フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2021年5月

オーダーシューズの仕上がり(藍下黒・ダブルモンク)

2021.05.17

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。

 

デザイン:ES-20 ダブルモンクストラップ

革:キップ(ハンドペイント藍下黒)

ソール:TUFFSTUDソール(ラバー)

オーダーシューズ 宮城興業 ダブルモンク ES-20 藍下黒

靴が仕上がってから、私が「藍下黒」(あいしたぐろ)色に手染め(ハンドペイント)致しました。
本来「藍下黒」とは、着物の生地を染色する際、下地を藍色、後から黒で染めた時に出る色のことを指します。
限りなく黒に近いネイビーですので、ビジネススーツに合わせても派手になり過ぎることがありません。
私もこの色の靴を履いていますが、ジーンズなどのカジュアルスタイルにも黒より合わせやすく便利です。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 41,800円(税込)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

5月15日はストローハットデー

2021.05.16

14.出来事

店主の郷間です。

 

昨日(5/15)はStraw hat day(ストローハットデー)でした。
以前も紹介しましたが、冬物のフェルトハットから、夏物のストローハット(やパナマハット)に衣替えする日です。

ストローハットデー

フェルトハットは動物性の繊維(ウール、ラビット、ビーバーなど)で作られていますので、気を付けるのはウールのスーツと同様、虫食いとカビです。
必ずブラシで汚れを落としてから、湿気の少ないところに防虫剤と一緒に収納してください。

 

防虫剤の選び方は過去の記事をご覧ください。

防虫剤の選び方

本来は一年で最も過ごしやすい季節のはずなのに、関東もどうやら平年より3週間くらい早く梅雨入りしそうです。梅雨が長引くようであれば、防虫剤と共に乾燥剤も使用するなど、特にカビにはご注意ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダースーツの仕上がり(HARRISONS・FRONTIER)

2021.05.15

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

F様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。

 

生地:HARRISONS(英国)FRONTIER 300gms

デザイン:シングル2つボタン/ノッチドラペル/ツーピース

仕立て:SILVER LINE

オーダースーツ ハリソンズ フロンティア

オーダースーツ ハリソンズ フロンティア

普段はスーツを着ないお仕事のF様ですが、1着ちゃんとしたスーツを持っておきたいとのことでご来店されました。
そうなると選択肢は2つ、ダークネイビーかチャコールグレイですね。
今回はハリ・コシのあるHARRISONSのFRONTIERの中からダークネイビーをお選びになりました。

 

このスーツは少し前に納品したのですが、その後F様より、「良い生地であることを実感しています」と言うメッセージと共に、お子様の入学式でこのスーツを着用されている写真をお送りいただきました。

 

当たり前のことですが、お客様にとっては、納品してからお作りした商品との付き合いが始まります。
にもかかわらず、納品後の様子を拝見できる機会はあまり多くありませんので、今回のようにご連絡をいただけることは凄く嬉しいことなのです。
嬉しいご意見であれば励みになり、厳しいご意見であれば糧になります(サイズ調整を提案し改善できる可能性もあります)。

F様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

●HARRISONS ’FRONTIER’の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 88,000円(税込)~
・GOLD LINE 135,300円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシャツの仕上がり(オーバーシャツ・カバーオールタイプ)

2021.05.14

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

H様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上がりです。
昨年より展開している、ジャケットのように着られる「オーバーシャツ」です。

 

衿型:オーバーシャツ用 釦ナップカラー
生地:Cotton(綿)100% インディゴ染め
カフ:小丸型
その他:貝ボタン、両胸・両腰ポケット

オーダーシャツ オーバーシャツ カバーオール

インディゴ染めの生地を、シャツの上に着られるオーバーシャツのシルエットで仕立てることで、カバーオールのような仕上がりになりました(カバーオールとは本来ツナギの一種ですが、現在はワークジャケット全般を指します)。と言ってもラフ過ぎず、ワークブーツを合わせなきゃ!と言ったコテコテの作業服臭さはありません。ドレス系の革靴にもスニーカーにも合わせられる、日常使いに重宝しそうな飽きのこない雰囲気です。

 

お客様の仕上がりを見ていると自分も欲しくなってしまうのがこの仕事の困ったところですが、「こういうシャツを持っておくと便利だよなぁ…」などと、またもや私の心を波立たせる(さざ波ではありません^^;)ような仕上がりでした。

 

H様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーオーバーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

