フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

シャツの前立て

2022/10/26

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

今日はシャツの前立(まえた)ての話です。
前立てとは、前合わせ部分の仕様のことで、折り返しがあるのが「表前立て」、無いのが「裏前立て」と呼ばれます。

言葉で説明するより、画像を見ていただたほうが早いですね。
左が表前立て、右が表前立てです。

表前立て 裏前立て

表前立ては、ボタンダウンシャツなどでよく見られるため、カジュアルな印象を持っている方が多いのですが、実はクラシックな英国のシャツも表前立てのものが多く、一概にカジュアル向けとは言い切れないのです。
補強の意味で折り返しが施されていますので、英国のドレスシャツに表前立てが多いのは、質実剛健を好む英国人らしい仕様なのだと思います。

片や裏前立ては、すっきりして清潔感のある印象です。
イタリアやフランスでは裏前立てのシャツが多く見られます。
しかしこちらがドレッシーとも言い切れず、私の例で言えば、花柄などカジュアルな生地で作る場合などは柄が途切れぬよう、裏前立てにしています。
涼しげに見えるのでクールビズ用のシャツで選ばれる方も多いようです。

つまり、フォーマル、ビジネス、カジュアルのシーンで前立てを使い分ける必要は無い、ということです。
どちらかと言えば「英国風かイタリア風か」といったように雰囲気の好みで選んでしまって良いと思います。
上で挙げた例も参考に選んでみてください。

 

オーダーシャツ 12,100円(税込)~


フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://fibo.stores.jp/ (オンラインストア)
https://bit.ly/3CPpV7R (メルカリショップ)
https://www.facebook.com/fibonaccijp/ (Facebook)
https://twitter.com/Fibonacci_JP (Twitter)
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/ (Instagram)

Accsess/東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」徒歩4分
スカイツリーも近く、昭和の雰囲気が残る下町です。台東区、荒川区、足立区、葛飾区等、近隣のお客様も是非足をお運びください。来店お待ちしております。

フィボナッチ紳士洋品店