フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2018年7月

オーダーシューズの仕上り(Wing tip derby)

2018.07.18

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

W様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
品番MD-11、モディファイドラストの外羽根ウィングチップです。
ボリュームのある木型にウィングチップ、そしてライトブラウンのアッパー。カジュアルで統一感のある仕上がりとなりました。
アイレット(紐の穴)部分は表ハトメ(外ハトメ)と言う金具が見える仕様になっており、これもカジュアルな雰囲気を出すのに一役買っています。

この靴に合わせるのはチノパンでしょうか、ジーンズでしょうか。ショートパンツも良さそうです。
私なら濃紺のジーンズですね~

 

カジュアル用の革靴を作ってみたいけど、どんなデザインや素材を選んだらいいか分からない、と言う方は是非ご相談下さい!

 

W様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

7/19(木)は休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

JMウェストンのサイズ調整

2018.07.17

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

当店では、店主ができる範囲の靴のサイズ調整であれば無償(あまりにたくさん依頼があったら考えますが、今のところは)で承っております。もちろん当店で買った靴だけではなく、他社製品も承ります。

 

画像はH様よりご依頼をいただいた、私も大好きなブランドであるJ.M.WESTONの定番ローファー(No.180)です。ここのブランドはタイトなフィッティングをする傾向があると言われており、私も何足かここの靴を持っていますが、痛いのを我慢しながら馴染ませた記憶があります。

 

我慢して馴染ませれば足の形に合うようになりますので、既製靴のフィッティングとしては理にかなっているのですが、それはあくまでも我慢できれば、の話。
馴染む前にあきらめてしまい、下駄箱に眠らせているという人も少なくないようです。

 

と言うことで、H様より幅出しのご依頼をいただきましたのでストレッチャーにセットします。

革には形状記憶、つまり伸ばしても元に戻ろうとする特性があります。ストレッチャーにかけている時間が短いと、せっかく伸ばした革が元に戻ってしまうのです。そこで、数日間かけてゆっくりと伸ばし、革にその形状を覚えさせなければなりません。

 

せっかく買ったのにサイズが合わずに履いていない靴をお持ちの方、ご相談をお待ちしております。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

昨日のコーディネート

2018.07.16

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

暑い日が続きますね。
ニュースなどで連日のように激しい運動は控えるように注意喚起がされているのを目にするたびに思うのが、東京オリンピックはこの時期(2020年7月24日開会)じゃマズイでしょ、と言うこと。激しい運動の極致ですからね、今からでもなんとかならないのでしょうか…

 

さて、激しい運動はしませんが薄着もしない私の、昨日のコーディネートです。

ネイビーのスリーピース(仕立てはGOLD LINE)に、暑苦しく見えないよう、白シャツとベージュのネクタイを合わせました。ベージュのネクタイはこのシーズンに活躍してくれますので1本持っておくと便利です。シャツは綿100%だったので、汗をかいてもサラっとしているリネン混紡のほうが良かったとちょっと後悔です。

 

3連休の最終日、暑さに負けず良い休日をお過ごしください。
皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Side gore boots)

2018.07.15

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズ(オーダーブーツ)の仕上りです。
サイドゴアブーツをチゼルトゥ(CS)木型でお作り致しました。早くも秋冬の準備でしょうか(そう言えば、昨日も秋冬生地のスリーピースを納品しました)。

アッパーはネイビーを選択され、ビジネスカジュアルや休日に活躍してくれそうな雰囲気ですね。

サイドゴアブーツは、日本で最初に革靴を履いたと言われている坂本龍馬が肖像写真で履いているデザインでもあります。

多くの方が見たことのある写真ではないでしょうか。
ゴムの工業製品化に成功したのが19世紀半ば。新しいものを積極的に取り入れた龍馬ですから、そのブーツが最新の技術で作られた事を知り、履きたいと思ったのかもしれませんね。想像が膨らみます。

 

話はどんどん逸れていきますが、上で述べた「ゴムの工業製品化に成功した」人は、アメリカ人発明家のチャールズ・グッドイヤーと言います。もしかして革靴のグッドイヤー製法を発明したのも・・・と思った方、惜しい!
グッドイヤー製法を発明したのは、チャールズ・グッドイヤー・ジュニア、つまり彼の息子なのです(ついでに言うとタイヤなどで有名なグッドイヤー社は彼の名前にちなんで名づけられましたが、経営には関わっていません)。
グッドイヤー製法で作られた今回のサイドゴアブーツは、グッドイヤー親子の技術の共演だったわけですね。

 

1足のブーツにまつわる、幕末の志士とアメリカ人発明家親子の話でした。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

使えるカードが増えました

2018.07.14

01.当店について, 13.出来事

 

店主の郷間です。

 

暑さももう一段階上がり、本格的な夏の気候になりました。
クールビズな方も痩せ我慢な方も水分を補給しながら頑張りましょう。

 

さて、当店で使用できるクレジットカードの種類が増えました。今までは業種の制限がありVISA、MASTER、SAISONの3種だけでしたが、本日よりJCB、AMERICAN EXPRESS、Diners、DISCOVERが加わります。

これからもお客様の利便性を高めて参りますので宜しくお願い致します。

 

世の中は今日から3連休、皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「すみだノート」コラムVol6.を更新しました

2018.07.13

03.メディア掲載

 

店主の郷間です。

 

墨田区の情報サイト「すみだノート」のコラムVol.6を更新しました。

今回はネクタイのレジメンタルストライプについての話です。
興味のある方は是非ご覧ください!

