フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2018年1月

オーダーシューズの仕上り(カントリーブーツ)

2018.01.31

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

先日の記事で紹介したノーフォークジャケットをご注文されたM様、
同時にカントリーブーツも納品させていただきました。

こだわりをお持ちのM様、熟考の末、型押しとロウ引きのコンビをご選択。
当店では工場から納品された後に私が磨きを加えておりますが、
M様のようにプレケア(履きおろし前のお手入れ)をご自分でなさりたい方には
そのままお渡ししています。

 

比較的クリームが入りやすい革ですので、濃いめのクリームで少しずつ
色を濃くしていくのも楽しそうですね。
もっとハードな印象にしたければ、靴紐を太いものにしても良いと思います。

 

サイズもピッタリとのことで、喜んでいただけて何よりです。
ジャケットとセットでガシガシご着用ください!
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

靴磨き(GRENSON フルブローグ)

2018.01.29

11.お手入れ

 

店主の郷間です。

 

1/27(土)に、靴磨き日本選手権なる大会が開催されました。
以前一緒に仕事をしていた伊藤渉君が出場していたこともあり、
私も接客の合間を縫ってニコニコ動画の生中継でチラチラ観戦しました。

 

いつもと違う道具やクリームを使うなど参加した方々にとって難しいことも
あったと思いますが、このようなイベントをきっかけにシューケアに興味を
持つ人が増えたら良いですね。

 

これに刺激されたわけではありませんが、お客様からお預かりした靴を磨きました。
英国の老舗、グレンソンのフルブローグ(穴飾りの入ったウィングチップ)です。
かなり年数が経っていますが、綺麗に履かれていて気持ちが良いです。

お客さまのご要望にもよりますが、私は通常、あまりピカピカにし過ぎないようにしています。
爪先とカカトあたりに鈍い光沢を出して、他の箇所との光沢のギャップが大きくなり過ぎない
ことを意識して磨きます。
人それぞれに好みの仕上りがあるのも靴磨きの面白いところです。

 

光らせたい人、靴を長持ちさせたい人、雨でシミができてしまった人、
シューケアについて分からないことがあれば、店頭で実演しながら目的別にお教え致します。
皆さまのご来店、お待ちしております。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

暮しの手帖

2018.01.28

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

皆さんは「暮しの手帖」と言う雑誌を読んだことはありますか?
前身の「スタイルブック」から数えると70年以上の歴史ある雑誌です。
暮しをテーマにした女性向けの雑誌ですので、男性はあまり読んだことが
無いかもしれませんね。

 

かつて、暮しの手帖の名物記事と言えば「商品テスト」でした。
各社の商品(電化製品など)をテストし、その長所・短所をストレートに論評する企画です。
巷では商品の良いところばかりを取り上げる記事ばかりでしたので、
子供の頃(30数年前)初めてこの記事を目にしたときは少しドキドキした
ことを覚えています。
以来、図書館で暮しの手帖を探しては商品テストの記事を読んだものです
(ちょっと変わった子供だったかもしれません)。

 

編集方針が変わり商品テストは2007年に中止され、以降、私がこの雑誌を手にとる
機会もなくなりました。

 

ところが先日、instagramでフォローしている方が暮しの手帖の画像を
アップしているのを見かけました。50年以上に発売されたものです。
何とそこに、「男の靴をテストする」と言う記事があるではありませんか。
これは何としても読んでみたい!

 

と言うことで、さっそくネットオークションで購入。
1964年(昭和39年)冬号です。

「このごろ靴店にならんでいる靴は、どうして、こんなにすぐ
だめになるのだろうか。」

 

1964年と言えば、高度成長期の真っただ中。
それ以前の革靴は、町の靴屋さんに職人がいて、誂えるのが普通でした。
高度成長期に靴作りは大量生産にシフトしていきます。
そんな状況を敏感に感じ取った面白い企画です。

 

35人の男性が、2足の靴を交互に一年間履き続ける、壮大なテスト(^^;
今なら実現しないでしょうね。

 

詳しい内容をご覧になりたい方は是非当店でご覧ください。
ご来店をお待ちしております。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダージャケットの仕上り(ノーフォークJK)

2018.01.27

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

M様よりご注文をいただいたオーダージャケットの紹介です。
オフに着用するノーフォークジャケットをご希望でした。

 

