フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2018年4月

本日のコーディネート

2018.04.30

04.コーディネート, 06.オーダースーツ, 07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

連休3日目、東京は昨日に続き夏日になりそうですね。

 

先日の記事で紹介したグリーンのジャケット、かなりの頻度で活躍中です。
グリーンと言っても抑えめの色なのでコーディネートしやすく重宝しています。
そして何と言ってもシワに強いのが良いですね。
Harrisons of EdinburghのSpringRam、「TRAVEL SUITING」と銘打っているのは
伊達ではありません。
6月に出張があるので上着はこれで確定!

トラウザーズは仏DORMEUIL(ドーメル)社のTONIK(トニック)と言うウール・モヘア混紡。
1957年に発売されたドーメルの代名詞的な生地ですが、約40年前に生産を終了しており、
この生地は某所で眠っていたものを偶然入手しました。
現在のモヘア混には無い肉厚な感触が何とも言えません(真夏はちょっと暑いです)。
もうこの生地の在庫はありませんが、まれにデッドストックのヴィンテージ生地が入荷している
場合もありますので、興味のある方はお尋ねください。

 

シャツはロンドンストライプのタブカラーシャツ。
衿の開きが少ない(狭い)レギュラー系の衿型がジワジワ人気です。

 

ネクタイはもうちょっと派手な柄物でも良かったかな、ベーシックなコーディネートでした。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

カフリンクス用のシャツ

2018.04.29

07.オーダーシャツ, 09.小物

 

店主の郷間です。

 

カフリンクス(カフスボタン)に挑戦してみたいと思っている方、
まずはカフリンクスに対応したシャツを用意する必要があります。

 

①ダブルカフ
カフ(cuff)とは袖口のこと。
袖口を折り返したものをダブルカフを言います。
カフリンクスを使うのであればダブルカフが王道ですね。
ビジネスでもokですし、華やかな印象があるので盛装にも適しています。
ボタンがありませんので、必ずカフリンクスが必要になります。
夏場に腕まくりされる方には不向きです。

 

②コンバーチブルカフ
折り返していない袖口をシングルカフと言いますが、その中でカフリンクスが
使えるものをコンバーチブルカフと言います。
コンバーチブル(convertible=変えられる)の名の通り、2通りの方法で袖口を
留められるようになっています。
つまりいつものようにボタンで留めることもできますし、袖口を拝み合わせて
カフリンクスを通すこともできる、と言うことです。

堀口切子のカフリンクスを通した状態です。

 

 

2種類の留め方ができるのは凄く便利なのですが、カフリンクスを通したときに
ボタンが見えてしまうのが難点です。陰になって目立たない場所ではありますけどね。
これを解消するために、ボタン無しでお作りすることもできますが、当たり前ですが
コンバーチブルでは無くなりますね(^^;

 

必ずカフリンクスを使うならやはりダブルカフスが本来の形だと思いますが、
初めての方は、まずコンバーチブルカフから試してみてはいかがでしょう?

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
「堀口切子」カフリンクス 25,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

ZOZOSUITがそろそろ…

2018.04.28

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

11月の記事で、ZOZOSUITと言うものを注文したと書きました。
注文が殺到したことで配送が遅れているという説明でしたが、一部の有名人を除いては
届いたという話を聞きません。
生産が追い付かないのなら生産できた分だけでも順次配送できるはずなので、
何か問題が起こったのかな?と誰しもが思っていたことでしょう。

 

そして本日、改良版ZOZOSUITが発表されました。
ボディスーツ全体に内蔵されているはずの伸縮性センサーがなくなり、
スマホのカメラで撮影する方式に大幅転換したようです(下の動画参照)。

全く別物になってしまいましたね…
TECHWAVEの記事はこちら

 

スマホで撮影して採寸する技術はかなり前から実用化されていますので
(例えばこちら)、それらより精度は向上しているのでしょうけど目新しさはありません。
着るだけで計測できると言う利便性も後退してしまいました。
改良と言うより、やはり伸縮性センサーに技術上?契約上?の問題があったのでしょうね…

 

届いたメールによると5月中旬頃に届くそうです。
斬新な技術を体感できると思ってワクワクしていたのですが、
これなら要らないかな…(^^;
夢のような未来はまだ先になりそうです。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(サックスブルー無地)

2018.04.27

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

昨日(4/26)は休みをいただきました。
今日、店に出勤して来たら扉のところにお菓子と名刺が。
以前同じ会社で仕事をしていた後輩が訪ねて来たようです。
違う仕事で資金を貯めながらアパレルブランドの立ち上げ準備をしている後輩。
もう3年くらい?会っていなかったので久しぶりにあって色々話したかったし、
店も見てもらいたかった。
店の休日も調べず事前連絡もなしで突然来てみたり、その点ではあまり成長が
みられないようだけど(^^; また上京の際には寄ってください。

