好みをよく分かっていらっしゃいます。

スリムな野上様は既製のシャツが合いにくい体型ですので、オーダーするメリットが大きいと思います。私も同じ悩みを持っているのですが、オーダーに慣れてしまうともう既製品は着られません。

 

このシャツに合わせて、ADJUSTABLE COSTUME のカラーピン(カラーバー)もお買い求めいただきました。
う~ん、さすがのコーディネートですね。

野上様、この度はありがとうございました。
今度は私がお店にお邪魔しますね。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
ADJUSTABLE COSTUME カラーピン 1,500円(税抜)

 

明日(9/20)は休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ADJUSTABLE COSTUME のボタンブーツ入荷

2018.09.18

05.オーダーシューズ, 10.小物

 

店主の郷間です。

 

先日金曜日の夜、少し時間があったので録画しておいた映画「アンタッチャブル」を観ました。私は同じ映画を何度も観ることはほとんど無いのですが、「アンタッチャブル」「ゴッドファーザー」「グッドフェローズ」など、装いが格好良い作品は例外です。
皆さんも格好良いと思う映画があればぜひ教えてください。

 

さて、以前から小物(ブレイシーズカラーピン)を取り扱っていたブランド、ADJUSTABLE COSTUME(アジャスタブルコスチューム)のCLASSIC BUTTON BOOTSが入荷致しました。
入荷したと言っても、ごく少量しか生産していないため、当店にあるのはサイズ9(27cm相当)が1足のみです。他のサイズは取り寄せになりますが、ブランド側の在庫も無い場合もあります(一部サイズは予約だけで売り切れだそうです)ので、その場合は次回の生産までお待ちいただくことになります(ある程度の予約が入らないと追加生産に入れませんので時期は未定です)。気になる方は早めに検討された方が良いと思います。

ボタンブーツは言うまでもなく、かなりマニアックなデザインです。
でも、作っているブランドが全くないわけではありません。ただ、脱ぎ履きがしやすいようにファスナーが付いていたり、木型のシルエットがイマドキ過ぎるフォルムだったりして、ボタンブーツ=クラシックだと思っている私にとっては物足りないものばかりです。その点、アジャスタブルコスチュームのブーツは理想的だと私は思っています。
それは、このブーツが映画「ゴッドファーザーPARTⅡ」でロバート・デ・ニーロ扮するヴィトー・コルレオーネが履いているボタンブーツを忠実に再現していることが大きいのだと思います。

木型、デザインパターン、製法、素材など各所にこだわりがあり、さらにボタンを着脱するフックまで付属するという徹底ぶり。

脱ぎ履きの仕方についてはこちらの動画をご覧ください。もちろん、本物の(ファスナーなどを使っていない)ボタンブーツですので、脱ぎ履きは面倒です。週に一度、ローテーションしてマメに履くようなものでも無いかもしれません。
でも、ビシッと決めたいときにゆっくりとボタンを一つずつ留めて出かけてみて下さい。きっと景色まで違って見えるはずです。

 

装うことの醍醐味を教えてくれるボタンブーツ、ぜひ店頭でご覧ください。

 

 

ADJUSTABLE COSTUME 「CLASSIC BUTTON BOOTS」
サイズ:6.5~10(24.5~28cm相当)
価格:87,800円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ピンズ(ラペルピン)で涼しげに

2018.05.20

10.小物

 

店主の郷間です。

 

昨日、英ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が行われました。
日本でも特番を組んでいる局がありましたのでご覧になった方も多いかと
思います。

 

私は仕事柄、チャールズ皇太子やヘンリー王子、その他の男性列席者の装いに
ついつい注目してしまうのですが、結婚式は女性が主役だと考えていますので、
ここで語るのはやめておきますね(^^;
でも皆さん素敵でした!

 

閑話休題、夏が近づくにつれ、堀口切子のピンズ(ラペルピン)の清涼効果
を感じています。本来は季節に関係なく使っていただけるものですが、
その季節によって違った印象を与えるような不思議な魅力があります。

4色展開ですが、私のお薦めはこのスキ(透明)です。
他の色はこちらでご覧ください。
プレゼントしても喜ばれると思います。

 

上着を脱いでネクタイを外すだけがクールビズじゃありません。
装いを楽しみながら涼しく見せる工夫をしてみてはいかがでしょう?

 

「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

カフリンクス用のシャツ

2018.04.29

07.オーダーシャツ, 10.小物

 

店主の郷間です。

 

カフリンクス(カフスボタン)に挑戦してみたいと思っている方、
まずはカフリンクスに対応したシャツを用意する必要があります。

 

①ダブルカフ
カフ(cuff)とは袖口のこと。
袖口を折り返したものをダブルカフを言います。
カフリンクスを使うのであればダブルカフが王道ですね。
ビジネスでもokですし、華やかな印象があるので盛装にも適しています。
ボタンがありませんので、必ずカフリンクスが必要になります。
夏場に腕まくりされる方には不向きです。

 

②コンバーチブルカフ
折り返していない袖口をシングルカフと言いますが、その中でカフリンクスが
使えるものをコンバーチブルカフと言います。
コンバーチブル(convertible=変えられる)の名の通り、2通りの方法で袖口を
留められるようになっています。
つまりいつものようにボタンで留めることもできますし、袖口を拝み合わせて
カフリンクスを通すこともできる、と言うことです。

堀口切子のカフリンクスを通した状態です。

 

 

2種類の留め方ができるのは凄く便利なのですが、カフリンクスを通したときに
ボタンが見えてしまうのが難点です。陰になって目立たない場所ではありますけどね。
これを解消するために、ボタン無しでお作りすることもできますが、当たり前ですが
コンバーチブルでは無くなりますね(^^;

 

必ずカフリンクスを使うならやはりダブルカフスが本来の形だと思いますが、
初めての方は、まずコンバーチブルカフから試してみてはいかがでしょう?

