フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

08.オーダーネクタイ

ウールタイ企画中

2023.10.23

08.オーダーネクタイ, 16.オンラインストア

店主の郷間です。

生地屋さんが抱えている在庫の中から、スーツ1着分に満たない半端な量のウールを格安で入手しました。
スーツを作るには半端な量ですがネクタイには充分ですので、さっそくオリジナルのネクタイ(既製品)を企画中です。

Loro Piana AUSTRALIS / FOUR SEASONS

ウールタイというと、ニットやフランネルのような起毛した生地のややカジュアルなものを想像する方も多いと思いますが、画像をご覧いただければ分かるように、今回はあくまでもドレッシーなタイを作ります。これは良いものができそうですよ…

作れるのはおそらく8本くらい、11月末ごろには販売開始できると思います。何本取れるか分からないのでまだ価格は未定です。
店舗とオンラインストアで販売する予定ですので楽しみにお待ちください。

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)

純国産ツイードのジャケット

2023.10.22

06.オーダースーツ・ジャケット, 07.オーダーシャツ・Tシャツ, 08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

原毛から国産にこだわった純国産ツイード「The J.SHEPHERDS(ジェイシェパーズ)」で作ったサンプルが仕上がりました。ジェイシェパーズについては8月4日の記事をご覧ください。

生地: The J.SHEPHERDS 黎明#2 wool100% 385gms
デザイン:2つボタン
仕立て:くるみボタン

ジェイシェパーズ ツイードジャケット

今回はカントリー色を強めに、全てのポケットをアウトポケットにし、ボタンは包(くる)みボタンにしてみました。
早朝の牧場をイメージし黎明(れいめい)と名付けられたシリーズの中から、私のクローゼットには今までになかった、霧のようなブルーグレーです。

ジェイシェパーズ ツイードジャケット

画像2枚目、シャツは10月14日の記事で紹介したコットンビエラ、ネクタイはREDA社のフランネルで作ったオーダーサンプルです。粗野な雰囲気のツイードに合わせるシャツやネクタイは、光沢のないものを選ぶのが基本です。

ジェイシェパーズ ツイードジャケット

画像3枚目、こんな織ネームが付きます。

着心地は、まさに古き良きツイードの再現です。
ヘヴィではないものの、最近のツイードの多くが失ってしまった、ドライで硬い触感を備えています( J.SHEPHERDSの中にはソフトな品番もあります)。これは予想以上に面白い!
一年やそこらでは馴染みそうにないなぁなんて困った顔をしながらその実、育っていく過程が今から愉しみで仕方がありません。

ツイード本来の魅力を思い出させてくれるジャケットになりそうです。
近いうちにこのジャケットを実際に着た様子をアップします。

●J.SHEPHERDSの場合●
ジャケット 82,500円(税込)~

[堀口切子]江戸切子ラペルピン 16,500円(税込)
[Fibonacci]フランネルネクタイ 14,080円(税込サンプル価格)

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)

アール・デコなネクタイと11月の価格改定について

2023.10.06

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

9月16日に紹介した新入荷のネクタイ用生地の中から、サンプル(という名の自分用)を1本作りました。
さっそく仕上がりをご覧ください。

生地: シルク100%
大剣巾:8.5cm
全長:137cm
その他:スフォデラート(裏地無し)

ネクタイ アールデコ スフォデラート
ネクタイ アールデコ スフォデラート

最初にこの生地のサンプルを見て思ったのは「アール・デコっぽくて新鮮!こういうネクタイ最近売ってないな~」ということ。
アール・デコ(装飾美術)とは1920年代頃のデザインの様式です。
それ以前の、植物などを取り入れたアール・ヌーヴォーの複雑なデザインに比べ、幾何学的・直線的なデザインが特徴です。

アール・デコは、デザインが近代化される流れの中で生まれたいわゆる「モダン」なデザインですが、100年後に生きる私たちはそれらを「クラシック」とか「レトロ」という言葉で表現するようになっています。
そして、それらを(単なる懐古趣味ではなく)新鮮に感じるのであれば、レトロなデザインはモダンである、ということになります。
矛盾しているようですが、時代は回る、ということですね結局(^^;)