映画「エンジェル」

2021.05.12

14.出来事

店主の郷間です。

 

先日、好きな監督フランソワ・オゾンの「エンジェル」(2007)と言う映画を(自宅で)観ました。

 

並外れた空想力を持つために作家として成功した主人公は、実生活まで空想のようになっていくが、その人気が落ちた時に、空想と現実のギャップが痛々しい、一言でいえばそんな映画です。ところどころわざとらしい合成の背景をつかうなど、オゾンらしい皮肉がちりばめられていて、オゾン作品が好きな人であれば、まぁ及第点ではないでしょうか。

 

なぜこの映画を紹介するかと言うと、衣装に意味を持たせていると感じたからです。
貧しい家に生まれ、人気作家となり、やがて凋落していく。人生が変化するのに合わせて、衣装も変化します。
それだけではなく、主人公が着ている赤いドレス(画像)は、第一次大戦前後(1910年代)の時代設定にも関わらず、ヴィクトリアン(19世紀)テイスト。これは世間知らずであると同時に、貴族のような暮らしを空想した少女の頃のままであることを表現しているのではないかと思うのです。

 

女性が主人公の映画ですので男性の衣装はあまり目立ちませんが、かなりしっかりと作られており見応えがあります。
興味がある方はご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

ローファーの保湿と補色

2021.05.11

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

休日によく履いているローファーを見たら、おっと乾燥しているではないですか。
特にトップライン(履き口)周辺が乾燥し、色も薄くなっています。
いつも靴のお手入れについて偉そうに語っている私がこれでは、お客様に顔向けできません。
ローファーのお手入れ

と言うわけで、画像上がお手入れ前、下がお手入れ後です。
革の色に近いブラウンの乳化性クリームを使ったので、保湿と共に補色も兼ねています。
トップラインにクリームを使う場合は、しっかり拭き取らないと靴下に色がついてしまう場合がありますのでご注意ください。

 

靴にクリームを塗る頻度についてよく尋ねられるのですが、正解は「革が乾燥してきたら」です。
ただ、何をもって「乾燥」と判断するのかは言葉で説明することができません。
履く頻度や保管状態によっても乾燥の進行も異なります。
そのため、おおよその目安として2~3週間に1度くらい乳化性(もしくは油性)クリームを使うことをお勧めしていますが、実践するうちに「まだ1週間して経ってないけど乾燥しているな」などと、革の状態を感じ取れるようになってきたら、その感覚に従うのが宜しいかと思います。

 

お手入れについて分からないことがあればお尋ねください。
ご来店いただければ、実演も交えて説明させていただきます。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシューズの仕上がり(ビッグシルエットに合う革靴)

2021.05.10

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。

 

デザイン:MD-11 外羽根ウィングチップ(U-tip derby)

革:キップ黒

ソール:TUFFSTUDソール(ラバー)

オーダーシューズ MD-11 宮城興業

最近は、カジュアルもしくはビジネスカジュアル向けのご注文が増えています。
特にボリュームのある木型を使用した「MD」品番です。
40代後半の私がこういう靴を休日に履くとしたら、ジーンズかチノパンに合わせると思います。アメカジ世代ですからね(^^;)
ところが、最近の10~20代に流行しているビッグシルエット(オーバーサイズ)のスタイルに取り入れるために「MD」をご注文される方が増えているようです。確かに、ブカブカの服に細身の靴ではバランスが悪いですよね。
ビッグシルエットは、全身を同じ色(ワントーン)に統一するコーディネートが多いようですが、服と同じ色の靴を既製品で見つけるのは難しいこともあると思います。革の色を選べるのも、オーダーシューズが選ばれる理由ではないでしょうか。

 

若い世代の自由な発想で私の想像の枠を飛び越えて行く靴を見ていると、ファッションにはまだまだ可能性があるな、と頼もしい気持ちになります。お客様にアドバイスをするのが私の生業ですが、お客様から学ぶのもまた楽しいものです。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 41,800円(税込)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ミラレイン・ワックスドコットンジャケット(補色コーディネート)

2021.05.09

04.コーディネート, 06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

今シーズンから受注を開始した、British Millerain(ブリティッシュミラレイン)社のワックスドコットン(waxed cotton、画像2枚目)のオーダージャケット。

ワックスドコットンのオーダージャケット、スタートです!

ミラレイン・ワックスドコットンさらに追加!