 

さて、自分用のシャツが仕上がりました。
生地はサックスブルーの無地、衿もレギュラーカラーを選び、
白無地に次ぐ「定番中の定番」を作ってみました。

サックスブルー無地のシャツは、「白じゃ地味かな」「スーツが柄物だから
ストライプのシャツは合わせにくいな」などなど、迷った時に助けてくれる
強い味方です。

 

レギュラーカラーなので、カラーピンも使えるな~など想像を膨らませています。
さていつデビューさせようか…

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

5月の営業日について

2018.04.25

02.営業日について

 

店主の郷間です。

 

5月の営業日のお知らせです。
ゴールデンウィークって遠出されている方が多いのでしょうね、
お客さま少ないかなぁ…
やってみないとわからないので、とりあえず今年は一日(5/3)だけ
お休みをいただき、あとは営業します。

5/3は何しようかな、日帰り温泉でも行ってみようか、などとここ数日
ぼんやり考えていたのですが、いつも平日休みなのにわざわざ連休ど真ん中に
混んでいるところに出かける必要などないことに気づいたため自宅療養とします(^^;

 

それでは、5月も皆様のご来店を心よりお待ちしております!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

コバの補修

2018.04.24

10.靴修理, 11.お手入れ

 

店主の郷間です。

 

皆さん、コバって聞いたことはありますか?
漢字で書くと「木端」です。木の切れはし、と言う意味ですね。
革の世界では、断面が木の切れはしのように見えることから、
この部分をコバと呼んでいます。

 

一足の革靴の中には革の断面はいくつもありますが、その中でも特に
ソールの側面部分をコバと呼ぶことがほとんどです。

 

革靴を履いていると、段差などにつまづいてコバをぶつけてしまうことが
ありますよね(逆に言うと、コバが出っ張っていることでアッパーに
傷が付くのを防いでくれているわけですが)。
アッパーがいくらピカピカでも、コバの色が剥げていたら台無しです。

 

色が剥げた箇所はアッパーに使っている乳化性クリームでも補色できます。
ただ、乳化性クリームには顔料がほとんど含まれていないため、剥げた部分に
浸透はするのですが、上から色を乗せるような効果が薄いのです。
そのため、一時的には補色できますが長持ちしません。

 

私がコバの補修に使っているのはSAPHIRのレノベイティングカラー補修チューブ
しっかり色が乗るクリームですので、コバの補修に適しています。
キズ補修用なので、日ごろのアッパーのお手入れには使わないでくださいね。

 

さて自分の靴でビフォア・アフターをお見せしようかな、と思ったのですが、
全て綺麗に手入れされていたのでお見せできるものがありませんでした(^^;
と言うことで、店内に飾っている60年以上前のスキーブーツを綺麗にしてみます。

補修前。
スキー用ですから結構ぶつけていますね。
クリームをブラシにつけて伸ばして補修し、乾いたら布で磨くだけです。

補修後。
あっと言う間に綺麗になりました!

 

愛用している靴は綺麗に履き続けてくださいね。
ご希望の方は靴をお持ちいただければその場で無料で補修いたします。
是非ご相談下さい。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Punched Cap Toe Oxford)

2018.04.23

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

S様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
Punched Cap Toe(パンチドキャップトゥ)と呼ばれる、
ストレートチップの切り替え部分にパンチング(穴飾り)を入れたデザインです。
革は仏アノネイ社のボカルーです。

 

フォーマルなストレートチップに少しだけ華やかさを加えたこのデザインは、
シンプル過ぎず、カジュアル過ぎない雰囲気が日常のビジネスシーンに最適だと思います。

S様は非常に足が細く、既製品を選ぶときに長さで合わせると幅が緩く、
幅で合わせると指先が痛い、と言うお悩みがあったそうです。
長さも幅もちょうど良いこの靴に足を入れた瞬間に「いつもと全然違う!」と言う
お言葉をいただきました。この商売をしていて一番うれしい瞬間です。

 

S様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

既製ネクタイはじめました

2018.04.22

08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

最近まで暖房をつけていたのですが、今日はもう冷房中の店内です(^^;

 

浅草では今日(4/22)まで、エーラウンドと言う「革とモノづくりの祭典」が
開催されています(最終日にお知らせしても宣伝になりませんよねごめんなさい)。
私も昨日の出勤途中に立ち寄ったのですが、結構賑わってるな~と言う印象。
コツコツ回数を重ねてきた成果なのでしょうね。

 