レトロなデザインは好きな人にはたまらない魅力がありますが、時代の主流ではない(たくさん売れるものではない)ため既製品としては採用しにくく、あまりネクタイ売場で見かけることはありません。
こんなネクタイが作れるのもオーダーならではの愉しみですね。

もう一度、9月に入荷した生地をアップしておきます。
他にも面白い柄があるのでもう一度よ~くご覧ください。
もちろん、他にもソリッド(無地)などベーシックなものも用意しております。

オーダーネクタイ用の生地

最後に、オーダーネクタイ価格改定のお知らせです。
メーカーより原材料費の高騰などの影響で価格を改定する旨、通知がありました。
11月1日より、現在15,400円(税込)からのところ、17,600円(税込)からに変更させていただきます。
より質の高い提案を心掛けて参りますので、何卒ご理解をいただきますようお願い致します。

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~(11/1より17,600円~)

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)

大剣巾とラペル巾

2023.09.25

04.コーディネート, 06.オーダースーツ・ジャケット, 08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

当店でネクタイをオーダーされる方は、太め(9~10cm)の大剣巾を希望される方が多いようです。
最近の既製ネクタイの大剣巾は8~8.5cmくらいが標準ですので、ネクタイ売場には欲しい巾のネクタイが無く、オーダーで作ってみようということなのでしょう。

ではなぜ、太めのネクタイが欲しいのでしょうか?
それはきっと、持っている上着の衿(ラペル)の巾が広いからでしょう。

スーツの着こなしには「ラペル巾と大剣巾を揃える」というセオリーがあります。
画像をご覧ください。①ラペル巾と②大剣巾(正確には一番下の最も太い部分を指します)がほぼ等しくなっています。
ミリ単位で合わせる必要はありませんが、少なくとも細め、標準、太めくらいのニュアンスは合わせるように心掛けてみてください。
このバランスを見直せば、なぜかしっくり来なかったコーディネートが改善するかもしれません^^

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)

クラシックなネクタイ用生地入荷

2023.09.16

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

オーダーネクタイ用の生地が入荷しました。
今回入荷分は全てシルク100%、プリントではなく織りで柄を表現しています。

オーダーネクタイ用の生地

28の色・柄が追加になりました。
今回は渋めの色合いの、小紋、メダリオン(メダルくらいの大きさの柄)、ペイズリー、その他抽象的、幾何学的な柄ばかりです。百貨店やセレクトショップのネクタイ売場には無いようなものばかりですので、このようなレトロなものを探されていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どのようなモノを身に着けるかで、その人の印象は大きく変わります。
TPOや気分に合わせて装いを変えるのも愉しみのひとつです。
でも、そのためにスーツを何十着も持つのは、金額的にも収納スペース的にも現実的ではありませんよね。
そんな時は、ネクタイがおすすめです。

ネクタイひとつで若々しく見えたり、信用できる人だと感じたり、芸術家肌なのかな?とかちょっと気難しそうだな、などなど様々な印象を与えることは皆さんもご存じだと思います。
ビジネスシーンで色々な装いを気軽に愉しむなら、まずネクタイのバリエーションを揃えてみてはいかがでしょうか。スーツをたくさん購入するよりずっと安上がりで、場所も取りません。

今回紹介したクラシックな色柄だけではなく、様々な生地を選ぶことができます。
着用シーンや合わせたいスーツなどをお教えいただければ、アドバイスをさせていただきます。
いつでもご相談ください。

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)


ポルカドットのネクタイ

2023.09.03

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

K様よりご注文をいただいたネクタイの仕上がりです。

生地: ポルカドット・ネイビー シルク100%
大剣巾:9.5cm
全長:152cm

オーダーネクタイ ポルカドット ネイビー

ネクタイの定番柄の一つである、ドット柄。
7月12日にもシャツの柄に関連して書きましたが、ドット柄は水玉の大きさピンドット、ポルカドット、コインドットの3つに大別されます。厳密な定義はありませんが、ポルカドットは直径およそ3~10mmの水玉を指します。
水玉は大きければ大きいほど派手に見えますので、今回お選びいただいた直径3mmのポルカドットは、どなたでも抵抗なく使える柄だと思います。