 

おととい、「キングスマン:ゴールデンサークル」と言う映画を観てきました。昨年公開され見逃していたのですが、音楽ライヴ並みの音響設備で上映する爆音映画祭と言うイベントでこの映画があり、久しぶりに新宿へ。

 

英国などを拠点に活動するスパイ組織「キングスマン」の話なのですが、組織のメンバーはお揃いのレジメンタルストライプのネクタイを締めていて、「あ~ちょうどその話をコラムに書いたよ!」と、ちょっとテンションもアップです。
前作と同様に馬鹿馬鹿しく痛快なアクションコメディですが、衣装にも注目すると楽しみが広がりますよ。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

トーンでネクタイを選ぶ

2018.07.10

04.コーディネート, 08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

以前の記事で、「SARTORIA SPERANZA」のネクタイ(既製品)の紹介をしました。
私好みの色柄ばかりですので、きっと当店のお客さまにも気に入っていただけると思います。

 

今回は、ベーシックなサックスブルーのシャツに既製ネクタイを夏向けにコーディネートしてみました。
ポイントは「トーン」です。トーンとは、明度(色の明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)の組み合わせのことを言います。と言うと難しく聞こえますが気軽にお読みください。

ネイビー、グレー、ホワイトのレジメンタルストライプ。太いストライプはインパクトが強くなり過ぎる場合がありますが、このように彩度が低い(くすんだ)色同士の組み合わせであればシックな印象になります。明度(明るさ)の低いネイビーがアクセントになっています。彩度が近い色で揃え、1色だけ明度が大きく違う色を持ってくる、皆さんも実は普段から実践しているコーディネートではないでしょうか。

 

グレーとブルーのメダリオン柄です。これも彩度が低い色同士の組み合わせですね。
明度も極端な違いがないのでこのような色使いはボンヤリした印象になりがちです。上着・シャツ・ネクタイのうちどれか一つは柄物を使うのがコツです。メダリオンのようにインパクトの強い柄を使うと良いと思います。

 

鮮やかで華やかな印象のブルー地のドットタイです。
ネクタイとシャツの彩度に大きな差がある組み合わせですが、同系色だと合わせやすく、今回はブルー系でまとめているので涼しげです。彩度の高い(つまり派手な)色のネクタイを上手く使えるようになると上級者ですね!

 

「SARTORIA SPERANZA」のネクタイは全て1点ずつの在庫です。気になるものがある方は是非店頭でご覧ください。

 

SARTORIA SPERANZA 既製ネクタイ 9,000円(税抜)

 

 

7/11(水)、12(木)は連休をいただきます。
宜しくお願い致します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(Cutaway collar)

2018.07.09

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

S様にご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
襟の開きが大きいカッタウェイカラーはノーネクタイで第一ボタンを外しても自然な雰囲気なので、「ただネクタイを外しただけのクールビズ」と言う印象を受けません。

クールビズの時期は、何枚かのカッタウェイカラーシャツばかりをローテーションしている、と言うお客さまもいらっしゃいます。

 

シャツは約3週間で仕上がりますので、今オーダーすれば7月末頃から着られます。クールビズにも充分間に合いますよ。
もちろんネクタイ着用でも良いですし、秋冬にも着られますので、一枚持っておくと便利なカッタウェイ、いかがでしょう?

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

足を採寸するアプリ

2018.07.08

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

皆さんは足を採寸したこと(してもらったこと)はありますか?
私はメジャーを使ってお客さまの採寸をしますが、最近はスマホのアプリで測れるそうです。
なんて偉そうに言っている私も、アプリでの採寸は未体験。
と言うことで試してみました。

 

試したのは採寸システムとショッピングモールサイトが連携している某アプリ。採寸したデータを元に買い物ができるそうです。

裸足の画像に自分の足を重ね(私は靴下を履いています)、ピンクの枠の中にクレジットカードサイズのカードを置いて撮影します(サイズの基準とするため)。

撮影した画像の爪先と踵に合わせて、ピンクの矢印をスライドさせます。幅についても同様の作業が必要です。

長さと幅の数値が計測できました(小足でスミマセン^^;)

 

と言うことで、体験してみた感想です。

 

・長さと幅しか測れない。厚みや甲周りの寸法が分からなくて大丈夫?

・長さも幅も誤差が大きい。長さで言うと3~5mmの誤差があった。何度か測り直したが、カメラの角度の影響が大きそう。ただどれが正しい角度で撮れたものだか判断できない。

・「座って」「裸足で」測るようだが、靴を購入するデータは「立って」「靴下着用で」採寸することが必須だと思う(裸足で履く靴を買うなら採寸も裸足で良い)。

・撮影するだけでは長さや幅を自動検知できず、撮影後にも手間がかかるうえに精度も心配。

 

なんだか疑問や不満ばかりになってしまいましたが、気持ちとしては全否定ではありません。
私は現時点でこのデータをもとに買い物をするのは不安がありますが、技術が進歩し誰もが自分で採寸できる時代が来れば、皆さんが簡単に正しいサイズの靴を履くことができるようになるので、そんな未来が来ることを楽しみにしています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Double monk strap)

2018.07.07

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

S様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
チゼルトゥ(CS)木型のダブルモンクストラップを、グリーンの革でお作り致しました。

靴の修理職人であるS様とはもう15年ほど前からの付き合いで、今ではお互い独立し店を構えている、お客さまと言うより友人、友人と言うより同志のような関係です。だからここではS様ではなくS君と呼ばせてもらいます。

 

職人の彼のことだから、きっと自分で磨いたり色々とアレンジするんだろうなぁと思ったので、極力何もせずにお渡ししました。次にこの靴を見るときにどんな姿に育っているのか楽しみです。
こんな風にお客さまのことを思い浮かべながら仕上げの具合などを微妙に変えてみたりしています(希望がある方はご注文時にお伝えください)。

 

S君、いつもありがとう。
末永くご愛用ください。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店