フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2017年11月

靴べらのすゝめ

2017.11.15

11.お手入れ

 

店主の郷間です。

 

革靴を履いている人に天は平等です(人の上に人を造らず人の下に人を造らず)が、
靴べらを使うかどうかで違いが出ます(賢人と愚人との別は靴べらを使うと使わざるとによりてできるものなり)。

 

前回に続きアカデミック?な導入でスミマセン(^^;

 

福沢諭吉が靴べらの重要性について気づいていたかどうかは分かりませんが、
靴べらは、フィットしている革靴を履くために必要なものです(逆に言えば、靴べらを使わずに履ける革靴はジャストフィットではありません)。

 

そして、革靴を永く快適に使い続けるためにも重要な道具です。
靴べらを使わずに革靴を履こうとして、カカト部分(ヒールカウンター)を潰してしまった
ことがある人もいると思います。
革靴のカカト部分には芯が入っており、カカトを包み込んで安定させる役割があります。
このカカト部分が変形してしまうと、フィット感が失われてしまうのです。

 

と言うことで、必ず靴べらを使うようにお薦めしている当店では、
持ち運びに便利なハンディタイプの靴べらを2種類用意しています。
外出先で自分の靴べらをサッと取り出す方、スマートです。

左 SAPHIRのメタルシューホーン 800円(税抜) 長さ11cm
右 SAPHIR Nior のリアルホーン 3,500円(税抜) 長さ10cm

 

お手頃価格のメタルシューホーンと、水牛の角を使用した高級感のあるリアルシューホーン。
リアルシューホーンはプレゼント用に購入される方も多いようです。

 

カバンの中に一つ、靴べらをご用意ください。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

黄金比

2017.11.14

01.当店について

 

店主の郷間です。

 

東京は雨が降ったり止んだりの冴えない一日です。
デジカメを買い替え(と言っても中古ですが)、今日届いたので撮り方の練習中です。
カメラは得意ではないのですが、仕上がった靴やスーツの雰囲気をしっかり皆様に
お伝えできるよう勉強します。

 

勉強と言えば、最近こんな本を読みました。

美しい比率だとされる、黄金比を分かりやすく紹介してくれる本です。
70ページ足らずの薄さですし、文系の私でも何とか読破できました。

 

なぜこんな本を読んだかと言うと、当店の店名でもある「フィボナッチ」の
ことをもう少し知っておかねば、と思ったから。
店名の由来については以前のブログをご覧ください。

植物、生物などの様々なところに同じ規則性があるなんて不思議ですよね…
この規則性は絵画や音楽の旋律に応用され、現代ではプロダクトデザイン、
例えばクレジットカード・トランプ・タバコの箱など身近なものの形状に
使われているのだそうです。

 

「事前の中で育った人のほうが美的センスがある」と言う話を聞いたことがあります。
それはきっと、人間が心地よいと感じるバランスを、自然から学んでいるからなのでしょうね。

そして人体も…う~ん面白い!

 

学生の頃に数学の面白さを知ることができたらもうちょっと勉強したのに(^^;
店に置いておきますので興味がある方は読んでみてください。
私も何度も読み返し、装いにおける黄金比を提案できる洋品店でありたいと思います。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

オーダーシューズの仕上り(U-Tip)

2017.11.13

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

H様からご注文いただいたオーダーシューズです。
いつも素敵なクルマでご来店されるH様がオーダーされたのは、
ネイビーのUチップ。

写真のような明るいところでは青みが強く、室内では黒味が強く見える色です。
一見ベーシックながらもよく見るとひとあじ違う、センスが光る靴に仕上がりました。

 

H様の足は、幅は標準的ですが厚みが薄い形状をしています。
「日本人は幅広・甲高だ」と思っている方も多いと思いますが、
若い世代になるほど、厚みの無い(甲が低い)足の方が増えています。
既製靴を購入するときに、幅で合わせると甲が緩く、甲で合わせると小指が痛い
と言う経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

当店のオーダーシューズは、幅だけでも8段階ご用意していますが、
さらに部分的な補正も可能です。
今回は、甲に合わせた細い木型をベースに、両サイドに補正を入れ、
全体的に合うように仕上げました。

 

H様、ご注文ありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
(当店のオーダーシューズは、山形県南陽市のふるさと納税お仕立券をご利用いただけます)

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

オーダーネクタイの仕上り(スフォデラート)

