フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2018年5月

ボタン付け

2018.05.23

06.オーダースーツ, 11.お手入れ

 

店主の郷間です。

 

愛用しているスーツの上着のボタンが取れかけていることに気が付きました。
ボタンは長年愛用していれば当然いつか取れますので早速対処しましょう。
こう言う時、皆さんはどうしますか?
奥さんにお願する?それともお直し屋さんに持っていく?
簡単な作業なので、自分で付け直してみてはいかがでしょう。

付け方が分からない人は、「スーツ ボタン 付け方」などで検索してみて下さい。
生地に厚みがありますので少しボタンが浮くよう、根巻き(糸足)を忘れずに!

 

付ける作業自体は難しくないのですが、年齢(44歳)の割には老眼が進んでいる私は、
針に糸を通す作業が厳しくなってきています(^^;
そろそろ糸通し器が必要かな…

 

手をかければかけるだけ愛着も増すというもの。
是非挑戦してみて下さい。

 

明日(5/24)はお休みをいただきます。
店は休みですがちょっと生地を物色に行って来ます。
良い出会いがありますように。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

就活スーツ

2018.05.22

13.出来事

店主の郷間です。

 

今日は同じ墨田区にある東京スカイツリーが開業6周年だそうです。
もっと前からあるような気がしていましたが、まだ6年なのですね。

 

昨日ネットニュースを見ていたら「就活スーツは必要?」と言う記事がありました。
と言うことで、今日は就活スーツ(リクルートスーツ)について考えてみます。

 

電車の車内などで、就活中の学生の姿を見かけることが多くなりました。
目印は黒いスーツです。ビジネスマンは黒いスーツを着ることはまず
ありませんので、ひとめで分かりますよね。

 

私が学生だった20余年前、就活用スーツと言えば紺でした。
グレーを着ている人もたくさんいました。
ニュース記事によると2000年ごろから黒一色になり、その理由は
就職氷河期に減点を恐れる横並び意識だとしています。
黒が一番フォーマル、と言う学生のコメントも紹介しています。

 

減点を恐れる気持ちは分からないでもありません。
そして、確かに黒はタキシードなどで使われるフォーマルな色です。
しかし、濃紺やチャコールグレーと言った色も、略礼装用のダークスーツとして
フォーマルな場での着用を認められている色です(略礼装=礼服が黒のみだと
思っているのは日本人だけですが、話が逸れるのでここでは省きます)。

 

そもそも、就活はフォーマルな場ではありません。
フォーマルな場であれば、面接官もフォーマルな服装でなければおかしいと思います。
仕事をするための活動なのですから、仕事をする場面で一般に許される服装であれば
良いのではないかと私は思います。
入社後も使えるスーツですので無駄もありません。
当店にご相談に来られるお客さまには濃紺かチャコールグレーをお薦めしています。

 

記事にはありませんが、就活スーツが黒一色になった原因は学生の側だけに
あるわけではなく、就職情報を提供する企業、そして採用する企業が
スーツのマナーを理解していないことがそもそもの原因だと思います。
社会人として仕事をしている人達が理解していないのですから、
学生が誤解するのも無理はありませんね。

 

就活スーツに関する考え方は徐々に「脱・黒一色」へ変化してきているようですが、
少なからず横並びの意識はあるでしょうし、それを評価する企業もあるでしょう。
私の考えをお読みいただいた上で、どんな服装で臨むかは自由です。
自分の決断には自分が責任を持つ、社会人になるための最初の試練かもしれません
(大げさですね💦)。
皆さんの健闘をお祈りします。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Adelaide)

2018.05.21

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

昨日はおかげさまで忙しく過ごさせていただきました。
バタバタした接客になってしまった部分もあり反省です。

 

さて、今日はH様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
デザインはベーシックなES木型の、通称アデレイドと呼ばれるデザイン。
羽根部分が竪琴のような形状になっているのが特徴です。
革は仏アノネイ社のフレンチカーフ(ボカルー)のダークブラウンです。
このくらい濃い色だと様々なスーツの色と合わせやすいですね。

