フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

06.オーダースーツ

オーダースーツの仕上がり(CANONICOフランネル120’S)

2019.12.06

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

ご注文をいただいたスーツが仕上がると、トルソー(マネキン人形)に着せた状態で撮影し、皆さんに紹介していますが、実は紹介したくても紹介出来なかったものが多々ありました。
店にあるトルソーは私の体型に近いものを置いているため標準より細く、大柄な方のスーツを着せるとブカブカなのです…
そこで、とうとう大きいサイズのトルソーを購入しました。
このトルソーに着せられる大きさのシャツがないのでシャツ、ネクタイとのコーディネートはできませんけど(^^;)

 

というわけで、K様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊CANONICO社のフランネル120’S。目付はフランネルとしてはライトな270gmsです。
どこに行っても暖房が効いている現代では必要十分なスペックと言えるでしょう。
永く使うことを想定し、トラウザーズは2本お作りしました。いわゆる2パンツスーツですね。

オーダースーツ カノニコ フランネル

オーダースーツ カノニコ フランネル

遠目に観ると紺無地ですが、アップにすると小さいハウンドトゥース(千鳥格子)柄になっています。
派手な柄は好きではないけど無地ばかりじゃつまらないと言う方、こんな柄はいかがでしょう?

 

K様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

先日のコーディネート

2019.11.25

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

気温が20度前後になるのは今年は今日で最後になりそうですね。
そろそろツイードでも着てみましょうか。

オーダージャケット ツイードジャケット Johnstons of Elgin

生地はJohnstons of Elgin の Heritage Tweed、仕立てはSILVER LINE。
この素材の紹介は2018年10月21日の記事をご覧ください。
今年で3年目になりますが、ツイードジャケットとしてはまだまだ若輩者です(^^;)
目付はヘヴィな700gms、中にニットを着れば真冬もコート要らずです。
これでコートを作るのももちろんアリですね。

 

シャツはインディゴ染め、トラウザーズはモールスキン素材のネイビー、グリーンのウールタイ(私物)を合わせてみました。
様々なコーディネートが楽しめるのがツイードジャケットの楽しいところです。あと私がよく合わせるのが、エンジ色のコーデュロイトラウザーズ、休日ならジーンズ。ダークブラウンやモスグリーンも絶対に合いますね!

 

Johnstons以外にも、FOX BROTHERS、HOLLAND & SHERRYなどのツイードをご用意しています。
以前紹介した希少なキーパーズツイードもまだ在庫がありますので、ぜひ店頭でご覧ください。

 

 

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~
オーダーコート 130,000円(税抜)~

 

●Johnstons of Elgin 「Heritage Tweed」の場合●

オーダージャケット
・SILVER LINE 69,000円(税抜)~
・GOLD LINE 106,000円(税抜)~
オーダーコート 152,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(ブリスベンモス・コットン2ピース)

2019.11.22

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

Y様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
英国brisbane moss(ブリスベンモス)のコットンを使った2ピースです。
この素材については10月4日の記事で紹介していますのでご覧ください。
秋冬に限らず通年着たいというご希望でしたので、目付320gmsのモノをお選びいただきました。

 

コットンはシワになりやすいためビジネススーツにはほとんど使われない素材ですが、そのシワ感や柔らかい発色によってカジュアルな雰囲気に仕上がりますので、オフのスーツとして根強い人気があります。
別のお客様から聞いた話ですが、お勤めの会社で今年からクールビズ期間以外も(つまり一年中)ネクタイを締める必要がなくなったそうです。これからますますビジネスシーンのドレスコードがカジュアル化していくことを考えると、コットンスーツの需要は増えていくのかもしれませんね。

 

という事で、仕上がりをご覧ください。
ネクタイは9月7日の記事で紹介した、Adjustable CostumeのStrawberry Thief Tieです。

オーダースーツ brisbane moss ブリスベンモス コットンスーツ

オーダースーツ brisbane moss ブリスベンモス コットンスーツ

コットンスーツはコーディネートの幅が広がります。
インナーにタートルネックのカットソーや、ニットポロを着ても良いですね。派手な柄(ストライプやチェックに限らず、花柄なども)のシャツも面白そうです。
ウールのスーツにスニーカーは感心しませんが、コットンスーツならアリだと思います。