2017.11.12

08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

店を始めてつくづく思うのは、お客様の動きは読めないと言うこと。
台風なのに何人もご来店される日があると思えば、天気が良くても閑古鳥が鳴く日もあります。
昨日のお客様は皆様新規のご注文で、今日のご予約は納品ばかりです。
この予想できない感じが、店をやっている面白さですね。

 

さて、今日はS様よりご注文をいただいたオーダーネクタイを紹介します。
堅実なイメージのお仕事をされているS様が選ばれたのは、ネイビーの小紋柄。
シンプル過ぎず派手すぎず、誰からも好印象を得られる色・柄ですね。
一本持っておけばヘビーローテーションになりそうです。

S様のこだわりは、裏地無しの仕様にしたこと。
イタリア語で「スフォデラート」と言います。

 

あ、スフォデラートの紹介なのに裏側を撮影せずに納品してしまいました(^^;
店頭サンプルの裏側をお見せします。

裏地がついていないのが分かりますよね。
裏地がないぶん薄くなりますので、フワっとして軽く柔らかい印象になります。
最近ノット(結び目)を小さめにする方が増えているようですが、そんな方にもお勧めです。

 

ベーシックな色・柄をエレガントに見せるスフォデラート、皆様もいかがでしょう?

 

 

S様、この度はありがとうございました。
末永くご愛用ください。

 

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
(スフォデラート仕様は16,000円)

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

オーダーシャツの仕上り(ラウンドタブカラー&ボタンダウン)

2017.11.10

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

小川晋平さんにご注文いただいたオーダーシャツの紹介です。
今回はなぜ実名で紹介するかと言うと・・・

 

小川さんは、当店のロゴマーク、名刺、ホームページなどを作っていただいた方なのです。
京都を拠点に「デザインとコミュニケーション」と言う事業をやっています。
この店を一緒に作りあげた恩人の一人です。

 

私が小川さんにデザインを依頼しようと思ったのは、初めて会った時に着ていた
スーツが格好良かったから(笑)
私が洋品店を通して発信したいことを分かってもらえるかどうか判断するのに、
どんな服装をしているのか見るのが確実だと思ったのです。

 

そんな小川さんがオーダーしたシャツです。

左は、ラウンドタブカラーシャツのクレリック(ボディと衿・袖の生地を変える)仕様。
ラウンドタブカラーシャツは先日の記事でも紹介しています。
衿型のクラシックな雰囲気に加え、クレリックにしたことで清潔感も出ていますね。

 

右は、カジュアル用のボタンダウンシャツ。
上着を着ない場面で使えるシャツを、と言うご希望でしたので、
胸ポケットを付け、袖丈・着丈・裾の形状などを調整しています。
生地はもちろん、ボタンダウンシャツの王道、オックスフォードです。

 

今までオーダーしたシャツの中でも段違いに格好良い、と言うコメントをいただきました!
自分でデザインしたロゴが入ったシャツ、使いまくってくださいね。

 

オーダーシャツ 8,900円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

冬支度完了?

2017.11.08

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

本格的な冬ももうすぐですね。
ツイードジャケットも起毛素材のシャツも作ったし、着るものは万全です。

 

残るは、店内の暖房です。
40年くらい前?に親戚が使っていた錆と煤だらけのストーブを引っ張り出しました。
良いモノを直しながら永く使っていただくのが当店の目指すところですので、
ストーブもメンテナンスして使います。

ガラスとホーローが味わい深い、米国Perfection(パーフェクション)の「750」。
分解して錆や煤を取り、芯を交換します。
錆でネジが回らなかったりするので時間はかかりますが、非常にシンプルな構造なので
難しい作業ではありません。
靴や服のメンテナンスと同様、技術や知識よりやる気が大事です(^^;

 

おっ良い!
最初は不完全燃焼で煤が出るかと心配していましたが、全く問題なし。
暖色系の光が見ているだけで暖まります。

 

これとエアコンがあればこの冬は大丈夫!
と言いたいところですが、アラジン・ブルーフレームも見つけてしまったので
時間のある時にこっちもメンテナンスしてみて、どんな布陣で行くか考えます。

何の店だか分からない記事になりましたが、ストーブを見に来るだけでも
大歓迎です(笑)

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

オーダーシューズの仕上り(semi brogue derby)

2017.11.07

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

T様にご注文をいただいたオーダーシューズが仕上がりました。
デザインは外羽根のセミブローグ、革はワインレッドです。

以前のブログで内羽根のセミブローグを紹介しましたが、今回は外羽根です。
そもそも内羽根と外羽根ってなんでしょう?

