フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

永井荷風「洋服論」

2019/10/28

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近は本を電子書籍で購入することが当たり前になってきたようです。
私はタブレットで読書をすると疲れると言うか集中できないので、ほとんど利用していません。
ただ、著作権切れの本が無料で読めるのは便利ですよね。
先日、永井荷風の「洋服論」があったのでダウンロードして読んでみました。
永井荷風と言えば、以前の記事で紹介した濹東綺譚(ぼくとうきだん)の著者でもあります。

永井荷風 洋服論

文末に大正五年とあるので、1916年に書かれたようです。
10分かそこらで読めてしまう短い文章ですが、こんな感じのことが箇条書きで書いてあります(要約です)。

 

・夏のアメリカでは事務職は上着を脱ぐことが許されているが、この場合はサスペンダーではなくベルトを使う。
・同じく夏のアメリカでは半靴(今で言う短靴)を履くが、ヨーロッパでは暑くてもブーツを履く。
・赤皮(茶系の革全般のことだと思います)は夏に限る。フォーマルでは履かない。
・洋服はその名の通り西洋のものなので万事本場を手本にすべきだが、日本人には似合わない色・柄があるので注意する。

 

今となっては廃れてしまったルールもありますが、「元々はこうだったけど、今はこう変化している」という事を知るともっと楽しみが深まるかもしれませんよ。
ちょっと時間が空いた時に読んでみてください。Kindle版はこちらからどうぞ。

 

 

オーダーシャツフェアを開催中です。
詳しくはリンク先をご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

フィボナッチ紳士洋品店