フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2020年9月

セールストーク

2020.09.16

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

今日、ラジオから「幅広い4E幅のパンプスなので外反拇趾の方にもお薦めです」と言う通販番組が流れてきました。
なんとなく正しそうに聞こえますが、これは間違いです。もちろん4E幅の足の方なら良いんですけどね。
外反母趾(親指が外側に反って、付け根の骨が出っ張ってしまい痛みが出る)は、先が細い靴を履くことで親指が圧迫されることが主な原因ですが、実は緩い靴が原因で起こることも多いのです。指の付け根部分は適度にホールドされていることが理想です。

 

ではなぜこのような内容が公共の電波に乗ってしまうのでしょうか。それは「たくさん売りたいから」です。
大きめの靴を作っておけば、ブカブカの人からピッタリの人まで沢山の人に売ることができる、と言う計算です。
昔は靴屋で「カカトに指が入るくらいのサイズを選んだほうが良い」と言われたものです。緩い人にもあの手この手で売っていたのですね。

 

売る側がこんなセールストークをしているようではいけません。
私も今まで以上に正しい知識をお客様に伝えられるように心掛けなくてはいけないな、と思った出来事でした。

宮城興業 和創良靴 謹製誂靴

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

FOX BROTHERS “CASENTINO(カセンティーノ)”

2020.09.15

06.オーダースーツ・ジャケット, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

アジャスタブルコスチュームのハット受注会は昨日で終了致しました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

さて、新入荷の生地の紹介です。
フォックスブラザーズの「カセンティーノ」です。
カセンティーノとは、イタリア・トスカーナ地方の伝統的な織物で、別名napping wool(手玉のような加工がされたウール)とも呼ばれています。
ナッピングとは、草木に引っ掛けても傷が目立たないようにするために毛玉状に毛羽立てる加工で、そのことからもアウトドアやスポーツ向けの素材だったことがうかがえます。

 

革で例えるならば、スエードみたいなモノです。
スエードは傷が目立たない革なのですが、そりゃそうです、表面を起毛させて、つまりあらかじめ傷だらけにしているわけですからね(^_^;)
AI(人工知能)やら光学迷彩やら、巷では科学の進化の話題に事欠きませんが、昔ながらの「木を隠すなら森の中」的な発想、私は好きですよ。

 

とはいえ単なる懐古主義ではなく、遊び心のあるヴィヴィッドな色を展開しているのも面白いところ。
wool100%、目付620gms、全9色。コートか、厚手のジャケットに適しています。

 

●FOX BROTHERS ‘CASENTINO’の場合●
オーダーコート 164,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

 

 

オーダーシューズの仕上がり(外羽根プレーントウ)

2020.09.14

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。
品番MD-09 ボリュームのあるモディファイド木型の外羽根プレーントウです。
オーダーシューズ 宮城興業 宮城デン MD-09

T様は踵骨(しょうこつ)と言う踵の骨の出っ張りが大きく、革靴を履くとその部分が痛くなるというお悩みをお持ちです。
昨年1足目のご注文をいただき、当たる部分に調整を加えてお作りしたところ気に入っていただき、今回2足目のご注文をいただきました。

 

今回の靴も試し履きをしていただき問題がなさそうだったので無事に納品完了…と思っていたのですが、後日ご連絡をいただき、「痛みがあるので調整して欲しい」とのこと。
骨が当たる場合、わずかな調整の違いで痛くなったりならなかったりしますので、再度調整をするために数日お預かり致しました。
再納品後に「全く問題ありません」とのご連絡をいただき、ひと安心です。

 

革靴は、T様のようなケース以外にも、足のむくみの変化など様々な理由で痛みを感じるようになることがあります。
痛い靴を我慢して履くことのないよう、できる限りの調整を致しますので何かありましたら遠慮なくご相談下さい。当店で購入された靴でなくても構いません。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三)

2020.09.13

14.出来事

店主の郷間です。

 

最近読んだ本の紹介、「福沢諭吉 背広のすすめ」(出石尚三著)です。

福沢諭吉 背広のすすめ 出石尚三 文藝春秋

皆さんはスーツを初めて日本に紹介したのは誰だと思いますか?
では誰がいつ頃、スーツを背広と呼ぶようになったのでしょう?