 

単品使いがしやすいのも、このコットンスーツの便利なところ。
ジャケットの下はジーンズを穿いても良いですし、トラウザーズの上はツイードやコーデュロイのジャケットでも合うと思います。

 

仕上がったスーツを見ていたら私も欲しくなってしまいました…(^^;)

 

Y様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

昨日のコーディネート(グレーフランネルスリーピース)

2019.11.18

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 08.オーダーネクタイ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

先日、「ヒールの高さ規定ある職場19%」(共同通信)というニュースを目にしました。
靴に関するニュースですので興味があり、共同通信時事通信の記事を読み比べてみたのですが、ちょっと(と言うか、かなり)違和感があったので書いてみます。

 

この調査を行なった連合のプレスリリースを読んでみました。

 

●ヒールの高さ規定がある職場は、全体の19%ではありません。1000人にアンケートをして、「服装や身だしなみについての決まりがある」と回答した人が571人、ヒールの高さに決まりがあると答えた人が571人の19.4%(111人)です。つまり全体の11.1%なのです。見出しで「19%」というのは間違いではないでしょうか…?ちなみに時事通信は正しい数字を出していました。

 

●この記事の見出しを読んだ方は「女性にハイヒールを強制する企業がこんなにあるのか!」と感じると思いますが、ここで言うヒールの高さ規定とは、逆にそのほとんどが「〇cm未満でなくてはならない」という、ハイヒールを制限する規定なのです。数字を正しく報道した時事通信の記事ですが、このことは述べずに、ハイヒールの強制に反対する「#kutoo(クートゥー)運動」に触れているため、事実とは異なった印象を与えているように思います。

 

間違った報道が記者の理解不足のせいなのか、それとも意図的なものなのかは分かりません。そもそも、連合の資料自体がそのような報道を誘発するような書き方をしているようにも思えます。
ニュースがネットで手軽に読める時代だからこそ、情報を鵜呑みにせず客観的に判断する力を身につけなければなりませんね。

 

さて、画像は昨日のコーディネートです。
Harrisons of Edinburgh(ハリソンズ)のWOOLEN SPUN FLANNELを使った、グレーチョークストライプのスリーピースに、ベージュのシャツ、紺無地のネクタイを合わせました。グレーのスーツにネイビーのネクタイは基本中の基本、失敗の少ない組み合わせです。どちらも無地だとシンプルすぎてしまうので、どちらかを柄物にすると良いと思います。

Harrisons of Edinburgh ハリソンズ フランネル スリーピース オーダースーツ

寒くなるにつれ、装うのがより楽しくなって参りましたね!
コート、マフラー、手袋の出番ももうすぐです。
皆様もお楽しみください^^

 

●HARRISNS OF EDINBURGH 「WORSTED & WOOLLEN FLANNELS」の場合●
オーダースーツ(シングル2ピース)
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダーコート 164,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

 

初コーデュロイ(Brisbane Moss スリーピース)

2019.11.13

06.オーダースーツ, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

皆さん「オフプライスストア」という言葉を聞いたことがありますか?
最近日本でも増えている業態で、要するに売れ残った商品を安く販売する店舗の事です。
アウトレットと何が違うの?という声が聞こえてきそうですが、大差はありません。
大雑把に言うと、ブランドごとに運営しているのがアウトレット、小売店が運営している(つまり1つの店に複数のブランドが並んでいる)のがオフプライスストアなんだそうですが、アウトレットという言葉が新鮮ではなくなったので新しい呼び方を流行らせようとしている、ってトコロだと思います。
伸びているのはこの手のお店ばかりというのはちょっと寂しいですね…

 