ネクタイは男性のビジネスウェアの中で数少ない「遊べる」アイテムです。時には派手な色や柄を選んで個性を表現するのも良いでしょう。しかし、毎日毎日そんなタイではただの「派手な人」。無地やドットなどの基本の柄を押さえているからこそ、時々締める派手なネクタイがアクセントになるのです。

そろそろ秋のネクタイを検討し始めている方、ベーシックなネクタイは充分にお持ちですか?
クローゼットを俯瞰して考えてみてください。

K様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)

猛暑と仕事着

2023.08.08

04.コーディネート, 06.オーダースーツ・ジャケット, 07.オーダーシャツ・Tシャツ, 08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

こうも暑い日が続くと、通勤時に周りを見渡しても、上着を着ているのは私だけだったりします(^^;)

それが時代の流れでしょうから、真夏でも上着を着ることが常識だった時代に戻ることは無いでしょうが、クールビズと呼ばれるスタイルは「何か物足りない」「間が抜けた感じがする」「個性がない」といった課題を抱えたまま浸透し、日本人の感性はそれに慣らされてしまうのでしょうか。

真夏のスーツ

もう少しビジネススタイルを愉しみたいという想いを共有していただける方、ネクタイを締めてウェストコート(ベスト)を着てみませんか?
これだけでかなりキチンとした印象になります。汗をかいて背中に張りついたシャツも、ベストを着ていれば見えません。
個性も出すことができるので、毎日同じような白いシャツとグレーのトラウザーズよりもずっと愉しいと思います。

もちろん、涼しく過ごすことも大切です。
暑い日の服装(特にトラウザーズ)は、程よくゆとりのあるサイズ感のモノを選ぶようにしましょう。タイトなトラウザーズは脚に張りついて不快ですよね…ツープリーツ(ツータック)でゆとりの大きい、画像のようなトラウザーズだとかなり楽ですよ。

スーツに制服的な要素が強かった時代は終わり、マナーを守ること、装いを愉しむこと、そして涼しく(暖かく)過ごすことなど、様々な要素を各自のライフスタイルに合ったバランスで服装に取り入れる時代になりました。いや、そうなるはずでした。
しかし現実は、涼しさばかりを優先し「クールビズと言う新しい制服ができただけ」にとどまっている職場も多いようです。上司から「ネクタイを外しなさい」と言われたなんて話も聞いたことがあります。
上に書いたようなバランスを本当に自分で考え(考えたくない人は考えない自由もあります)、表現することが許容される世の中であって欲しいと思っています。

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト・装いの話)


菱青海波のネクタイ

2023.07.23

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

K様よりご注文をいただいたネクタイの仕上がりです。

生地: 菱青海波・ネイビー シルク100%
大剣巾:9.5cm
全長:152cm

オーダーネクタイ 菱青海波 丹後地域

既製品のネクタイが短いと感じることが長年のお悩みだった、大柄なK様。
今回は長めの全長152cm、大剣巾もお好みに合わせて太めの9.5cmでお作り致しました。
理想のネクタイってなかなか見つからないんだよね、という方って意外に多いんですよね。

ところで皆さん、「菱青海波」の読み方は分かりますか?
「ひしせいがいは」と読みます。あまり聞き慣れない言葉ですよね。拳法の必殺技ではありません(^^;)

波を表現した文様に青海波(せいがいは)というものがあります。
海の向こうから幸福がやってくるという願いが込められた縁起のいい文様で、正倉院の宝物に見られたことから正倉院文様のひとつとされていますが、宝物はササン朝ペルシャから隋に渡り、遣隋使が持ち帰ったものなので、青海波のルーツは古代ペルシャにあるようです。

画像2枚目が青海波です。「衣服・布地の柄がわかる事典」(日本実業出版社)より抜粋しました。
着物の文様にありそうですね。

青海波

この青海波を菱形で表現したのが、今回の菱青海波です。
直線で構成することでスッキリとして落ち着いた、知的な雰囲気の柄になっています。
不惑を過ぎた40代以上の男性にこそ似合う柄ではないでしょうか。

千数百年前にシルクロードを辿って日本に渡った青海波。
シルクロードの終着点である日本屈指の絹織物の産地といえば、京都・丹後地域。
当店で扱っている菱青海波のシルクはこの地で織られています。

K様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://onl.la/9YrKxXQ (ポッドキャスト)