ベージュのコットントラウザーズ、インディゴ染めのシャツ、赤×青のリバース(向かって右下がりの)ストライプ・タイと合わせてみました。

ブリティッシュミラレイン ワックスドコットン オーダージャケット

ブリティッシュミラレイン SAHARA ワックスドコットン オイルドコットン バブアー

ポイントはネクタイの赤だと思いますが、実は緑と赤のコーディネートは失敗するリスクを孕んでいます。
緑と赤は補色の関係にあります。補色とは、色相環(画像3枚目、新星出版社[色彩検定3級テキスト&問題集]より引用)の反対側に位置する色同士の事。
補色の組み合わせは色の違いが大きいため、派手になり過ぎてしまう可能性があるのです。
よく言えば活動的な印象ですので、NBA(バスケ)のロサンゼルス・レイカーズは黄色×紫、MLB(野球)のニューヨーク・メッツは青×オレンジなど、スポーツチームのユニフォームには補色が多く採用されていますが、日常のコーディネートに取り入れるときは注意が必要です。

補色色相配色

注意する点は、面積です。
例えば、緑のジャケットに赤のトラウザーズ。このように見える面積が同じくらいだと、思いっきり喧嘩してしまいます(^^;)
補色同士を組み合わせるのであれば、どちらか一方はアクセントカラーとして、小さい面積で使うのがコツです。
今回の場合は、赤の面積を小さくしてアクセントにしています。

 

色を組み合わせるのが苦手な方は、このようなコツをいくつか覚えるだけでかなり失敗が減らせると思います。
あとは実践あるのみ。慣れてしまえば、理屈ではなく「なんとなく」分かるようになりますよ。

 

ワックスドコットン・オーダージャケット 59,400円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

革靴の修理(つま先補修)

2021.05.08

11.靴修理

店主の郷間です。

 

Y様よりご依頼をいただいた靴の修理の仕上がりです。
ソールのつま先部分が減ってきており、その部分を補修するか、ソール全体を張り替えるか検討した結果、今回は補修することになりました。

靴修理 シューリペア 爪先補強

つま先補修 2,420円(税込)
(靴の傷み具合などによって別途料金がかかる場合があります)

 

 

「良いモノは長持ちする」と言いますが、これはちょっと言葉足らずです。
高価であることと耐久性が高いことはイコールではありません(逆に「良いモノはすぐにダメになる」と言う人もいますが、それもまた随分極端な物言いです)。
私は、「良いモノは永く使いたくなる」という言い方が好きです。永く使いたくなるモノだから、結果的に長持ちするということです。

 

革靴を永く愛用するためには、数足をローテーションさせて履いたり、クリームでケアすることも大切ですが、修理と上手く付き合うことも大きなポイントです。しかし、修理に出すタイミングなど、判断に迷う場合も多く、修理方法が一つではない場合もあります。
修理で分からないことがある場合は、ご相談いただければ、全体の傷み具合も見ながら、かかる費用も含めたメリット・デメリットを説明させていただきます。靴を実際に拝見して判断するのがベストですが、メールでのお問い合わせでも、可能な限り見積もりをお出し致します。お気軽にご相談ください!

もちろん他社製品にも対応致します。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシャツの仕上がり(スヴィンコットン)

2021.05.07

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上がりです。

 

衿型:スチュアートレギュラーカラー
生地:スヴィンコットン160番双糸ガス糸
カフ:角落型

suvin cotton オーダーシャツ

光沢のある上質なシャツをお探しだったT様にお薦めしたのが、スヴィンコットン。

 

スジャータ(SUJATA)種とヴィンセント(VINCENT)種(いわゆるシーアイランドコットン)を交配させ、それぞれの名前をとってSUVINと名付けられた超長綿(繊維が細く長い、希少な綿)です。
160番双糸ガス糸とは、160番と言う高番手(つまり細い)糸を2本撚り合わせ、ガスで毛羽を焼いて光沢を出している、と言うことです。

 

「ちょうちょうめん」とか「そうしがすいと」とか聞き慣れない言葉より、興味がある方は生地を触ってみて、実際に1枚作っていただきたいと思っています。
光沢はもちろんですが、触感もシルクのような滑らかさ。
T様が袖を通した瞬間に口にされた「いつも着ているシャツと全然違うね!」と言うお言葉は、見た目と着心地の両方でご満足いただけた証だと思います。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシャツ 11,000円(税込)~
スヴィンコットン 23,100円(税込)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

 

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店