フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2018年2月

春夏生地、続々入荷中です

2018.02.16

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

春夏生地が続々入荷中です。
この秋冬は、より当店らしい個性的な生地を増やしていますので、
私自身凄く楽しみにしています(早く自分用のサンプルを仕込まないと!)。

 

画像はその中の一つ、Harrisons of Edinburgh(ハリソンズオブエジンバラ)の
MERSOLAIR(メルソレア)です。

MERSOLAIRとは、海+太陽+空気を繋ぎ合わせた造語。
リゾートを思わせるその名に相応しい、リネン(麻)、コットン(綿)を中心とした
コレクションです。

リネンの目付(1mあたりの重量)は270gからヘヴィーな500gまで、
コットンは310gから、これまたヘヴィーな580gまで。
春夏用を想定もできますが、夏と冬の間に着る四十物(あいもの、つまり春秋用)
として仕立てるのも良いと思います。

凄いインパクト!
レガッタストライプと呼ばれる太い縦縞、ウール70%コットン30%です。
挑戦される方、募集中です。

 

他の春夏生地はまた次の機会に。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Vチップ)

2018.02.14

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

A様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
つま先部分にV字の切り替えがある、Vチップと呼ばれるデザインです。
木型はMD、革はアノネイのフレンチカーフ(ボカルー)のバーガンディ。

MD木型で作る場合、ラフな革を選んで完全なカジュアル仕様にすることもできますし、
今回のようにキメの細かい上質な革を使うことで、カジュアルになり過ぎないようにするのも良いと思います。
カジュアル服での通勤時や休日にこんな靴を履いているオトナの男、素敵です!

 

良い革は、お手入れをしながら履き込むことで、その良さが際立ってきます。
カッコよく履き込まれた状態で再会できることを願っています。
A様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

明日(2/15)はお休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「すみだノート」コラム連載開始!

2018.02.13

03.メディア掲載

 

店主の郷間です。

 

私は日々店頭でお客様とファッションに関する様々な話をしています。
デザインのこと、素材のこと、職人のことなどなど。
中でも、着こなしのマナーについては正しく理解していただきたく、
必要であれば詳しく説明するようにしています。

 

このような対面のコミュニケーションはもちろんこれからも続けて参りますが、
着こなしのマナーについてもっと多くの方々に知っていただくような活動はできないものか、
と常々思っていました。

 

そんな時に嬉しい出会いがあり、墨田区の情報サイト「すみだノート」に
コラムを書かせていただくことになりました。
タイトルは「男を上げるお洒落学」と言います。

 

 

1回目の記事はこちらをご覧ください。
月に1度のペースで更新する予定です。
お楽しみに!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

色が表現するもの

2018.02.12

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

昨日の記事で、コーデュロイのスリーピースのコーディネートを紹介しました。
大地や植物の色であるアースカラーが、カントリーを連想させる装いでした。
このように、色が何かを表現すると言うことが良くあります。

 

私は、休みの日に歌舞伎を観に行くのが楽しみなのですが、歌舞伎は衣装やメイクで
登場人物のキャラクターを表現しています。
つまり、出てきた瞬間にどんな役なのか分かるように様式化されているのです。
色はその中でも重要な要素です。

 

顔を真っ赤に塗った男役(赤っ面)は悪人です。
赤い振袖は恋するお姫様、浅葱色の着物は二枚目で正義の味方などなど、
色のルールを覚えるだけでも格段に観やすくなります。

 

なぜこんなことを思い出したかと言うと、歌舞伎では萌黄色の着物を着ているのは田舎娘なのです。
私の昨日のカントリースタイルでは、ネクタイを緑色にしました。
古今東西、緑色=カントリー(田舎)なんですね。

 

色をテーマに世の中を見渡してみると、新しい発見があるかもしれませんね。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

今日のコーディネート

2018.02.11

04.コーディネート

 

店主の郷間です。

 

今日は暖かいですね~行楽日和!
私も今日はアウトドアっぽく、コーデュロイのスリーピースです。

オリーブ色のコーデュロイに合わせるのは、ブラウンのギンガムチェックシャツ、
グリーンのネクタイ。
全てアースカラー(大地や植物の色)ですので元々相性は良いのですが、
近い色調(明るさと鮮やかさ)のものを合わせると綺麗にまとまります。

