フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

06.オーダースーツ・ジャケット

SCABALの’COSMOPOLITAN’と’IMAGE’

2024.02.27

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

ベルギーの高級服地マーチャント、SCABAL(スキャバル)より新作が届きました。
2品番あるのでさっそく紹介します。

SCABAL IMAGE COSMOPOLITAN

画像2,3枚目、COSMOPOLITAN wool100% 230gms。
通気性とさらりとした触感が特徴のトロピカル(平織りの一種)、コスモポリタンがリニューアルしました。
230gのライトウェイト・トロピカルでありながら、しっかりとコシも感じさせる織り上がりは、さすがにSCABALといったところでしょうか。
無地は結構カラフルなので、ジャケットを作っても面白そうです。

スキャバル コスモポリタン
スキャバル コスモポリタン

画像4,5枚目、IMAGE wool100% 260gms。
夏の服地の多くは通気性のいい平織りですが、イマージュは珍しい綾織りになります。
軽量なので夏の着用も可能ですが、昨年のような猛暑を考えると、春・秋の着用が現実的かもしれませんね。
いっけん中途半端に感じてしまう「260gの綾織り」ですが、夏はスーツを着ない(シャツと単品のトラウザーズで過ごす)ビジネスマンが増えていることを考えると、今の時代にフィットしたスペックなのではないでしょうか。

スキャバル イマージュ
スキャバル コスモポリタン

「最後の一着はSCABALで」というお客様もいらっしゃるほど憧れのブランドであるSCABAL。
スーツをたくさん買う必要がなくなり、「良いものを必要な分だけ」という考え方が広がってきたからこそ、あらためておすすめしたいブランドです。

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト)

ブリスベン・モス、リニューアルです

2024.02.24

04.コーディネート, 06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

今回は英国の老舗コットンミル(綿織物工場)、brisbane moss(ブリスベン・モス)の紹介です。
秋冬用に展開していた見開きのコレクションに、春夏も使えるドリル(綾織物の一種)を加えてリニューアルしました。

brisbane moss cotton classics

画像2枚目、SHAKESPEARE 綿100% 215gms。
春夏向けのベーシックなコットンドリル。
私もオリーブ色のトラウザーズを愛用していますが、双糸(2ply)を使っているためコシがあり、シワの入り方が綺麗なので気に入っています。こういうコットンはアイロン掛けも楽なんです。
ほどよく光沢があり、春夏のコットンスーツにおすすめです。

brisbane moss shakespeare(Luxury Lightweight 2 Ply Peached Cotton Drill)

画像3枚目、TENNYSON 綿100% 295gms。
ミディアムウェイトの3プライ・コットンドリル。
春秋のカジュアルスーツ、ジャケット。春秋冬のトラウザーズ向け。
上品すぎずラフ過ぎないため、ビジネスカジュアルにも休日にも使えるコットンです。

brisbane moss tennyson(Luxury Mediumweight 3 Ply Peached Cotton Drill)

画像4枚目、RYE 綿100% 315gms。
英国の騎兵隊(cavalry)のトラウザーズに使われていたことが起源の、いわゆるキャバルリーツイルです。
春秋のカジュアルスーツ、ジャケット。春秋冬のトラウザーズ向け。後者なら、ツイードやコーデュロイなどのカジュアルな上着と合わせましょう。

brisbane moss rye(Mediumweight Cavalry Twill)

画像5枚目、KIPLING 綿100% 400gms。
有機栽培で作られたオーガニックコットン100%のデニムです。
ウェイトだけ見ると秋冬物ですが、デニムとして考えればこのくらいがスタンダード。
ジーンズのように「育てる」つもりで通年穿いてみましょうか(^^;)

brisbane moss kipling(100% Organic Cotton Heavy Drill)

画像5枚目、上でも書いたSHAKESPEAREのトラウザーズです。
ご参考まで!

ブリスベン・モス シェイクスピア トラウザーズ

この他にも、コーデュロイやモールスキンなどを用意しております。
ぜひbrisbane mossのクオリティをお試しください!