足が細い(Cウィズ)ため、なかなか合う靴がなかったというH様。
喜んでいただけたようで何よりです。
履き込んでみた感想をまたお聞かせください!
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ピンズ(ラペルピン)で涼しげに

2018.05.20

09.小物

 

店主の郷間です。

 

昨日、英ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が行われました。
日本でも特番を組んでいる局がありましたのでご覧になった方も多いかと
思います。

 

私は仕事柄、チャールズ皇太子やヘンリー王子、その他の男性列席者の装いに
ついつい注目してしまうのですが、結婚式は女性が主役だと考えていますので、
ここで語るのはやめておきますね(^^;
でも皆さん素敵でした!

 

閑話休題、夏が近づくにつれ、堀口切子のピンズ(ラペルピン)の清涼効果
を感じています。本来は季節に関係なく使っていただけるものですが、
その季節によって違った印象を与えるような不思議な魅力があります。

4色展開ですが、私のお薦めはこのスキ(透明)です。
他の色はこちらでご覧ください。
プレゼントしても喜ばれると思います。

 

上着を脱いでネクタイを外すだけがクールビズじゃありません。
装いを楽しみながら涼しく見せる工夫をしてみてはいかがでしょう?

 

「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Wingtip oxford)

2018.05.19

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

浅草の三社祭も二日目です。
心配された天気も大きく崩れることは無さそうで良かったですね。
この週末は浅草に出かけてみてはいかがでしょう?

 

さて、Y様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
爪先が長めのチゼルトゥ木型を使った内羽根ウィングチップ。
何と言っても、この靴はグレーの革が特徴ですね。
派手では無いけどありふれてもいない、そんなバランスが格好良いです。

スニーカー通勤が推奨されるような時代ですから、良いほうに解釈すれば
ビジネスファッションの幅が広がったと考えることもできます。
黒か茶しか許されなかったビジネスシューズの世界ですが、
チャコールグレー、取り入れてみてはいかがでしょう?

 

ところで、この靴はお客さまのご要望で、レザーソールのつま先部分に
「ヴィンテージスチール」を装着致しました。

これを付けることでソールのすり減りを防止し、寿命を延ばすことができます。
ただ、歩くときに音が鳴ったり、アッパーとぶつけて深い傷が付く可能性があるなど、
デメリットもありますので、ご注文の際に相談致しましょう。
オプション料金は2,900円(税抜)、工場から仕上がってきた後に取り付けの作業を
行ないますので、納期は通常より1週間ほど多めにいただきます。

 

Y様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーネクタイの仕上り(小紋柄グリーン)

2018.05.18

08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

今日から三日間、浅草は三社祭です。
天気が心配ですね~好天を祈っています!

 

昨日は休みをいただき、堀口切子の工房へお邪魔して来ました。
当店で取り扱っているカフリンクスとピンズ(ラペルピン)を製作している工房です
(過去の記事はこちら
製作方法から堀口切子の未来の話まで、色々な話をきかせてもらい勉強になりました。
話に夢中になり過ぎて写真を撮り忘れました(^^;
堀口さん、またお邪魔します!

 

さて、T様よりご注文をいただいたオーダーネクタイとポケットチーフの仕上りです。
グレーのスーツに合わせたい、グリーンの小紋柄です。

街にはノーネクタイ姿が溢れる季節です。
締める機会が減ると共に、とりあえず数が必要なので安いネクタイをたくさん
買わなきゃ、と言う方は少なくなっているのではないでしょうか。
少数でも良いので気に入ったモノを永く使う、と言う考え方が広まるのであれば、
クールビズも捨てたものではないと思いますが…どうなんでしょうね。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
ポケットチーフ30cm×30cmまで 6,000円(税抜)