さて、朝晩の冷え込みが強くなってきたので、月曜に今季初めてのコーデュロイを着てみました。

オーダースーツ brisbane moss コーデュロイ ブリスベン・モス

生地は英国brisbane moss(ブリスベン・モス)社の3101X。詳しくはこちらをご覧ください。
カラーはDrab(オリーブグリーン)です。
軍服や戦車などによく使われるくすんだグリーン、と言えば想像がつきやすいでしょうか。

 

これだけヘヴィ(470gms)なコーデュロイは、今やほとんどのメーカーが作らなくなってしまいました。
着た時の保温性や重量感、そして徐々に馴染んでいく感覚など、この生地ならではの感覚が味わえる素材です。

 

画像のようなスリーピースはハードルが高いとお感じの方も多いでしょうから、やはりジャケット単品が人気です。
チェスターフィールドコートも、コーデュロイにするだけでグッとカジュアルになりますよ。

 

秋はあっという間に通りすぎ、暦の上では冬になりました。
冬物の準備が済んでいない方、ぜひご相談ください。

 

 

●Brisbane Moss「Quality 3010X」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~
オーダーコート 141,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(ライトグレイ バーズアイ スリーピース)

2019.11.02

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

自分用のスーツが仕上がりました。
ピークドラペルの3ピース、生地はHOLLAND & SHERRYの「CITY OF LONDON」。仕立てはGOLD LINEです。

 

1960年代の重厚な服地を再現した「CITY OF LONDON」(目付420gms)ですが、昨年の秋冬に展開を始めた時からずっと気になっていた品番があり、1年越しに作ってみました。
まずは全体の画像をご覧ください。

オーダースーツ バーズアイ スリーピース ピークドラペル

一見よくあるライトグレイの無地ですが、もっとアップにしてみます。

オーダースーツ バーズアイ スリーピース ピークドラペル

かなり迫力のある織り柄が現れました。
この柄は鳥の眼のように見えることからバーズアイ(birds eye)と呼ばれており、織り柄ですので無地の1種と呼んで差し支えありません。
スーツの定番柄として存在しているバーズアイですが、これほど柄が大きく色のコトンラストが強いモノはなかなか無く、クラシックな雰囲気がプンプンします(^^;)

 

参考までに、HARRISONS OF EDINBURGH 「FINE CLASSICS」のバーズアイと並べてみました。

バーズアイ

左が「FINE CLASSICS」、右が「CITY OF LONDON」。私が使ったのは右の上から4番目です。
「CITY OF LONDON」のバーズアイのインパクトの強さがお分かりいただけるでしょうか。

 

と言いながらも、あくまでも無地の範疇に含まれる「近くで見ると実は…」的な柄なので、ビジネスシーンで積極的に使っていただきたい生地です。もちろんもっとシンプルに行きたいのであれば「FINE CLASSICS」やその他のバーズアイも用意しております。

 

このスーツは私が着用しますので、タイミングが合わないと店頭には無い場合があります。
ご覧になりたい方は、事前にその旨ご連絡をいただければ準備しておきます。

 

●HOLLAND & SHERRY「CITY OF LONDON Vintage Suiting」の場合●
オーダースーツ(シングル2ピース)
・SILVER LINE 108,000円(税抜)~
・GOLD LINE 147,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)

「堀口切子」ピンズ 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダースーツの仕上がり(ネイビーフランネル)

2019.10.09

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

店のノートPCが古くパソコン作業にストレスを感じていたのですが、先ほど新しいPCが届きました。
この記事を書いたら早速データの引越しです。あまり高いモノではありませんが、これで少しは快適になるかな…楽しみです。

 

さて、I様よりご注文をいただいたオーダースーツ(スリーピース)の仕上がりです。
生地は伊CANONICO(カノニコ)社のネイビーフランネル、目付は秋冬用としては軽めの270gms。
もう少し涼しくなったら着始めて、3月末あたりまで長期間着られるウェイトだと思います。
仕立てはSILVER LINEです。

オーダースーツ CANONICO カノニコ フランネル ストライプ

オーダースーツ CANONICO カノニコ フランネル ストライプ

ぼやけたラインのチョークストライプがフランネルらしく柔らかい雰囲気です。
ストライプが派手に感じてしまう方でも、これなら使いやすいのではないでしょうか?