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

HARRISONS ‘SEA SHELL’

2024.02.20

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

英国HARRISONSより、SEA SHELL(貝殻)と名付けられた春夏向けコレクションの紹介です。

ハリソンズ シーシェル

ハリソンズ シーシェル

特徴は大きく2つ。
①リネンにテリレン(ポリエステルの一種)を混紡することで、リネンの清涼感や風合いと、防シワ性を兼ね備えていること
②ベーシックなネイビーから、リネンの王道ともいえるオフホワイトやベージュ、そしてリゾートを思わせる淡い水色や赤まで、幅広い色展開があること

ハリソンズ シーシェル
ハリソンズ シーシェル
ハリソンズ シーシェル

リネンは好きなんだけどシワになりやすいのでビジネスには使いづらいよね…と思っている方、ぜひご覧ください。
もちろんリゾート気分の休日着としてとしてもok(というかそっちが本来の使い方ですね)です。
上下セットでも、ジャケットやトラウザーズ単品でも、用途にあわせてどうぞ。

HARRISONS ‘SEA SHELL’
TERYLENE55%/LINEN45%
360gms

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト)

フレンチアイビー

2024.02.16

04.コーディネート, 05.オーダーシューズ, 06.オーダースーツ・ジャケット, 07.オーダーシャツ・Tシャツ

店主の郷間です。

ここ数日急に暖かくなったことで、春の装いのことが気になり始めたという方も多いのではないでしょうか。
今日は春になったら挑戦して欲しい「フレンチアイビー」と呼ばれるスタイルの紹介です。

アイビー(アイビースタイル)とはそもそも、アメリカン・トラディショナルなスタイルのひとつで、東海岸にあるアイビーリーグ(名門私立大学)の学生のような服装のことを指します。
分かりやすいコーディネートの例が、ブレザー+ボタンダウンシャツ+チノパン+ローファーです。

ビジネススーツよりもカジュアルですが、キッチリした感じもあるので、ビジネスカジュアルにはアイビーを取り入れたら良いのでは?と私は思っています。
しかし、チェックのボタンダウンシャツやローファーは、仕事着としてはちょっとカジュアル過ぎるな、と感じている方も多いようです。

そんな方におすすめしたいのが、フレンチアイビーです。
1980年代に、アイビースタイルをフランス風に解釈した服装のことを、日本のメディアがそう呼んだことが始まりです。
もともと定義が曖昧な言葉なので、あまり難しいことを考えず「アイビーよりもちょっと品がある」程度の認識で構いません。

フレンチアイビー

というわけで、フレンチアイビー的なコーディネートを実践してみました。
ブレザーが軸であることは変わりません。
ブレザーの中にバスクシャツ(バスク地方伝統の主にストライプのシャツ)を着て、ローファーをモンクストラップ(2/7の記事で紹介したものです)に替えただけです。
これだけでぐっと上品になり、仕事にも使いやすくなったのではないでしょうか。
バスクシャツをカーディガンに替えればさらにビジネス寄りになります。

基本的なアイテムが揃っていれば、このようにちょっとしたアレンジで色々な愉しみ方ができます。
春になったらフレンチアイビーをお試しください!

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

SPENCE BRYSON ‘LINEN CLASSICS’

2024.02.14

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

アイリッシュリネンの代名詞、スペンス・ブライソンの「LINEN CLASSICS」が入荷しました。
従来展開していたコレクションのリニューアルです。

SPENCE BRYSON LINEN CLASSICS


今回は、5品番うち中心となる2品番を紹介します。

画像2枚目、「Tropical」Linen100% 370gms 22色。
長年展開している、ブランドの顔ともいえる品番です。麻特有のシャリ感はもちろんですが、着込むごとに硬さが取れて馴染んでくる感覚まで含めてこの生地の魅力です。

SPENCE BRYSON Tropical

画像3枚目、「Lismore」Linen100% 280gms 7色。
前回のコレクションには無かった品番です。
定番のTropicalはとても味のある良いリネンなのですが、最近の日本の夏に着るにはヘヴィすぎるいう声も耳にします。
そこで、やっぱり夏にも着たい、という方にお試しいただきたいのがこのLismoreです。
Tropicalほどではありませんが硬さもあるので、軽さのわりに「育て甲斐」もありそうです。