※ポケットチーフは単品でのオーダーはできません。ネクタイと同時に(同じ生地で)ご注文ください。

 

あ、そう言えばZOZOSUIT、届きました。
仕様変更になった時点で興味を失ってしまいましたが、せっかく届いたので
今夜にでもこれに着替えて夜の街をジョギングしたいと思います(^^;

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Side gore boots)

2018.05.16

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

N様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです
サイドゴアブーツのデザインですので、正確にはオーダーブーツですね(^^;

 

当店で用意しているサイドゴアブーツは足首が隠れる高さ(いわゆるショートブーツ)
なのですが、N様のご希望で高さをカットし、くるぶしが隠れる程度(アンクルブーツ、
ブーティ)に変更しています。
長年愛用されているブーツがそのようなデザインだったそうで、それを再現しました。
丈を短くすることで、ブーツですが通年使えるものになりましたね。

イタリアの某モードブランドのカットソーやジャケットを着てお仕事を
されているN様のスタイルにピッタリのロングノーズ(爪先が長め)なブーツ。
デザインもフィット感もとても気に入っていただきました。

 

N様、この度はありがとうございました。
今日おっしゃっていた修理の件も、いつでもご相談下さい。
末永いご愛用をお願い致します。

 

明日(5/17)は休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(白×茶ストライプ)

2018.05.15

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

 

K様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
既製品が合いにくい体型のK様、以前お作りしたシャツの具合が良かったようで、
リピートしていただきました。

最近、シャツに限らず、サイズでお困りの方のお問い合わせが増えています。

 

なかでも、大柄なので既製のネクタイが短すぎるんだけど…と言う
お問い合わせが何件かあり少し驚きです。
ネクタイのサイズに満足していない方って意外にいらっしゃるのですね。
標準的なネクタイの全長は145cmくらいですが、当店のオーダーネクタイは
最大160cmまでお作りできます(生地によってはさらに多少長くできる場合もあります)。

 

ファッションで最も重要なのはサイズ感。
せっかくの良い素材や作りも、体に合っていなければ台無しです。
サイズでお悩みの方、是非ご相談下さい。

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「すみだノート」コラムVol4.を更新しました

2018.05.14

03.メディア掲載

 

店主の郷間です。

 

今朝は所用があり浅草から鐘ヶ淵まで歩いて通勤したのですが、
いや~急に暑くなりましたね。

 

さて、墨田区の情報サイト「すみだノート」のコラムVol.4を更新しました。

 

 

今回はスーツの色と柄の話です。
新社会人など、初心者向けの内容ですが宜しければご覧ください。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

靴を磨くのは誰?(Who’s that polishing my shoes?)

2018.05.13

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

「いまの女は、亭主が出かけるときに靴を磨くなんて思ってもいないのかねぇ。」
-池波正太郎「男の作法」より引用-

 

彼がそう嘆いたのは、1980年のこと。
1972年に男女雇用機会均等法が施行され、女性の社会進出が進み共働きが当たり前に
なってきたころなので、亭主の靴を磨く余裕がなくなるのは自然の流れだったのでしょう。
当時57歳だった池波がその流れに付いていけなかったのも無理はありませんが…

 

それから30余年、今や男性が靴磨きに夢中になる時代になりました。
instagramの#靴磨きタグを見ると男性の靴磨き自慢で溢れています。
「趣味は靴磨きです」とか「妻の靴も私が磨いています」といった話も
良く耳にするようになりました。

 

当店は気に入ったモノを永く使う文化を広めたいと思っています。
永く使うためにはメンテナンスが重要です。
最近は靴磨きのプロも増えていますので、誰が磨くのかは個人の自由ですが、
靴に愛情を持っている人が磨くのが一番ですね。

 

靴磨きや、スーツやシャツのアイロンのかけ方など、メンテナンス全般について
興味のある方は、実演を交えてお教えしますので是非店頭でお尋ねください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店