フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2021年9月

リラックスできる靴

2021.09.21

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

3連休を終え、ちょっと一息(大して忙しかったわけではないんですけどね^^;)の今日は、一番リラックスして履ける靴を履いています。

オーダーシューズ ウィングチップスリッポン アノネイハイランドカーフ 宮城興業 ES-18

 

昨年の3月から履いている、wingtip slip-onです。

オーダーシューズの仕上がり(アノネイ・ハイランドカーフ)

この靴がリラックスできるのは、甲部分のゴムでフィットさせるデザインであることと、革(アノネイ社ハイランドカーフ)がしなやかなであることが理由だと思います。革は柔らかければ柔らかいほど楽だと思っている人も多いのですが、足をサポートしてくれる適度なハリ・コシ・弾力が無ければ逆に疲れてしまいます。その意味で、このハイランドカーフは「良い革」だと、履いていてつくづく思います。

 

今週は木曜日が祝日のため店は営業致します。
代わりに明日(9/22)が休みになりますのでご注意ください。

 

 

オーダーシューズ 41,800円(税抜)~
レザーオプション(アノネイ・ハイランドカーフ)17,600円(税抜)

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

American Sea Island Cotton

2021.09.20

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

ファッションが好きな人なら、シーアイランドコットン(海島綿)と言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。
今回は9/18に紹介しきれなかったシャツ用の新着生地、American Sea Island Cotton(アメリカンシーアイランドコットン)の紹介です。

 

シーアイランドコットンとは、カリブ海の西インド諸島で栽培される超長綿(繊維が長く希少な綿)の品種のことで、18世紀にアメリカのシーアイランド地方持ち込まれたことからその名が付きました。
アメリカでの栽培は20世紀初頭の害虫被害により別の品種に代わってしまい、以来シーアイランドコットンは英国の植民地である西インド諸島のみで栽培されてきました。つまり、英国の独占状態にありました。

 

それから100年。栽培技術の進化により、ふたたびアメリカでの栽培が可能になった海島綿が、American Sea Island Cottonです。
そんな「奇跡の綿花」とも呼ばれる、光沢感と柔軟性に優れた素材がご注文可能になりました。

 

それでは個別に見ていきましょう。

American sea island cotton アメリカンシーアイランドコットン

画像2枚目、オックスフォード2色。
同じ番手のオックスフォードと比較すると光沢が強く、触感も滑りがあり、ビジネスにも使いやすい素材です。

American sea island cotton アメリカンシーアイランドコットン

画像2枚目、ニット3色。
柔軟性に富んだニット素材は、海島綿の柔らかさを実感するのに最適です。
ジャケットのインナーとして着るような上品なポロシャツ(長袖・半袖)に合いそうです。

ポロシャツもオーダーできます

160番双糸

画像3枚目、これはアメリカンシーアイランドコットンではないのですが、とても良い素材だったのでついでに紹介します。
経糸・緯糸ともに160番双糸を使い、先日紹介したスヴィンコットンより艶のあるドレッシーな素材です。
上段は左からヘリンボーン(杉綾)の白とサックスブルー、下段は左からサテン(朱子織)の白とサックスブルー。
フォーマルシャツを作るなら、サテンの白(左下)で決まりです!

 

まだ紹介しきれていない生地もありますので、残りは店頭でご覧ください。

 

 

 

オーダーシャツ 11,000円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

すみだノートNo.13 2021秋号

2021.09.19

13.鐘ヶ淵について, 14.出来事

店主の郷間です。

 

墨田区の情報紙「すみだノート」13号が届きました。
今回の特集は「幸せの味 すみだの洋食」です。

すみだノート 13号

古い町並みが多く残っている墨田区には、数多くの「まちの洋食屋さん」があります。
最近はいわゆる「リストランテ」や「ビストロ」と言った、現地さながらのお店も見かけるようになりましたが、日本独自の進化を遂げた「洋食屋さん」の洋食は、矛盾しているかもしれせんが和食の1ジャンルと言っても良いくらい、日本人にとって身近なものではないかと思います。

 

私も「Tomi’s キッチン」や「レストランカタヤマ」など、近所に好きな洋食屋さんがいくつかあります。
この特集ではこの2軒以外にも、当店の徒歩圏内のお店が紹介されていますので、鐘ヶ淵にいらした際のお食事の参考にしてみてください。
「すみだノート」無料配布中です。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

 

シャツ生地入荷(コットンフランネル、ウィンターリネンなど)

2021.09.18

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

シャツ用の生地が入荷しました。
今日はカジュアル向けに絞って紹介します。

画像1枚目、チェックのコットンフランネル6色。綿100%。
毛羽立ちが大きくボリューム感があるので、オーバーシャツに使っても良さそうです。
見るからに暖かそう!

