フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

16.オンラインストア

宮城興業えむわい ロングウィング・ダッドシューズ LSN-100販売開始

2020.09.09

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

当店のオンラインストアで、宮城興業のレザースニーカーブランド「MY(えむわい)」のロングウィング・ダッドシューズ、LSN-100の販売を開始しました。
ロングウィングと言うのは、ウィングチップの1種で、ウィング状の切り替えがカカトまで伸びていくデザインです。
ではダッドシューズって何でしょう?おそらく当店が発信する情報の中には出てこなかった言葉だと思います。

 

ダッドシューズ(ダッドスニーカー)は、お父さん(Dad)が履くような時代遅れの靴、と言うことです。
本来、時代遅れかどうかはいつを基準に見るかで変わってくるわけですが、今のファッション用語で言うと80~90年代のスニーカーのような、ボリューム感があり、ややハイテクな感じのデザインのことを指します。「エアマックス狩り」なる言葉を生み出したナイキのエアマックス95や、その次の96といえばイメージできる人もいるのではないでしょうか。
流行とは過ぎ去ったばかりのデザインが一番格好悪く見えるもので、これらのスニーカーは2000年以降、絶滅状態にありました(かたや休日に革靴を履く人が増えた時期でもあります)。
以降、スニーカー(に限らずファッション全般)のデザインはミニマル(最小限)をキーワードにシンプルな時代が続きます。

 

その流れを変えるきっかけになったのが、高級ブランド・バレンシアガが2017年に発表した「TRIPLE S」と言うスニーカー。少し前から似たコンセプトのスニーカーは出ていましたが、「TRIPLE S」が大ヒットすることで新しい流行となり、その流れが続いたまま今に至る、というわけですね。

 

少し「流行」と言う言葉を使いすぎたでしょうか。
当店は流行にとらわれず、永く愛用できる靴やスーツを提供する店なのですが、オンラインストアは「日本のモノづくりとお客様をつなぐ」ことを目的とし、日本製で良質のモノであれば、流行のデザインでも取り扱うことにしています。

 

例によって前置きが長くなりましたが、MY(えむわい)のLSN-100をご覧ください。

宮城興業 MY えむわい ダッドスニーカー

ダッドシューズは極端にデフォルメされたデザインが多く、意識的に流行を追いかけている人でないと敬遠してしまうことも多いような気がします(少なくとも私はそうです)。全身流行のファッションに身を包んでいないと靴だけ浮いてしまいそうで。
ところが、革靴とスニーカーの融合を標榜するMY(えむわい)のフィルターを通すと、「これなら履ける!」と思わせてくれる仕上がりになるのです。素材が革であることと、伝統的なウィングチップのデザインであることが大きいのだと思います。

 

全体的な雰囲気だけではなく、1点だけディテールにも触れなければなりません。
画像の靴のピンキング(ギザギザ)の部分、そしてベージュ色のステッチの部分は、全てレーザー加工で表現されたものなのです。つまり、本物の革の断面やステッチではないのです(商品ページの画像をアップでご覧ください)。
レーザー加工機を持っているメーカーなど滅多にありませんが、伝統的なデザインをレーザーで表現すると言う発想自体がMY(えむわい)の面白さではないでしょうか。

 

LSN-100は、革の素材によって3つに分類されます。
インポートのカーフを使ったLSN-100-calf 36,000円(税抜)
英C.F.ステッドのスエードを使ったLSN-100-CFS 36,000円(税抜)
仏アノネイの型押しカーフを使ったLSN-100-ANKT 38,000円(税抜)

 

画像を見てピンときた方、ぜひ商品ページもご覧ください!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オンラインストアに宮城興業のMY(えむわい)登場

2020.08.02

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

オンラインストアで、MY(えむわい)というブランドのレザースニーカーの販売が始まりました。
当店のオーダーシューズを製造し、私が12年間お世話になったファクトリーでもある、宮城興業のブランドです。

 

MY(えむわい)は、ドレスシューズのデザインとスニーカーの履き心地や機能性を融合させたブランドです。
一言で靴と言っても沢山の種類があり、それぞれに材料や製法が異なるため、メーカーによって得手不得手があります。
しかし宮城興業は、創業から79年ものあいだ様々なブランドのOEM(相手先ブランドでの生産)を手掛けてきたことから、百貨店やセレクトショップに並ぶビジネスシューズはもちろん、パリコレのランウェイを歩くモードな靴、爪先に鉄板が入ったエンジニアブーツ、プロゴルファーの試合用シューズなどなど、作れる靴のバリエーションが最も多いメーカーだと言われています。

 