さて、今日のお話。
アパレル業界ではよく言われていることですが、男性は必要になってから買い物に行く傾向が
あるのだそうです。暑いうちから秋冬の装いのことを考えるような人は、世間からは変人だと
思われているのでしょうね、私もその一人ですが(^^;

 

当店にも「●月×日に使いたいんだけど間に合う?」と言うようなお客さまがたまにご来店されます。
急ぎのご依頼に関しては職人と調整して可能な限り対応致しますが、限界があります。
そこで、すぐに買いたいと言うお客さまのために、ネクタイだけですが既製品を
置いてみることにしました。喜んでくれるお客さまが多ければ続けてみようと思います。

「SARTORIA SPERANZA」と言うブランドのもので、価格は全て9,000円(税抜)です。
とりあえず私が好きな色柄を並べられるだけ並べてみましたが、これ以外にもありますので
ご覧になりたい場合はお声がけください。

 

並べているうちに自分用に欲しくなってしまいました…
お客さまのために用意したのに自分で買ってどうするんだ、と思いつつ、
持っているスーツとの組み合わせを考えつつ、心の中で物色している私でした。

 

SARTORIA SPERANZA 既製ネクタイ 9,000円(税抜)

 

 

そうそう先日もお知らせしましたが、今夜23時の美の壺、是非ご覧ください。
当店取扱ブランドである「三代秀石」「堀口切子」の堀口徹氏が登場します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダージャケット+トラウザーズの店頭サンプル

2018.04.21

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

オーダージャケット+トラウザーズの店頭サンプルが仕上がりました。
仕様は以下の通りです。

 

●ジャケット
生地:Harrisons of Edinburgh「SpringRam」wool100% 355~375gms
仕立て:SILVER LINE

 

●トラウザーズ
生地:Harrisons of Edinburgh「MERSOLAIR」cotton100% 580gms
仕立て:SILVER LINE

SpringRam(スプリングラム)は、先日の記事でも紹介したように私の今シーズン一推し。
画像ではグレーっぽく見えますが、色調(トーン)を抑えたグリーンです。
左端に見えるスーツがチャコールグレーですので、違いが分かると思います。

 

数値で見ると春夏物にしてはヘヴィですが、実際に仕立ててみると想像より軽い着心地。
この手の生地にしては柔らかめなので、そのせいで軽く感じるのだと思います。
自分で一推しと言っておきながら「万人受けはしないだろうな~」と思っていましたが、
想像していたよりも多くの人に気に入ってもらえそうな生地だと確信しました。

 

トラウザーズに使ったMERSOLAIR(メルソレア)のコットン、これもまた良いです!
(以前紹介した記事はこちら
これほどもっちりとした触感のコットンはなかなかないと思います。
ただ、ヘヴィ(580gms)過ぎて真夏はちょっと厳しそうです(^^;
秋冬春の3シーズン向けですね。
MERSOLAIRのコットンは、重いものは580gms、軽いものは310gmsから展開しています。
と言うか310gmsは17色もありますのでこれが主力です。
夏も穿くならこちらをどうぞ!

 

 

店頭サンプルですが、私の着用分でもありますので着て帰ってしまって
いる場合もあります。
現物をご覧になりたい方は準備しておきますので事前にご連絡下さい。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

SMITH WOOLLENS「ORIGINAL SOLARO」「SEERSUCKER」

2018.04.20

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

先日の記事でも紹介したSMITH WOOLLENS(スミスウールンズ)の新入荷、
今回は残る2種類です。

①ORIGINAL SOLARO wool 100%
ソラーロ(別名サンクロス)と言う生地をご存知でしょうか。
ご覧のように、玉虫色の光沢を持った生地です。
独特の色気があるためイタリアンなイメージが強いのですが、
ORIGINALと謳うだけあり、SOLAROはSMITH WOOLLENSの登録商標なのです。

 

そこらへんの類似品とは異なり、色気だけではなくしっかりとした質感も
備えているのが良い生地の証。
夏はSOLAROのスーツにパナマ帽で南の島へ…最高ですね^^
茶色やベージュのスーツがokな職場であれば、もちろんビジネスにも使えます
(一番上のグリーンは難しいですかね)。

 

さて最後の生地は…

②SEERSUCKER cotton 100%
夏のカジュアル生地と言えばシアサッカー。
以前別ブランドのシアサッカーを紹介しました。
先日の目付は120gms(1㎡あたり120g)。シャツのように薄く軽い生地でした。
SMITH WOOLLENSのシアサッカーは240gms。
どちらを選ぶかは好みや予算次第ですが、ヘヴィなものに惹かれてしまうのは
私だけでしょうか…

 

以上、2回に分けてSMITH WOOLLENSの新着生地を紹介しました。
どれも魅力的ですので店頭でご覧ください。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店