 

I様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

合服

2019.10.07

04.コーディネート, 06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

10月に入っても30度前後の気温が続きましたが、昨日(10/5)は急に気温が下がり、いよいよ秋らしくなりそうです。
と言うことで、昨日は合服(あいふく)のスーツです。画像が粗いですね…申し訳ありません(^^;
合服という言葉は最近あまり使われなくなっていますが、夏服と冬服の間、つまり春と秋に着る服のことを言います。夏に着るには少し暑く、冬に着るには少し寒い感じですね。合着(あいぎ)と言う方もいます。

なぜそのような古い言葉をわざわざ使ったかと言うと、昔で言う合服は、今で言うと最近ご要望の多い「オールシーズン対応」に近いのではないかと思うからです。
現代の一般的なビジネスマンがスーツの生地について「オールシーズン対応」と言う時は、夏以外の3シーズンを通して着られ、(冬は暖房が効いているので)主に春と秋に着て快適な素材のことを指しています。上で書いた合服の説明にそっくりですね(^^;

 

当店には季節感の強い素材や、長いシーズン着られる素材など様々な生地がありますので、ご希望に沿う素材を提案させていただきます。遠慮なくご相談下さい。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
完売した生地も出ていますので、詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

brisbane moss(ブリスベンモス)のコットン

2019.10.04

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

当店ではウールだけではなくコットンも複数のブランドや目付(重さ)のモノを用意しています。
今日はその中の一つ、当店ではコーデュロイでもお馴染みの英国ブリスベンモス社の420gmsです。
ヘヴィなコットンの持つコシはとても魅力的ですが、目付を考えると秋冬専用ですね。
オールシーズン使用したければ、おなじブリスベンモスの320gmsをご案内致します。

brisbane moss ブリスペンモス コットン 綿

ビジネススタイルが徐々にカジュアル化するなか、ツイードジャケットを着る人がもっと増えて欲しいなぁと常々思っていますが、そんな時にトラウザーズに使いたいコットンです。
ツイードのような粗野な(褒め言葉です)素材に、繊細な素材は合いません。
コットンやフランネルがお薦めです。

 

と書きつつ、いやトラウザーズに限らず上下揃いのスーツでも良いし、ジャケットを作って下はジーンズを合わせても格好良いな、と良い生地を見ると想像が膨らんでしまう私でした…
ビジネスカジュアルからカジュアルの枠の中で様々な用途に使える素材です。
品質の割に価格もお手頃ですので、ぜひご検討ください。

 

●brisbane moss コットン420gmsの場合●
オーダージャケット
・SILVER LINE 42,000円(税抜)~
・GOLD LINE 80,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 105,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 26,000円(税抜)~

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(モヘア混ネイビースーツ)

2019.09.28

06.オーダースーツ

店主の郷間です。

 

O様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊CANONICO(カノニコ)社「MOHAIR QUATTRO(モヘアクアトロ)」のネイビー。

オーダースーツ CANONICO カノニコ モヘア混

QUATTROとは数字の「4」のことで、全体のおよそ4分の1がモヘアであることを表しています(正確にはウール73%、モヘア27%)。目付は290gmsです。
モヘア(アンゴラ山羊の毛)混はウール(羊毛)100%の生地よりハリがありシワになりにくく、仕立て映えのする仕上がりになります。また、程よい光沢があるのも特長です。
シャリ感のある触感のため春夏用のイメージが強いモヘア混ですが、290gmsと言うウェイトを考えると、この生地は秋冬にも充分に活躍してくれると思います(CANONICOではオールシーズンと謳っています)。

オーダースーツ CANONICO カノニコ モヘア混

近くで見ると絶妙なムラ感があり、一味違う雰囲気です。
ややもすれば無難過ぎてしまうきらいがあるネイビー無地ですが、この「一味」が着ることを楽しくしてくれそうです^^

 

O様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダーコート 130,000円(税抜)~

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
完売した生地も出ていますので、詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店