そんな宮城興業が作るMY(えむわい)から、まずはベルジャンローファーの販売を開始しました。
ベルジャンローファーとは、ヨーロッパの貴族の室内履きに起源を持つ靴のデザインなのですが、写真を見ていただいたほうが分かりやすいですね。

宮城興業 MY えむわい LSN-004 ベルジャンローファー

画像1枚め LSN-004 Black

宮城興業 MY えむわい LSN-004 ベルジャンローファー

画像2枚め LSN-004 Khaki

宮城興業 MY えむわい LSN-004 ベルジャンローファー

画像3枚め LSN-004 LightGray

宮城興業 MY えむわい LSN-004 ベルジャンローファー

画像4枚め LSN-004ANKT Black

宮城興業 MY えむわい LSN-004 ベルジャンローファー

画像5枚め LSN-004ANKT Brown
(品番に「ANKT」と付くモデルは、高級靴に使われる仏アノネイ社のカーフに、宮城興業がエンボス加工(型押し)を施したレザーを使用しています)

 

ドレスシューズのデザインとスニーカーソールという異なるテイストを融合させる場合、木型のフォルム、デザインのバランス、素材のチョイスなどが上手く噛み合わないとちぐはぐな靴になってしまいます。
MY(えむわい)の靴は堅苦しくなくラフすぎでもない、「丁度いい」雰囲気に仕上がっており、それは様々な靴に対応できる宮城興業に蓄積された技術とセンスによるところではないかと思います。
アンクル丈のパンツとスニーカーソックスに合わせて履きたいですね。

 

この商品は、オンラインストアのみでの販売となります。
サイズが心配な方のために、無料で1回サイズ交換が可能です(室内での試し履きした靴に限ります。返送する際の送料はご負担ください)。

 

MY(えむわい)の他のモデルも近日中にアップ致します。
楽しみにお待ち下さい。

 

 

MYえむわい LSN-004 24,000円(税抜)
MYえむわい LSN-004ANKT 28,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

バックベルト付きが登場!(レザーサンダル自作キットOfsl・Isopoda)

2020.07.27

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

オンラインストアで販売中の手作りレザーサンダルキットに、バックベルト付きが登場しました。

 

脱ぎ履きがラクなのはもちろんベルト無しの魅力ですが、長時間歩く場合にはカカトを固定してくれるバックベルトが欲しくなりますよね。
パーツを一つ増やすだけでそれが簡単に実現するのも自作キットの面白いところです。

Ofsl Isopoda 檜皮色

画層1枚め、私が檜皮(ひわだ)色に染めたモノ、サイズはS(22.5cm~24.0cm)です。
自分の足に合わせてベルトの長さを設定しますので、しっかりフィットしてくれています!

 

サンダルは革靴より需要が少ないためか、小さいサイズを作っていなかったり、1cm刻みの展開だったりすることが多いのです。
私の足は小さく細いため、足に合うサンダルを探すのに苦労していました。と言うか、出会ったことがありませんでした。
足がサンダルの上で動いてしまうので靴ずれが起きたり、動かないように足を踏ん張ってしまい疲れたりしていました。
こんなに足に合うサンダルは初めてです。

Ofsl Isopoda ヌメ革 無色

画像2枚め、無色のモノです。
自分で染めたり、このまま履いて経年変化させたい方は無色をどうぞ。

 

Ofsl(オフスル)のIsopoda(イソポダ)は自作する楽しさだけではありません。「足に合う」と言うオーダーメイド感覚まで併せ持つところが面白いと身を持って感じています。

 

今年の盆休みは家で過ごそうかな、と言う人も多いと思います。
のんびり自宅でレザーサンダルでも作ってみませんか?

 

Ofsl Isopoda(オフスル イソポダ)
無色 8,800円(税抜)
手染め 11,800円(税抜)
無色・バックベルト付き 10,300円(税抜)
手染め・バックベルト付き 13,300円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ボウタイ(蝶ネクタイ)

2020.07.26

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

以前から店頭で販売しているボウタイ(蝶ネクタイ)を、オンラインストアにも追加しました。
自分で結ぶ手結びタイプ(画像右)と、あらかじめ結んである出来合いタイプ(画像左)があります。

式典や結婚式などでボウタイのコーディネートを楽しむ人が増えて欲しいものです。
いつもとちょっと違う感覚があって良いものですよ。

 

 

ボウタイ(既製品。色はブラックのみ)
手結び 8,000円(税抜)
出来合い 7,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

知ってますか?マイナポイント

2020.07.25

14.出来事, 16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

昨年10月に消費税が10%になるのに伴い、景気の落ち込みを防ぐために「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まり、6月末に終了しました。この施策は、対象店舗でクレジットカードやQRコードなどで決済すれば還元がある、というシンプルな制度でしたので、意識せずとも恩恵に預かった人は多いのではないかと思います。