SPENCE BRYSON Lismore

さらに充実したSPENCE BRYSONのリネン、ぜひご検討ください。

オーダースーツ 59,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

早くもコットンジャケット

2024.02.13

04.コーディネート, 06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

今日は暖かくなるという予報だったのですが、朝は少し肌寒い気がしたのでツイードジャケットを着て出勤しました。
その後気温がぐんぐん上がり、現在16℃。3~4月並みだそうです(^^;)

British Millerain waxed cotton jacket

というわけでツイードでも無いような気がしてきて、コットンジャケットに替えてみたら、うん、ちょうど良い。
数か月ぶりに着てあらためて思いましたが、ブリティッシュミラレイン社のワックスドコットン・ジャケットは、擦れや汚れも味になる「育て甲斐のある」ジャケットです。いつの日か、破れたところにパッチをあてる(つぎはぎをする)のが愉しみです^^

オーダージャケット 44,000円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

サマーツイード

2024.02.10

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

春夏の生地が続々と入荷しておりますが、今日はその中から「サマーツイード」を紹介します。

秋冬のジャケットなどで人気のツイード素材ですが、春夏に適したツイードがあるのをご存じでしょうか。
定義は少し曖昧ですが、要するに「ツイードのようなざっくりした雰囲気のジャケット地」のことをサマーツイードと呼びます。ウール100%の場合もあれば、清涼感を出すためにリネンやシルク、コットンを混紡する場合もあります。

それではいくつか紹介します。
画像1枚目、スコットランドはKynoch(カイノック)のSummer Tweed、260~310gms。
ウールとコットンの混紡と、ウール、シルク、リネンの三者混があります。
英国っぽい色柄がいかにもツイードです。

kynoch summer tweed

画像2枚目、イングランド・Marling & Evans のEnglish Summer Tweed、290gms。
ウール50%/リネン50%。
ウールの防シワ性とリネンのサラっとした触感を兼ね備えたツイード。
リネンのシワが気になる方におすすめです。

Marling & Evans English Summer Tweed

画像3枚目、イタリア・E.THOMASのLuxury Summer Tweed、250gms。
ウール38%/シルク34%/リネン28%。
シルクを使うことで光沢感を出し、カジュアルな中にも色気を感じる、イタリアらしいツイードです。

E.THOMAS LUXURY SUMMER TWEED

スーツと同じような生地のジャケットではあまりカジュアルにならないんだよね、という声を聞くことがあります。そんな時はサマーツイードの上着を着てみてください。色・柄はもちろん、柔らかな質感もリラックスした雰囲気を感じさせてくれるはずです。

サマーツイードは今回紹介したもの以外にも用意がありますので、ご覧になりたい方は店頭でお申し付けください。

ジャケット 44,000円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

新入荷のモヘア混

2024.02.04

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

朝方に雪がちらついた東京ですが、暦の上では今日から春ということで、少しずつ春夏用の生地の入荷も始まっています。
今日はその中から、清涼感のあるシャリ感が特徴のウール×モヘア混の生地を紹介します。

DORMEUIL SUPER BRIO

画像1枚目、フランス・ドーメル社のSUPER BRIO。Mohair60%/Wool40% 250gms
ドーメルと言えば、往年の名品・TONIKをはじめモヘアを得意とすることで知られていますが、そのTONIKを軽量化したのがこのSUPER BRIO。モヘアの混率が高いため、軽量な割にはシャリ感やハリといったモヘアらしさを味わえる素材です。

JOHN CAVENDISH

画像2枚目、英国・JOHN CAVENDISH社、SUPER130’s Wool80%/Mohair20% 240gms
モヘアの混率は20%なので、「少し硬めなウール」くらいのニュアンスです。ソフトな着心地をお求めの方へ。

William Halstead

画像3枚目、William Halstead Wool70%/Mohair30% 330gms
ある程度の重さがある生地をお好みであれば、このモヘア混はいかがでしょうか。重いぶん仕立て映えが良いので、今日紹介する中でもっとも私好みなのはこちらです。