 

羽根とは、甲を抑えている部分の名称です。紐靴であれば、紐が通っている部分を指します。
この部分の構造の違いで、内羽根と外羽根に分類されます。
内羽根は羽根の根元が縫い付けられているので、靴を脱ぎ履きするときにはV字型に開きます。
下の画像のような感じです。

羽根の作りに違いがあるのが分かりますか?
内羽根のほうがフォーマル寄り、外羽根はカジュアル寄りとされています。
外羽根がカジュアル寄りと言っても、ほとんどの外羽根のデザインは
問題なくビジネスで使えますし、「フォーマルな場では避ける」程度に考えてください。

 

T様はジャケパンに合わせる革靴をご希望でしたので、このデザインを提案致しました。
革はブラックやダークブラウンではなく、少し華やかなワインレッド。
ネイビーやグレーのトラウザーズ(パンツ)、ベージュのチノパン、ジーンズなど
幅広く対応できそうです。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用を願っております。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

ミッドナイトブルーのスーツ

2017.11.06

06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ, 08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

皆さんはミッドナイトブルーと言う色を知っていますか?
JIS(日本工業規格)系統色名と言うシステムでは「ごく暗い紫みの青」と定義されています。
色彩検定を受検する人以外は覚える必要はありません(^^;

 

一言で言えば「黒に近いネイビー」です。
屋内だと黒に見え、太陽光の下だとネイビーに見えるイメージですね。

ビジネスシーンでの着用はもちろん、略礼装として結婚式のゲストの際などにも
活躍する、非常に便利な色なのです。
一般の方であれば、正礼装(燕尾服など)や準礼装(ディナージャケット=タキシードなど)
を必要とする場は多くないでしょうから、ミッドナイトブルーのスーツさえ持っていれば、
大抵の場合は充分です。

 

略礼装として使用することを考えると、ウェストコート(ベスト)付きのスリーピースで仕立て、トラウザーズ(パンツ)の裾は折り返し無しのシングル、さらにボウタイまであれば準備万端ですね。

 

なぜか日本のリクルートスーツは黒一色ですが、ビジネスの場で黒いスーツを着ることはありません(着ている人も居ますけどね、感心しません)。
ビジネスにもフォーマルにも使用できるミッドナイトブルーのスーツ、一着持っておいて
損はありませんよ。

 

オーダースーツ 49,000円(税抜)~
オーダーシャツ 8,900円(税抜)~
黒サテンの既製ボウタイ 7,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

シャツ生地の整理

2017.11.05

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

昨日は新規のお客様や友人など多くのご来店があり、連休らしく賑やかな
1日となりました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今日は開店前にシャツ生地の在庫チェックをし、在庫がなくなったものを
バンチブックから外しました。

ここ数日で在庫切れになった生地たち。
やはり季節柄、起毛系や濃色生地の動きが良いですね。
狙っていた皆様申し訳ありませんm(__)m

 

生地の追加は年に10回程度行なっていますので、1~2ヵ月に1度くらい
遊びにいらしてチェックしてみてはいかがでしょう?

 

そうそう明日から酉の市(とりのいち)ですね。
今年から店を構えた私も、浅草で小さな熊手でも買って神様の力をお借りしてみようかな。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

エンジのネクタイ

2017.11.04

08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

昨日は成人式用にトータルでコーディネートを致しました。
これをきっかけに革靴やスーツの楽しさを感じていただけると嬉しいです。
今月下旬になると年内納品が難しくなる場合がありますので、
成人式向けにオーダーをご検討中の方はお早めにご検討ください。

 

さて、店頭サンプルのネクタイを紹介します。
柄は楕円形の小紋柄、色はエンジ色です。

ありそうであまり見かけない柄がクラシックな雰囲気。
エンジ色は赤よりも深みのある色なので、派手さが抑えられ
幅広く使いやすい色味です。
ベーシックなウールのビジネススーツはもちろん、ツイードやリネン(麻)などの
ラフな素材との相性も良いですね。

 

ネクタイの色・柄はコーディネートを一歩間違えると野暮ったいイメージになります。
いま持っているネクタイをどのようなスーツやシャツに合わせれば良いか分からない
と言う方、相談だけなら無料です(笑)ので是非ご来店ください!

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

 

フィボナッチ紳士洋品店