 

ただ、この次に始まる「マイナポイント事業」は、コロナのゴタゴタのせいか認知度が低く、事前の手続きをしないと還元が受けられませんので、この記事を書くことで少しでも知ってもらえればと思っています。

 

●期間は2020年9月1日から2021年3月31日までです。
●登録したキャッシュレス決済で買い物をすると、25%のポイント還元があります。ただし、還元されるポイントの上限は累計で5,000円です。
●手続きは以下の通りです。

 

マイナンバーカードを取得する
私はマイナンバー通知カード(交付申請書)に印刷されているQRコードからアクセスして申込みをし、約1ヶ月後に交付通知書が届きました。9月から使いたい方はお急ぎください。

 

マイナポイントの予約・申し込みをする
スマホやパソコンから手続きができますが、お持ちでない方は市区町村の役所、銀行、コンビニなどにある端末で手続き可能です(端末があるかどうか事前にご確認ください)。

 

キャッシュレス決済を一つ選択し申し込む
ここで選択した決済サービス以外では、還元の対象になりません。また、一度選択したら変更ができませんのでよくお考えください。
選択すると特典が付くサービスもあるようです。

 

5,000円のために役所に行ったり面倒だなぁ…という方。
還元されたポイントの一部でも良いので豪雨の被災地に寄付したり、新型コロナで苦しんでいる店舗で使ってみてはいかがでしょうか?
金額以上に役に立ってくれるかもしれませんよ。

 

画像は本文とは全然関係ありませんが、在庫してある秋冬用のスーツ・ジャケット生地の一部です。
左からミッドナイトブルー(ブラックに近いネイビー)、グレイにチョークストライプのフランネル、ウールにシルクを混紡したジャケット地です。早い方はそろそろ秋冬のご注文を考え始めるタイミングです。もうすぐ出番ですね。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

販売終了間近!

2020.07.23

10.小物, 16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

オンラインストアで販売中の、堀口切子のカフリンクスが在庫限りで廃番になるという連絡が入りました。
現在在庫があるのは、黒が1組、スキ(透明)が1組、瑠璃(青)が3組のみになります(現在店頭でご覧いただけるのは黒のみですのでご注意ください)。
ただし、材料が入手可能な場合には受注生産できる場合がありますので、在庫切れの場合でも遠慮なくお問い合わせください。

堀口切子 カフリンクス 江戸切子

江戸切子の伝統工芸士・堀口徹さんが作るカフリンクスにはこの他にも、三代秀石ブランドのモノがありますが、銀製の台座を使ったこだわりの品になりますので、もう少し手頃な価格で切子のカフリンクスを使ってみたい方は、この機会をお見逃しなく!

 

堀口切子カフリンクス 25,000円(税抜)

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Adjustable Costumeのウィリアム・モリス プリントタイ

2020.07.12

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

今日は店舗とオンラインストア両方で取り扱っている、Adjustable Costume(アジャスタブルコスチューム)のウィリアム・モリス プリントタイの紹介です。

Adjustable Costume ウィリアム・モリス プリントタイ

画像はベージュ色のリネンのスリーピースとのコーディネートです。
プリントされているStrawberrry Thief(いちご泥棒)は豊富な色彩が特徴の作品ですが、コットン素材のマットな質感が派手な印象をおさえ、同じく光沢をおさえたリネンやコットンなどで作られた上着との相性は抜群です。

 

なお、画像の色(WINE)は現在品切れですが、取り寄せが可能な場合がありますので、オンラインストアのお問い合わせページよりご連絡ください。

 

 

[Adjustable Costume]ウィリアム・モリス プリントタイ ANT-041 12,800円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

染める色を増やします(レザーサンダル自作キットOfsl・Isopoda)

2020.07.08

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

先日オンラインストアで発売したOfsl(オフスル)のレザーサンダル自作キット、Isopoda(イソポダ)。
7月6日の記事で、「発送前に私が革を染めるサービス」も紹介しました。
ありがたいことに染めるサービスの反響が大きかったので、まだ2日しか経っていませんが選べる色を増やすことにしました。

Ofsl Isopoda レザーサンダル 墨 茜

画像左、墨色(すみいろ)です。大雑把に言えば黒ですが、マットな質感が墨のようなので、慣用色名からこの名を取りました。黒系統は根強い人気がありますので、もしかするとこの色が一番人気かもしれません。
画像右、茜色(あかねいろ)です。分かりやすく言うと「濃い赤」。真っ赤ではないのでコーディネートがしやすく、革らしい味わいも感じられる色になったと自負しています。