William Halstead

画像4枚目、同じくWilliam Halstead Wool73%/Mohair27% 345gms
ひとつ前が通気性のいい平織りなのに対し、こちらは綾織りです。春夏物と言いながら、オールシーズン的に着られるモヘアだと思います。ただし夏には暑いでしょうね。

これ以外にも、定番として展開しているモヘア混などがありますので、店頭で「モヘア混が見たい!」とお伝えください。色々提案致します。

オーダースーツ 59,400円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

成人式のスーツ

2024.01.21

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

K様よりご注文をいただいたスリーピーススーツの仕上がりです。

生地:ヘリンボーン ネイビー wool50% polyester50% 285gms
デザイン:3つボタン・ワンプリート(ワンタック)
仕立て:SILVER LINE

成人式用スリーピース
成人式用スリーピース

昨年二十歳になられたK様の、成人式用スーツです。
成人年齢が18歳になったので、成人式ではなく「ハタチの集い」といったほうが適切でしょうか(^^;)

成人式のルーツである元服は、日本人にとってとても重要な儀式でした。
元服は男子が大人になる儀式であり、冠婚葬祭の「冠」にあたりますので、その現代版ともいえる成人式もフォーマルな服装で臨むのが本来の姿だと言えます。
とはいえ、皆が燕尾服(正礼装)というのも現実的ではないでしょうから、私が成人した約30年前は、略礼装、つまりダークネイビーやチャコールグレー、ブラックなどのダークスーツというのが成人式の一般的な装いでした。

しかし、時代の流れでしょうか、成人式の服装は多様になってきているようです。
と言っても、ニュースで見かけるヤンチャな人たちのことではありません(^^;)
当店でお作りするスーツも様々で、1930年代風のクラシックなものもあれば、ツイードのようなカジュアルなもの、そしてもちろん、今回のようなネイビースーツです。
デザインがスーツであれば、素材やディテールは自由というのが、今の成人式、もといハタチの集いの服装マナーでしょうか。

もし私が今のハタチだったとしてもダークスーツで臨んでいたと思いますが、開場が遊園地だったりするくらいですから、今くらい自由で良いのでは?というのが私の結論です。

K様、この度はありがとうございました。
そして、二十歳を迎えられおめでとうございます。
末永いご愛用をお願い致します。

オーダースーツ 59,400円(税込)~
堀口切子ピンズ(ラペルピン) 16,500円(税込)

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

ブリスベンモスのコーデュロイ・ジャケット

2024.01.14

06.オーダースーツ・ジャケット

店主の郷間です。

S様よりご注文をいただいたジャケットの仕上がりです。

生地: BRISBANE MOSS corduroy3101X tan cotton100% 470gms
デザイン:3つボタン
仕立て:SILVER LINE

ブリスベン・モス コーデュロイジャケット
ブリスベン・モス コーデュロイジャケット
ブリスベン・モス コーデュロイジャケット

ビジネスカジュアルが広まるにつれお問い合わせが増えている、コーデュロイジャケットです。
人気が高いのは茶系ですが、中でもこのtan(タン、淡い茶色)はもっともコーデュロイらしい色のひとつではないでしょうか。
ベーシックな色味に、8wale(2.54cmに8本の畝がある)の迫力が絶妙にマッチした、味わい深い仕上がりとなりました。

このブリスベン・モスの3101Xは私も愛用していますが、着るたびに思うのは打ち込みの強さ。つまり、織りの密度が高いということです。これだけコシがあり、畝が潰れにくいコーデュロイにはなかなかお目にかかれません。永く着るための条件はそろっています^^

主にワークウェア用の素材として使われてきたこともあり、上着をコーデュロイにするだけでリラックスした雰囲気になり、チェックのシャツやノーネクタイが自然に見えてきます。
ビジネススタイルをカジュアル化したいのであれば、コーデュロイのジャケットを用意してはいかがでしょうか。

S様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

ジャケット44,000円(税込)~

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)
https://podcastranking.jp/1659942771 (ポッドキャスト・装いの話)

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店