 

3連休なのにどこへも行きませんが(^^;
今日はこんなカントリースタイルで店におります。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(サイドレース)

2018.02.10

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

G様にご注文いただいたオーダーシューズの仕上りです。
紐の位置が甲の外側にある、サイドレースと言うデザインです。
既製品ではあまりに見かけないデザインですので隠れた人気があります。

少し変わったデザインにシャープなCS木型、ワイン色の革と言う
華やかな組み合わせですね。
経営者でいらっしゃるG様。こんな靴を履きこなす社長さん、素敵だと思います。

 

G様、この度はありがとうございました。
修理等、またいつでもご相談下さい。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

蔵書

2018.02.09

01.当店について

 

店主の郷間です。

 

明日から世の中は3連休なんですね。
当店は昨日がお休みでしたので、今日が週始め。
連休中のご来店をお待ちしております!

 

じわじわを増加し続ける店内の蔵書の一部。
いくつになっても収集癖が治まる気配がありません(^^;
まだ置きたい本が自宅にたくさんあるのに…

どれも読み応えのある良書です。
現在では入手困難なものもありますので、興味がある方は是非店頭で!
引き続き、図書館目指して頑張ります。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(モディファイドラスト)

2018.02.07

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

A様よりご注文をいただいたオーダーシューズの紹介です。
MD(モディファイド)と言う木型(ラスト)を使ったプレーントゥです。

 

絞り込まれた甲周りでしっかりと足を支え、指の辺りは広めにすることで
快適なフィット感を実現しています。
アメリカのALDENもモディファイドラストを採用していることで有名ですね。

革はロウ引きキップのブラック。
少しムラ感のある鈍い光沢が良い雰囲気です。

 

他の木型より幅が広いモディファイドラストは、当店では通常カジュアル向けの靴に
お薦めしていますが、A様の足は細身のDウィズですので、ビジネスにもカジュアルにも
活躍する1足になったのではないでしょうか。

 

A様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

カラーピン(カラーバー)

2018.02.05

09.小物

 

店主の郷間です。

 

1/171/20にブレイシーズを紹介した、ADJUSTABLE COSTUME
今回はカラーピンの紹介です。

 

シャツの衿に付けるアクセサリーなのですが、
使ったことがない人が多いと思いますので画像で説明しますね。

色はシルバーとゴールド。素材は真鍮です。

実際にはネクタイを締めてからピンを付けますが、分かりやすいようにピンだけ
付けています。

ネクタイを締めた状態です。

 

衿が綺麗にまとまっていますね。
衿先が上着の外に出てしまうようなこともありません。
あと、ネクタイのノット(結び目)を持ちあげてくれますので立体感が出ます
(スーツスタイルにおいて胸周辺の立体感は重要な要素です)。

 

ワイド系のカラーだとピンが届きませんので、レギュラー系でしか使えませんので
ご注意ください。
あと、カラーステイ(衿に入っている芯)が入っていると衿が曲がりませんので、
カラーピンを付ける場合は抜いたほうが綺麗にまとまります。

 

これ一つでクラシック度がアップする小物です。
価格もお手頃ですので是非お試しください!

 

ADJUSTABLE COSTUME カラーピン 1,500円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

榎本武揚像

2018.02.04

12.鐘ヶ淵について

 

店主の郷間です。

 

今日は気持ちの良い天気だったので、浅草から鐘ヶ淵まで歩いて通勤です。
のんびり歩いて45分くらいでしょうか。

 

その道すがらに、こんな銅像が建っています。

榎本武揚像。
戊辰戦争で旧幕府の海軍を率い、新政府軍に最後まで抵抗した人ですね。
そのため反政府のイメージが強いと思うのですが、実は特赦により出獄してからは、
逓信・文部・外務・農商務の大臣を務め、新しい日本の発展に尽くした人でもあります。

 

その榎本は、墨田区向島に屋敷を構え、近くにある木母寺を良く訪れていたため、
当時木母寺のあったこの場所に銅像が建っています(木母寺は移転して近くに現存します)。

 

幕末ファンの方、当店を訪れたついでに榎本武揚像、木母寺、そして同じく榎本が
愛した向島百花園を散策してみてはいかがでしょうか。
銅像の場所はこちらをご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店