フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2019年1月

安易な売り文句

2019.01.30

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

昨日の記事で、昨今の洋服は軽ければ軽いほど良いという風潮がある、と書きました。
それに関して、少し前にこんな記事が出ていました。

 

ユニクロで、“平成最後” の冬を楽しもう! 実はトレンディドラマのヒロインは寒さで震えてた!? 平成30年で服はここまで進化した! ユニクロの機能性アイテムで冬の服装が-1.3キロに!

 

ユニクロの宣伝記事なのですが、それによると平成元年ごろの衣服の総重量は2.5kgくらい、そして現在はその半分くらいになっているのだそうです。
確かにヒートテックやウルトラライトダウンなど、軽いモノが主流になりました。

 

ただ、平成元年当時、人々は洋服が重くて困っていたのでしょうか?
そう言う人も居たかもしれませんが、私は服が重くて疲れるとか体が痛くなるという思いをしたことは一度もありませんでした。
ダウンジャケットも持っていましたし、重~いダッフルコートも着ましたが、それぞれに良さがあると思っています。

 

最近の「軽ければ軽いほど良い」と言う風潮には疑問を覚えます。
売り手の側が安易な売り文句に頼ってしまうと、本質を見失う恐れがあります。
素材の特徴を理解し、用途や気分によって使い分けることを提案しなければならないと私は思っています。

フィボナッチ紳士洋品店 オーダースーツ

軽いモノから重いモノまで、新作の春夏生地が続々入荷中です。
ぜひ店頭でご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

FOX BROTHERS ‘FOX AIR’

2019.01.29

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

春夏のスーツ用新作生地が続々と入荷しています。
今回はフランネルで有名な英国FOX BROTHERSの「FOX AIR」を紹介します。

 

春夏用に「フレスコ」とか「ポーラー」と呼ばれる生地があります。
強撚糸(強く撚った糸)で粗く織った生地で、シワになりにくく通気性が高いのが特徴です。一般的な春夏生地より重いので、軽ければ軽いほど良いという昨今の風潮からは外れているのですが、ざっくりした質感が好きな人を魅了して止みません。

 

今回紹介する「FOX AIR」も、その一種。
当店で既に取り扱いのあるHARRISONS OF EDINBURGH「SPRING RAM」も同様です。
「SPRING RAM」が無地のみでかなりヘヴィ(355~480gms)なのに対し、「FOX AIR」は柄物が多く少し軽め(285~315gms)なのが特徴です。軽めと言っても200g台前半が主流の春夏生地と比べるとヘヴィで、しっかりした着心地です。

FOX BROTHERS FOX AIR フレスコ

FOX BROTHERS FOX AIR フレスコ

FOX BROTHERS FOX AIR フレスコ

無地もありますが、グレンチェック、ハウンドトゥース、ウィンドウペイン(窓枠のような大きなチェック)、など柄が多彩なので、ジャケット単品で作っても良さそうです。
ブラウンやカーキなどアースカラーが充実しているのも面白いです。

FOX BROTHERS FOX AIR フレスコ

透かしてみるとこんな感じです。
通気性の高さが伝わるでしょうか。

 

春夏の生地は味気ないものが多くてつまらないと思っている方、是非店頭で生地をご覧ください。
シワになりにくいため出張や旅行用の素材としても活躍する「FOX AIR」お薦めです!

 

 

●FOX BROTHERS 「FOX AIR」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 108,000円(税抜)~
・GOLD LINE 147,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 69,000円(税抜)~
・GOLD LINE 106,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 50,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

2月の営業日について

2019.01.28

02.営業日について

 

店主の郷間です。

 

昨日の情熱大陸は、時計職人の菊野昌宏さんを取り上げていました。
部品から一人で作りあげる「独立時計師」。モノづくりが好きな方には見逃せない内容でした。
私も、靴やスーツを作ってもらっている職人の凄さや苦労をお客さまに伝えていかなければなりませんね。

 

さて、2月の営業日のお知らせです。

フィボナッチ紳士洋品店 営業日カレンダー2019年2月

2/5(火)は勉強会参加のため17時30分で閉店させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

靴修理の仕上り(Vintage steel)

2019.01.27

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

T様よりご注文いただいた靴修理の仕上りです。
革底の爪先部分にヴィンテージスチールを付けるご依頼です。

革靴修理 ヴィンテージスチール

底の減り方は人によって様々で、他の部分に比べて爪先の減りが早い方は、今回のようなスチールをはじめ、革やゴムを付けて補強する修理が有効です。部分的にしか摩耗していないのにオールソール(ソール全体の交換)をするのはもったいないですからね。
修理するタイミングは、新品の時でも履いてからでもokです。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

ヴィンテージスチール付け
2,900円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

何を作っているのでしょうか?

2019.01.26

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

1月19日の記事で紹介したミステリー小説「シューメーカーの足音」読了しました。
ストーリーも善悪二元論でないところが私の好みでした。読んでない方、お薦めですよ!