画像2枚目、無地のコットンフランネル4色。綿100%。
ツイードやコーデュロイジャケットのインナーに持っておくと便利です。

画像3枚目、伊Albini(アルビニ)社のウィンターリネン。麻97%、ポリエステル3%。
昨年展開して好評だったウィンターリネンの新色です。
派手になりやすいネオンカラーも、オーバーペイン(チェックの上に重なっている窓枠のようなチェック柄)であればいいアクセントになりますね。

画像4枚目、リバティ4色。綿100%。
今回も楽しい柄ばかりですが、「いちご泥棒」の新色(右下)は待っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アニマルも良いなぁ…
画像5枚目、インディゴ染め4色。綿100%。
ビジネスマンの服装がカジュアルになっていますが、何をどうカジュアルにしたらいいか分からずに困っている人も多いようです。「ただネクタイを外しただけ」でもどうも間が抜けています。かと言っていきなりジーンズにスエット、と言うのもラフ過ぎる。
そんな方は、素材をカジュアルにしてみてはいかがでしょうか。
上でも書きましたが、ジャケットはツイードやコーデュロイ、シャツはフランネルやインディゴ染め。
どうせカジュアルに変化するなら、楽しく変化できたら良いですね。

 

後日ドレス系の素材を紹介します。
お楽しみに!

 

 

オーダーシャツ 11,000円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

杉浦非水 時代をひらくデザイン

2021.09.17

14.出来事

店主の郷間です。

 

昨日の休日は、墨田区にあるたばこと塩の博物館へ、「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展を観に行ってきました。
明治から昭和にかけて活躍し、日本で初めてのグラフィックデザイナーと言われた人ですので、作品を観ればわかる人も多いはずです。

杉浦非水 時代をひらくデザイン

画像1枚目、右側は地下鉄銀座線 上野浅草間開通時(1927)のポスターの一部、左側は新宿三越落成時(1930)のポスターの一部です。
当時の急激な近代化の勢いを感じるような色遣いや構図が良いですよね。

 

彼が凄かったのは芸術と商業デザインの間で悩みながらもバランスを取り、三越の嘱託デザイナーを20年以上務めるなど、それまでは画家の片手間だったグラフィックデザインを職業として成立させたことだと思います。
私の仕事も、自分がやりたいことと、お客様が喜んで買ってくださること、この2つをどう近づけて1つにするかだと思っています。
私の思いを非水に重ねるのはおこがましいことだとは思いますが、大いに刺激を受けた展示会でした。
規模が小さいこともありますが、これが100円で観られるなんて申し訳ないくらいです。

 

と言うわけで、今日は非水デザインのチーフを挿してみました(画像2枚目)。
ネイビーのスーツとソリッド(無地)タイと言うシンプルなコーディネートに華を添えてくれます^^

杉浦非水 ポケットスクエア ポケットチーフ

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

Felt Hat Day

2021.09.15

14.出来事

店主の郷間です。

 

今日(9/15)は、「Felt Hat Day」です。
帽子の衣替え、つまりパナマハットや麦わら帽からフェルトハットに替わる日です。

フェルトハットデー 9月15日

今の日本の気候を考えるとこのタイミングはちょっと早いような気がしますが、この日を過ぎるとスーツの衣替えの計画を立て始める、というのが私の生活のリズムになっています。
皆さんも秋冬物のことを考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。
春夏物を収納する前に防虫剤も準備しておきましょうね。

 

防虫剤の選び方

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

何はなくともストレートチップ

2021.09.14

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

F様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。

 

デザイン:ES-02 Cap-toe Oxford(内羽根ストレートチップ)
革:キップ黒
ソール:TUFFSTUDSソール(ラバー)

オーダーシューズ 宮城興業 ES-02

革靴と言えば、何はなくともストレートチップです。
私が20代の頃勤めていた会社に社長秘書の先輩がいたのですが、仕事柄、急な葬儀に出席しなければならないことも多く、私が履いていた黒のストレートチップを貸した思い出があります。
いま思えば、先輩はロッカーに1足、ストレートチップを置いておくべきだったのでしょうね(^^;)