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
「堀口切子」カフリンクス 25,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

4/22「美の壺」に堀口切子が登場

2018.04.16

10.小物

 

店主の郷間です。

 

4/22(日)23時からNHK Eテレで放映される「美の壺」に、堀口切子が
登場します。
3月にBSで放映された番組の再放送ですが、ご覧になっていない方は
是非ご覧ください。

(左)当店で取り扱い中の堀口切子カフリンクス
(右)私物の革靴型カフリンクス

 

応援している職人が注目されるのは嬉しいことですね。
私も頑張らないと~!

 

 

「三代秀石」カフリンクス 70,000円(税抜)
「堀口切子」カフリンクス 25,000円(税抜)
「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

 

シアサッカーのシャツ、完成です

2018.03.28

07.オーダーシャツ, 10.小物

 

店主の郷間です。

 

先日の記事で紹介したシアサッカーで作ったシャツが仕上がりました。
店頭サンプルと私の着用分を兼ねています。

 

シアサッカーのシャツは、ノーネクタイでの着用が多いと思います。。
私は営業日は必ずと言って良いほどネクタイを締めていますので
休日に着る機会が多いと思います(ジーンズにも合います)が、
クールビズ用のシャツとしても使えます(職場のドレスコードをご確認くださいね!)。

 

ネクタイを締める場合には、あまり上品な質感のものではなく、
ざっくりしたニットタイなどが良いですね。

ノーネクタイを想定するのであれば、衿型の王道はやはりボタンダウンでしょう。
第一ボタンを開けて衿の立体感が綺麗です。
ネクタイがないと間が抜けた感じになりやすいので、アクセントでポケットチーフや
ピンズ(ラペルピン)を使ってはどうでしょう?

 

クールビズファッションなんて無くなればいいな~と思っていますが
(省エネには賛成ですよ)、どうせやるのであれば楽しみたいものですね。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
堀口切子 ピンズ(ラペルピン) 15,000円(税抜)

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

「三代秀石」「堀口切子」の取り扱いを開始します!

2018.03.24

10.小物

 

店主の郷間です。

 

日本人らしい洋装とはなんでしょう?
スーツの文化はヨーロッパが本場ですが、体型も肌の色も異なる日本人が
そのまま西欧の真似をすれば良いとは思いません。気候も違いますしね。
とは言え、和柄をあからさまに取り入れたりするのもかえってダサい気が。
難しいテーマですが、古今東西の文化に触れ、少しでもその答えに近づきたいと
思っています。

 

前置きはこのくらいして、本題です。
江戸切子の日本伝統工芸士・堀口徹氏が作る「三代秀石」「堀口切子」の
“KIRIKO JEWELLERY”シリーズの取り扱いを3/25(日)より開始します!

 

え?洋品店が江戸切子?
まぁとりあえず品物をご覧ください。

 

①「三代秀石」のカフリンクス

素材はクリスタルガラスとシルバー。黒塗りの桐箱入り。
堀口氏が名乗る「三代秀石」のブランドを冠し、デザイン・素材ともにこだわり抜いた、
ここ一番で身に付けたい逸品。

 

②「堀口切子」のカフリンクス

素材はクリスタルガラスと真鍮。桐箱入り。
ガラス部分の加工は三代秀石のものと同じです。
気軽に普段使いして欲しい。

 

③「堀口切子」のピンズ(ラペルピン)

カフリンクスを付けられるようなシャツは持ってないしなぁ、と言う方には
ラペルピンをお薦めします。
これもガラス部分の加工は三代秀石のものと同じです。
素材はクリスタルガラス・真鍮・ステンレス。桐箱入り。
一年中使えますが、例えばクールビズのアクセントとしていかがでしょう?

 

3点とも、酸化を防ぐために銀と真鍮部分にロジウムメッキを施しています。

 

今回紹介した3品は全て4色展開。
銀製の台がついていないものは色見本です。

左から瑠璃、黒、スキ(透明)、金赤。

 

現時点で店頭にあるのは、特に私がお薦めしたい、①②の黒、
③のスキが1点ずつです。
店頭にないものはお取り寄せになります(工房に在庫があれば数日で
届きます)。

 

①「三代秀石」カフリンクス 70,000円(税抜)
②「堀口切子」カフリンクス 25,000円(税抜)
③「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

いかがでしょう?
日本の技術ですが、過剰に「和」を主張せず、洋装に自然に馴染みます。
「日本人らしい洋装」を提案するために、私自身が身に付けたい、
そしてお客さまに紹介したいと思うものばかりです。
贈り物にも喜ばれるのではないでしょうか。

 

今回紹介した3点は、生産量が限られているためネットを含めて
数店舗だけで販売するそうです。
東京では実物が見られるのは、堀口切子さんの工房と当店だけ。

 

是非店頭で実物をご覧ください。
ご来店をお待ちしております。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店