 

そんな話を中心に、福沢諭吉や西郷隆盛といった歴史上の人物が果たした役割などを織り交ぜながら展開します。日本で革靴を製造するきっかけを作った大村益次郎もちょっとだけ登場します。
中でも福沢は、片山淳之介と言うペンネームで書いた「西洋衣食住」で初めてスーツ(ここではビジネスコート、丸羽織と表記されています)を紹介し、慶應義塾の中に「衣服仕立局」を作り、教え子たちが洋服屋を開くなど、衣服の西洋化に重要な役割を果たしました。

 

洋服を着ていたら攘夷派に斬られてしまうかもしれない幕末からこのような活動をしてきた福沢は、きっとスーツに対して並々ならぬ情熱を持っていたに違いないと思うのですが、本書ではその理由についてまでは触れてられていません。欧米列強に肩を並べるにはまず衣食住から、と言うことだったのでしょうか。詳しく書いてある本をご存知でしたら、読んでみたいので教えて下さいm(_ _)m

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

オーダーシャツの仕上がり(4枚まとめて)

2020.09.12

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上がりです。4枚まとめてご注文をいただきました。
いま来ていらっしゃるシャツの襟型に近いものにしたいとのことで4枚ともショートワイドカラー、そのうち2枚は実用性重視の形態安定素材でお作り致しました。

オーダーシャツ ショートワイドカラー 形態安定素材

当店でもよく、同じデザインの素材違いでまとめてご注文をいただくケースがあります。男性は気に入ったスタイルが決まるとそれを貫く傾向が女性よりも強いと言われますが、まさにそれですね。
私などは、「せっかく作るのだからちょっと変えてみようかな」と言う誘惑と常に戦っていますので、まだまだ修行が足りません(^_^;)
そう言えばあるコラムに「服にこだわる男性は浮気をしにくい」とありましたが、本当なんでしょうかね。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

Leichtfried (ライヒットフリード)ローデンクロス

2020.09.11

06.オーダースーツ・ジャケット, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

この秋冬の新作というわけではありませんが、私がオススメの生地を紹介します。
昨年の記事でも紹介した、オーストリアはLeichtfried(ライヒットフリード)社のローデンクロスです。

 

昨年お客様からスーツやコートのご注文をいただき、さらに自分用に作ったコートを1シーズン着用してみて、その良さを体感することができました。
まず、立体になったときに美しく、仕立栄(ば)えします。触感には滑りのある心地良さがあります。混じり気がある「霜降り」の味わいも良いですね。そして縮絨(しゅくじゅう)してあるので防風・防水性があります。これだけあれば充分ですよね(^_^;)

 

ということで今年もお薦めして参ります。
動画と画像をご覧ください!

ローデンクロス チェスターコート

ローデンクロス ローデングリーン オーダースーツ

ローデンクロス チェスターコート

●「ピュア360プレーンメリノウール」の場合●
オーダーコート 130,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 37,000円(税抜)~

 

●「クラシック540ヒマラヤローデン」の場合●
オーダーコート 141,000円(税抜)~
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~

 

●「シンメトリー640ダブルフェイス」の場合●
オーダーコート 152,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 69,000円(税抜)~
・GOLD LINE 106,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

宮城興業えむわい ロングウィング・ダッドシューズ LSN-100販売開始

2020.09.09

16.オンラインストア

店主の郷間です。

 

当店のオンラインストアで、宮城興業のレザースニーカーブランド「MY(えむわい)」のロングウィング・ダッドシューズ、LSN-100の販売を開始しました。
ロングウィングと言うのは、ウィングチップの1種で、ウィング状の切り替えがカカトまで伸びていくデザインです。
ではダッドシューズって何でしょう?おそらく当店が発信する情報の中には出てこなかった言葉だと思います。

 

ダッドシューズ(ダッドスニーカー)は、お父さん(Dad)が履くような時代遅れの靴、と言うことです。
本来、時代遅れかどうかはいつを基準に見るかで変わってくるわけですが、今のファッション用語で言うと80~90年代のスニーカーのような、ボリューム感があり、ややハイテクな感じのデザインのことを指します。「エアマックス狩り」なる言葉を生み出したナイキのエアマックス95や、その次の96といえばイメージできる人もいるのではないでしょうか。
流行とは過ぎ去ったばかりのデザインが一番格好悪く見えるもので、これらのスニーカーは2000年以降、絶滅状態にありました(かたや休日に革靴を履く人が増えた時期でもあります)。
以降、スニーカー(に限らずファッション全般)のデザインはミニマル(最小限)をキーワードにシンプルな時代が続きます。

 

その流れを変えるきっかけになったのが、高級ブランド・バレンシアガが2017年に発表した「TRIPLE S」と言うスニーカー。少し前から似たコンセプトのスニーカーは出ていましたが、「TRIPLE S」が大ヒットすることで新しい流行となり、その流れが続いたまま今に至る、というわけですね。

 

少し「流行」と言う言葉を使いすぎたでしょうか。
当店は流行にとらわれず、永く愛用できる靴やスーツを提供する店なのですが、オンラインストアは「日本のモノづくりとお客様をつなぐ」ことを目的とし、日本製で良質のモノであれば、流行のデザインでも取り扱うことにしています。

 

例によって前置きが長くなりましたが、MY(えむわい)のLSN-100をご覧ください。

宮城興業 MY えむわい ダッドスニーカー

ダッドシューズは極端にデフォルメされたデザインが多く、意識的に流行を追いかけている人でないと敬遠してしまうことも多いような気がします(少なくとも私はそうです)。全身流行のファッションに身を包んでいないと靴だけ浮いてしまいそうで。
ところが、革靴とスニーカーの融合を標榜するMY(えむわい)のフィルターを通すと、「これなら履ける!」と思わせてくれる仕上がりになるのです。素材が革であることと、伝統的なウィングチップのデザインであることが大きいのだと思います。