 

F様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 41,800円(税込)~

 

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーネクタイの仕上がり(オレンジ・小紋柄)

2021.09.13

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

 

9月に入り、上着を着たりネクタイを締めたりしている人を見かけることが増えてきました。
と言うわけで、今日はK様よりご注文をいただいたオーダーネクタイの仕上がりです。

オーダーネクタイ 小紋柄

生地は店内にある出来上がりサンプルに使っていた、オレンジの小紋柄をお選びいただきました。大剣幅は7.5cmです。
オレンジ(≒黄赤)は青系統と補色の関係にあり相性が良く、活動的なイメージを与えてくれる配色です。
例えば客先でのプレゼンの日は、ネイビーのスーツにこのネクタイを締めてみてはいかがでしょうか。

 

補色とは、画像2枚目のような色相環(新星出版社・色彩検定2級テキストより抜粋)で反対側に位置する関係のことです。
補色を使った配色をダイアード(補色色相配色)と言います。
相性の良い配色はダイアード以外にも色々ありますのでこれが全てではありませんが、ネイビーのスーツにオレンジや黄色のネクタイは失敗しにくい、と言うことは覚えておくと便利です。

K様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ローデンクロス(LODEN CLOTH)

2021.09.12

06.オーダースーツ・ジャケット, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

洋服好きにとって秋冬は楽しい季節です。
それは、素材が魅力的であることに尽きるのではないかと思います。
今日はそんな洋服好きに人気の素材のひとつ、「ローデンクロス」の紹介です。

 

LODEN CLOTHはチロル地方(オーストリアとイタリアにまたがる地域)で伝統的に使われてきた素材で、縮絨(しゅくじゅう、縮めて繊維を密にすること)してあるので、保温性と防風性に優れています。
当店で取り扱っているオーストリア・ライヒットフリード社のローデンクロスは、混紡率や目付によって3つのラインがあります。詳しくは過去(2019年8月11日)の記事をご覧ください。

ローデンクロス取扱開始!

ローデンクロス ジャケット

ローデンクロス ジャケット ローデングリーン

ローデンクロス チェスターフィールドコート

ライヒットフリード・ローデン

今までにコート、ジャケット単品、スーツと様々なご注文をいただきました。
代表的な目付540gmsを使う場合、コートでちょうど良く、ジャケットやスーツとしては結構ヘヴィ(中にセーターを着れば真冬でもコートが不要なくらい)だとお考え下さい。ベスト単品や、サファリジャケットを作っても良さそうです。

 

フランネルとはまた異なる、しっかりした生地感と滑りのある手触りが魅力なローデンクロス。
画像3枚目のコートは私が着用しているモノですので、ご覧になりたい場合は事前にご連絡ください。

 

 

●「クラシック540ヒマラヤローデン」の場合●
コート 155,100円(税込)~
スーツ
・SILVER LINE 101,200円(税込)~
・GOLD LINE 149,600円(税込)~
ジャケット
・SILVER LINE 68,200円(税込)~
・GOLD LINE 108,900円(税込)~
サファリジャケット 132,000円(税込)~
トラウザーズ 47,300円(税込)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダースーツの仕上がり(カノニコ・ピンヘッド)

2021.09.10

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

 

O様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。

 

生地:CANONICO(伊)ピンヘッド wool100% 240gms
デザイン:シングル2つボタン
仕立て:SLIVER LINE

 

オーダースーツ カノニコ ピンヘッド

オーダースーツ カノニコ ピンヘッド

アップの画像をご覧ください。
針の頭ほどの小さい柄が入っており、これをPin Head(ピンヘッド)と言います。
ピンチェックと呼ぶ場合もありますが、バーズアイなどと同様に無地の一種だと思ってもらって差し支えありません。

 

奇抜さが無く表情や立体感を感じる渋い雰囲気が、ツウな方に人気です。
私の中では、ベーシックを好み上質なモノを知っている、40代以上の管理職や経営者、と言うイメージですがいかがでしょう?
あまり限定するのも良くないと思うので、皆さんも自由に想像してみてください^^

 

O様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 53,900円(税込)~
・GOLD LINE 101,200円(税込)~

オーダージャケット 38,500円(税込)~
オーダートラウザーズ 20,900円(税込)~

堀口切子ピンズ(ラペルピン)16,500円(税込)

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店