タイパ服とネクタイ

2023.06.18

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

先日、SNSで「タイパ服」というキーワードを見かけました。
某ファストファッションブランドが提唱する、コーディネートやメンテナンスに手間がかからない(タイムパフォーマンスの良い)服、ということのようです。

合わせやすさや洗濯のしやすさ、シワになりにくさといった実用性は、洋服にとって大切なことだと思います。
でも、格好良さや着心地よりも、実用性ばかりが強調されてしまう風潮には寂しさも感じます。
多少手間がかかったとしても、その時間も含めて愉しいものですよ、ということをお客様に伝えていきたいと思っています。

ビジネスマンのファッションにおいて実用性とは対極にあるモノといえば、ネクタイです。
ネクタイにはもともと防寒と言う実用性もありましたが、今それを理由にネクタイを締めている人はあまりいないでしょう。装飾の役割だけなら省いてしまおう、というのが時代の流れです。
それって豊かではなくなっているような気がするのですが…

ノーネクタイの是非はさておき、数を揃える必要がなくなった今の状況では、ネクタイは「少数精鋭」であることが大切だと思います。
それは色や柄だけではなく、太さ、長さ、ノット(結び目)の大きさなど、様々な面で自分好みである、ということです。

そうなると、既製品で探すのは困難かもしれません。
少数精鋭のネクタイを作るなら妥協のないモノをオーダーで。ぜひご検討ください^^

オーダーネクタイ 東京
オーダーネクタイ 東京
オーダーネクタイ 東京
オーダーネクタイ 東京

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト)

オレンジ色のネクタイ

2023.06.03

08.オーダーネクタイ

店主の郷間です。

O様よりご注文をいただいたネクタイの仕上がりです。

生地: オレンジ・ペイズリー シルク100%
大剣巾:9cm
全長:145cm
その他:スフォデラート(裏地無し)仕様

オーダーネクタイ ペイズリー
オーダーネクタイ ペイズリー スフォデラート

夏にネクタイを締めているビジネスマンを見かけることが少ない時代になりました。
ネクタイが売れなくなればなるほど、売れ残るのを恐れてネクタイ売場では確実に売れるものしか取り扱わなくなります。売れるのはネイビーの無地、大剣巾は8cmと言ったところでしょうか。
ネイビーのソリッド(無地)タイは私も好きですが、ネクタイは男性が身に着けられる数少ない「遊べる」アイテムですから、選択肢が少なくなるのは由々しき事態です(^^;)

やや太めのネクタイ(大剣巾9cm)がお好みのO様は、既製品ではご希望に合うものがなく当店にご来店されました。確かに今、大剣巾9~10cmくらいのネクタイはあまり市販されていませんよね。
選択されたのは、3月9日の記事で紹介したオレンジ色のペイズリー柄、新潟県十日町市産シルク100%です。

オーダーネクタイ ペイズリー

オレンジ色のネクタイは派手でコーディネートが難しいと思われがちですが、実はビジネススーツの基本色であるネイビーとグレーのどちらにも合う、使い勝手のいいアイテムなのです。
その理由について考えてみます。

①オレンジとネイビーは補色(反対色)の関係にあり、ダイアードと呼ばれるバランスの良い配色です。ただし、どちらも鮮やか(彩度が高い)だとビジネスウェアとしては派手過ぎてしまうので、スーツのネイビーは落ち着いた(青みが強くない)色にすることがコツです。

②オレンジとグレーは彩度(鮮やかさ)が対極にある、ビコロールもしくはバイカラーと呼ばれる配色です(画像4枚目、学研「THE SUIT」より抜粋)。

コーディネートを考えるとき、①で書いた補色のように色相(色味、色合い)を意識することはあっても、彩度を気にしている人は少ないかもしれません。でも、彩度も色相と同じくらい重要な要素です。スーツはネイビーよりグレーのほうがコーディネートしやすいと私は思っていますが、それは、グレーが無彩色(彩度ゼロ)であるため他の色とケンカしにくいからです。

ビコロール バイカラー コーディネート

コーディネートしやすく、アクティブな印象のオレンジ色のネクタイ、皆さんも挑戦してみませんか?

O様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

オーダーネクタイ 15,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト)

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店