 

全体的な雰囲気だけではなく、1点だけディテールにも触れなければなりません。
画像の靴のピンキング(ギザギザ)の部分、そしてベージュ色のステッチの部分は、全てレーザー加工で表現されたものなのです。つまり、本物の革の断面やステッチではないのです(商品ページの画像をアップでご覧ください)。
レーザー加工機を持っているメーカーなど滅多にありませんが、伝統的なデザインをレーザーで表現すると言う発想自体がMY(えむわい)の面白さではないでしょうか。

 

LSN-100は、革の素材によって3つに分類されます。
インポートのカーフを使ったLSN-100-calf 36,000円(税抜)
英C.F.ステッドのスエードを使ったLSN-100-CFS 36,000円(税抜)
仏アノネイの型押しカーフを使ったLSN-100-ANKT 38,000円(税抜)

 

画像を見てピンときた方、ぜひ商品ページもご覧ください!

 

※取扱を終了しました

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

ナチュラルな魅力のMARLING & EVANS ”Undyed”

2020.09.08

06.オーダースーツ・ジャケット, 09.オーダーコート

店主の郷間です。

 

アジャスタブルコスチュームのハット受注会、本来であれば本日から開催の予定でした。予定を早めて先週土曜日から始まっておりますが、あらためて宜しくお願い致します。9/14(月)まで開催しています。

 

さて、秋冬用スーツ・ジャケット・コート地の紹介です。
英国MARLING & EVANS(マーリング&エヴァンス)の「Undyed」というコレクションです。
Undyed(アンダイド)、つまり染色(や脱色を)せずに天然の羊毛の色を生かした糸を織り上げた生地です。

 

MARLING & EVANSの歴史は16世紀に遡るそうですが、ロゴにあるように1782年に工場を建て本格的に事業を開始したミル(織元)です。生地の聖地ハダースフィールドで彼らが作る素材は、衣服にとどまらずロールスロイスの内装にも使われるなど、数多くのブランドに頼りにされてきました。

 

まぁ御託を並べるよりも観てもらったほうが早いと思うので動画をご覧ください。
画面から伝わるでしょうか、とても統一感のある、ナチュラルな風合いのベージュやブラウンの生地がいっぱいです。
いやぁ、これは味わい深い!

目付は4種類あり、320gms、340gms、370gms、720gmsです。
720gmsはコート用ですね(コート要らずのヘヴィなジャケットを作るのもアリです)。

 

他に無い雰囲気の、面白いコレクションです。
ぜひ店頭で生地をご覧ください!

 

 

●MARLING & EVANS ”Undyed”320~370gmsの場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 120,000円(税抜)~
・GOLD LINE 160,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 78,000円(税抜)~
・GOLD LINE 114,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 57,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~
オーダーベスト
・SILVER LINE 36,000円(税抜)~
・GOLD LINE 46,000円(税抜)~
オーダーコート 164,000円(税抜)~

 

●MARLING & EVANS ”Undyed”720gmsの場合●
オーダージャケット
・SILVER LINE 89,000円(税抜)~
・GOLD LINE 124,000円(税抜)~
オーダーコート 178,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

オーダーシャツの仕上がり(リネン・サファリシャツ)

2020.09.07

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

S様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上がりです。
生地は英国Herdmans(ハードマンズ)社のアイリッシュリネンのブラック。
デザインは今春から受注を始めたオーバーシャツの中からサファリシャツ仕様です。

オーダーシャツ サファリシャツ ハードマンズ リネンシャツ

上着感覚で着られるオーバーシャツは初年度にも関わらず多くのご注文をいただきました。普通のオーダーシャツと変わらない価格で作れるのが好評だったようです。
これまではリネンやシアサッカーなど春夏らしいモノが人気でしたが、素材によっては秋らしい仕上がりになります。早速サンプルを仕込んでいますので、今月中には新たなオーバーシャツの楽しみ方をお見せできると思います。お楽しみに!

 

S様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

 

オーダーシューズの仕上がり(CFステッド社スーパーバック・コインローファー)

2020.09.06

05.オーダーシューズ

店主の郷間です。

 

I様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上がりです。
品番ES-110 コインローファーを、英C.F.ステッド社のスエード「スーパーバック」のロイヤル(ネイビー)でお作り致しました。

オーダーシューズ Charles.F.Stead ペニーローファー

コインローファーはカジュアルシューズです(ビジネススーツにローファーを合わせるのは避けて下さいね)ので、黒や茶系以外のレザーを選択される方が多いデザインです。
発色の良いロイヤル(ネイビー)のローファーは、歩くのが楽しくなるような爽やかな仕上がりですね!

 

I様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店