 

さて、今あるモノを準備中です。

フィボナッチ紳士洋品店 ロゴ

革に当店のロゴマークのレーザー加工をした試作品です。
細かい部分も綺麗に加工できていて良い感じです。
これをある所に取り付けようと思っています。
もう少しでお披露目できると思いますのでお楽しみに!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「すみだノート」コラムVol.12を更新しました

2019.01.25

03.メディア掲載

 

店主の郷間です。

 

昨日は前職の頃からお世話になっている自由が丘PAUL BONDさんにお邪魔し、オーナーの高橋さんに近況報告やらお願い事やらをしてきました。2~3年ぶりですかね、久々にお会いでき嬉しかったです^^

 

さて、墨田区の情報サイト「すみだノート」のコラムVol.12を更新しました。
今回は柄物のコーディネートについての話です。

すみだノート 男を上げるお洒落学

柄物を取り入れる際に簡単に実践できる内容です。
興味のある方はぜひご覧ください。

 

月に1度のペースで続けさせていただいたすみだノートさんのコラムですが、ちょうど1年になったのを機に、今回でひと区切りとさせていただきます。ご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。
引き続き、すみだノートさんと当店を宜しくお願い致します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

やりこみノート?

2019.01.23

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

今日、店に来る途中で書店に立ち寄ったのですが、雑誌コーナーに気になる本が…
やりこみノート 革靴」。なんだこれ?

 

表紙に「自らの靴磨きを写真と共に記録!!」とあります。
中を見てみると、お手入れ方法が書いてあるページがあるものの、ほとんどは白紙です(^^;
正確には、子供が絵日記をつけるためのノートのように、革靴の写真を貼る欄とコメント欄があるだけ(上記リンクで中身も見られます)。

 

色々考えるものですねぇ、こう言うものが商品化されることにちょっと驚きました。
しかしこれ売れるんでしょうか?記録を残したい人は、InstagramなどのSNSを日記的に使っていると思うのですが…
あ、余談ですが「やりこみノート デニム」も発売になるとか。

 

さて、本日のコーディネートです。

コーデュロイジャケット モールスキントラウザーズ

brisbane moss「3101X」(コーデュロイ)のジャケット
モールスキンのトラウザーズ
ギンガムチェックのシャツ
ペイズリーのネクタイ

 

上下ともにコットンのカジュアルスタイルです。写っていませんが、靴はダークブラウンスエードのチャッカブーツにしました。
コーデュロイのジャケットはスリーピースで作ったのですが、ジャケット単品でも使えて便利です。下はジーンズでも良いですね~!

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(U-tip derby)

2019.01.22

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

K様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
品番はES-15、外羽根のUチップを仏アノネイ社のボカルーカーフ・ダークブラウンでお作り致しました。

オーダーシューズ 宮城興業 外羽根Uチップ アノネイボカルー

ビジネスからカジュアルまで対応できる幅広さが魅力のUチップは人気デザインの一つ。
カントリーシューズを起源に持つデザインですので、ボリュームのある木型(当店で言うとMD木型)で作られたUチップはビジネスシーンには不向きですが、画像のようなES(ラウンドトゥ)木型であれば、ビジネスにも十分に対応可能です。

 

K様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~

 

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(striped regular collar)

2019.01.21

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

インフルエンザの流行が警報レベルになっているそうですね。
そこで疑問なのが、警報レベルってそもそも何?と言うこと。
調べてみると、全国約5000の医療機関に、1週間に受診した平均の患者数が10人を超えると注意報レベル、30人を超えると警報レベルなんだそうです。
数字を見ても実感がわきませんが(^^;、とにかく気を付けないといけませんね。

 

さて、O様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
昨年11月から12月にかけて開催した、伊Albini(アルビニ)社の限定生地フェアでご注文をいただきました。
衿型はベーシックなレギュラーカラー、生地は縞の幅が等間隔の、いわゆるロンドンストライプです。

 

ビジネスシャツを揃えるときはまず白無地、そしてサックスブルー無地。
3枚目にお薦めしたいのがロンドンストライプです。
スーツとネクタイが無地でも、シャツを柄物にするだけでアクセントになり、洒落た印象を作りやすくなります。

オーダーシャツ Albini(アルビニ)ロンドンストライプ

O様、この度はありがとうございました。
きっと日常に大活躍するシャツになると思います。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(Grey flannel striped suit)

2019.01.20

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

O様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊CANONICO社のWOOLLEN FLANNEL(340gms)、フランネルの代名詞とも言えるグレーのチョークストライプ。
仕立てはSILVER LINEです。

オーダースーツ カノニコ フランネル

 

オーダースーツ カノニコ フランネル

ところで、WOOLLENってどういう意味だか分かりますか?

 

毛織物に使う糸には、梳毛(そもう)と紡毛(ぼうもう)の2種類があります。
簡単に言うと前者は細く長い毛、後者は太く短い毛です。
スーツに使う生地の多くは梳毛で織られていますが、ツイードやフランネルは紡毛を使います。
英語では梳毛をWORSTED(ウーステッド)、紡毛をWOOLLEN(ウールン)と呼びます。

 

「フランネルは紡毛」だと書きましたが、最近は梳毛でもフランネルと名付けられた生地(WORSTED FLANNEL)が増え、定義が曖昧になっています。
でも重量感や起毛の風合いを味わうのであれば、やはり本来のWOOLLEN FLANNELをお薦め致します。

 

O様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店