フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

オーダーシャツ用生地入荷

2021/02/23

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

ここ数日暖かい日が続いているせいか、春夏物のお問い合わせが増えています。
そんなタイミングでシャツ用の生地が大量に入って参りました!
その数なんと55種の色・柄です。

 

今回はその中でも季節性が高く、カジュアル寄りの生地に絞って紹介します。

ハードマンズリネン

画像1枚目、まずは毎年好評な英国Herdmans(ハードマンズ)社の麻100%(右から1~3番目は綿66%・麻34%)。
シャリっとした触感、吸湿性、速乾性など暑い季節に活躍してくれるリネン(麻)ですが、このコレクションは最初硬めで、着込むほどに柔らかくなってくる感覚も楽しい素材です。
麻100%でオーダーすると14,000円(税抜)、綿と麻の混紡で13,000円(税抜)と価格が手ごろなのも嬉しいところですね。

リネン イージーケア

 

画像2枚目、麻100%の「イージーケア」シリーズ、無地3色です。
麻はどうしても皺になりやすく、だからこそ独特の味があるわけですが、洗濯後のアイロン掛けに手間がかかることも事実です。
その手間を軽減してくれるのがこのイージーケア。
リネンは好きなんだけどアイロン掛けが面倒でね…という方はぜひお試しください。ノーアイロンではありませんのでご注意を。
14,000円(税抜)。

オーダーシャツ Reda レダ

画像3枚目、伊Reda(レダ)社のシャンブレー(右から1,2番目はストライプ)、毛53%・麻47%。
ウールの防シワ性とリネンの吸湿性などを合わせた素材。
2年前から、春夏になると同じReda社のReda-Activeと言う素材を展開していました(現在は全て品切れ)が、以前もコメントしたように毛100%のシャツは真夏にはさすがに暑く感じます。今回の生地を触った感じでは、真夏も快適に使えそうです。
23,000円(税抜)。

 

ちなみにシャンブレーとは、経糸(たていと)に色糸を、緯糸(よこいと)に晒糸(白い糸)を使った平織りの織物を指します。
白が混じるので色味が淡く、近くで見ると2色が霜降り調に混じり合っているのが特徴です。

シアサッカー、マドラスチェック

画像4枚目、シアサッカー(税抜13,000円)とマドラスチェック2色(税抜12,000円)。
季節性の高いこれらの生地はシーズン中に品切れになり、翌年に再入荷します。
気になる方は売り切れる前にどうぞ。
オーバーシャツ用としても気になる素材ですよね。

 

というわけで、シャツ生地大量のお知らせでした!
紹介しきれない生地もまだまだありますので、お気軽にご相談ください^^

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://wear.jp/fibonaccitokyo/ (WEAR)

 

 

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店