 

商品のページはこちらです。
こんな色も作って欲しい!と言うご要望があればぜひお聞かせください。

 

 

Ofsl Isopoda(オフスル イソポダ)無色 8,800円(税抜)
檜皮色手染め 11,800円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

レザーサンダル自作キット Ofsl(オフスル)のIsopoda

2020.07.06

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

緊急事態宣言は解除されたものの、感染者数が増えているなど、予断を許さない状況が続いています。
私も休日は少しずつ外出ようになったものの、コロナ以前とくらべてやはり家で過ごす時間が増えています。

 

そこで、Ofsl(オフスル)と言うブランドを紹介します。”Our finest slow living”(最高のスローライフ)を提案するために、今年生まれたばかりのブランドです。第一弾のIsopoda(イソポダ)と言うレザーサンダル自作キットの販売を、当店のオンラインストアで開始しています。

 

さっそく私も自分用に作ってみました。

Ofsl Isopoda サンダル

画像1枚目、開封したところです。
子供の頃にプラモデルの箱を開けた時のようなワクワクがありますね~
革やスポンジソールなどの部品だけではなく、接着剤や刷毛(ハケ)、サンドペーパーまで付属しているのが嬉しいですね。鉛筆とセロハンテープだけ自分で用意すればあとは何も要りません^^

 

普通ならさっそく組み立てに入るのですが、私も一応革靴メーカーに居た人間ですからね、ひと手間加えたくなります。
という事で、当店のオーダーシューズで提供している当店オリジナルカラーの檜皮(ひわだ)色に染めてみます。

Ofsl Isopoda サンダル 檜皮

ヒノキの樹皮の色をイメージして調合した色は、同じ天然素材である革との相性が悪いはずがありません。

 

作り方は接着剤を塗って貼るだけなのでとても簡単。不器用な方でもご心配なく。
気を付けるのは、接着剤を乾かす時間をしっかり取ることくらいだと思います。

Ofsl Isopoda レザーサンダル 檜皮

と言うわけで完成です。
所要時間は1時間(染めの作業は除く)くらいでした。不慣れな方でも2時間もあれば充分だと思います。

 

檜皮色、良い仕上がりではないでしょうか。
無色も経年変化が楽しめる良さがあるのですが、檜皮色の即戦力感も捨てがたい。と言うかこっちのほうが人気があるかも…
と言うわけで、私があらかじめ部品を檜皮色に染めてから発送するご注文も受けようと思います。ご注文ページはこちら

 

こんな風にプラモデル感覚で作れる楽しさもありますが、ベルトの長さを足に合わせて調整して作りますので、自分にピッタリのサンダルが出来るのもIsopodaの良いところ。
足が小さい(24cmで幅も狭い)私は、ジャストフィットのサンダルに出会うことがまずないので、足に合うサンダルを作れるなんて嬉し過ぎます(^^;)

 

自宅で過ごす時間でサンダルを作ってみたい人、足にピッタリのサンダルを作りたい人にお薦めです。
梅雨が明けたらサンダルの季節。お急ぎください^^

 

Ofsl Isopoda(オフスル イソポダ)無色 8,800円(税抜)
檜皮色手染め 11,800円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

堀口切子のピンズ(ラペルピン)

2020.06.29

10.小物, 16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

引き続き、オンラインストアでの販売が始まった商品の紹介です。
今回紹介するのは堀口切子のピンズ(ラペルピン)(一部の色は店舗でも取り扱っています)。

 

男性がアクセサリーを選ぶときに気を付けなくてはならないのは「嫌味にならないこと」。あくまでも本人を引き立てるためのモノですから、必要以上に主張してはいけません。

 

そこでお勧めしたいのが、堀口切子のラペルピン(TVショッピングみたいな言い回しになってますね^^;)。

堀口切子 江戸切子 ピンズ ラペルピン

江戸切子と言うと日本の伝統工芸品のイメージが強いのですが、実はそのルーツは英国のカットグラスにあり、その技術を発展させたものなのです。
そのためか、このピンズ(ラペルピン)はわざとらしい「和風」な感じがなく、洋装に馴染む仕上がりになっています。

 

切子部分のカットは菊文様。菊は日本人にとって身近な花であると同時に、菊=喜久(喜びが久しくありますように)と幸福を願う意味が込められていますので、プレゼントにも適した逸品です。
透明感のあるクリスタルグラスの輝きは、決して嫌味になることなくスーツスタイルを引き立ててくれることでしょう。

ネクタイを外して間が抜けてしまったクールビズスタイルに華を添えるなら、これがオススメです!

 

 

堀口切子ピンズ(ラペルピン) 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

フィボナッチ紳士洋品店