ノーフォークジャケットとは、ハンティング(狩猟)をはじめ、
乗馬やゴルフなどの際に着用する、スポーツタイプの上着です。
主に3つボタンで、上衿部分についたチンストラップ、肩の可動域を
広げるためのアクションプリーツ、パッチポケット(外付けのポケット)
などが特徴です。

 

こだわりのあるM様と、事前に綿密なディテールの打ち合わせ。
お互いに楽しい時間です。
生地は、当店ではハリスツイードより人気のあるJohnstons of Elgin の
Heritage Tweed、目付は700g。
デザインと素材の相性もよくお分かりですね。

 

さてお待ちいただくこと数週間、こんな感じに仕上がりました。

ボタンは革のくるみボタン、ポケットはプリーツ入りのフタ付き。
う~ん、良い仕上がりです。
M様自前の革手袋が効いています!

 

通常、上着の一番下のボタンは留めませんが、
ノーフォークに関しては防寒のためか留めて着ることも多いのです
(下の画像参照)。

何も言わなくても試着時にボタンを留めたM様、恐るべしです(^^;

 

ああ後姿を撮らせてもらうの忘れた…
いつかまた、このジャケットを着て遊びにいらして下さいm(__)m
この度はご注文をいただきありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダージャケット 35,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

春夏生地の入荷が始まりました

2018.01.26

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

春夏生地の入荷が徐々に始まっています。
全て揃うにはあと1ヵ月くらいかかると思いますが、既に面白い生地が
入荷しています。
今シーズンから仕入先も増やし、より私の好みを反映した品揃えに
なりそうです。

 

今日はその中の一つ、ウール×モヘア(アンゴラ山羊の毛)の生地の話です。
シャリシャリした触感で肌にまとわりつく感じがないため、春夏に適しています
(打ち込みが強い、つまり目が詰まった生地であれば通年着られます)。
ハリがあるため立体感が綺麗で、トラウザーズのクリース(折り目)もクッキリ出る、
魅力的な生地です。光沢もモヘア混の特徴の一つですね。

 

近年、スーツの生地は「肌触りが滑らかなもの=高級」のイメージばかりが強くなり、
モヘア混のようなシャリっとした生地は敬遠されがちなようです。

 

良い生地の定義は一つではありません。
細い糸を使い肌触りが滑らかで、柔らかい生地も良いでしょう。
ハリ・コシが強く仕立てた時に美しい、シワになりにくいものも良い生地です。

 

どちらかと言えば私の好みは後者ですので、モヘア混、お薦めします。
当店のお客様ならきっと分かっていただけるはず!

 

今回入荷した生地の中に、生地屋さんデッドストックの生地があります。
DORMEUIL(ドーメル)、Taylor&Lodge(テーラー&ロッヂ)、
DELFINO(デルフィノ)などの生地がリーズナブルな価格で提供可能です。
モヘア混の生地もあります。

在庫分のみになりますので、気になる方はお早めにどうぞ。
私も自分用のスーツを作ろうと考え始めたら妄想が止まらなくなりました(^^;

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 19,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(ロンドンストライプ カッタウェイ)

2018.01.24

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

S様にご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
生地はロンドンストライプ(2色が同じ幅のストライプ)、衿はカッタウェイカラーです。

カッタウェイカラーはボタンダウンと並んでノーネクタイでも使いやすいので、
クールビズや休日用としても活躍してくれると思います。

 

おかげさまで当店も少しずつリピーター様が増えてきています。
S様も今回で2回目のシャツオーダーで、前回の採寸に問題がなかったので
そのままのサイズでお作り致しました。
もちろん改善点がある方は次回に反映させますのでお申し付けください。

 

オーダーシャツの価格の件でお知らせがあります。
8,900円でオーダーできる生地が品切れ・廃番になりました。
現在、もっともリーズナブルな生地は10,000円になります。
宜しくお願い致します。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

積雪

2018.01.23

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

昨日(1/22)の東京は久しぶりに積雪がありました。
当店も18時に閉店させていただきましたが、その後私が利用している
東武スカイツリーラインも倒木のため遅延が起こっていたようで、
なんとか巻き込まれずに帰宅することができました。

昨夜の自宅(台東区)の屋上です。
積雪は10cmくらいですかね。

 

東京では雪が降るたびに交通機関が麻痺し、雪への対策が不十分だと
言われますが、滅多に降らない雪のために多額の費用をかけて対策をとるのも
難しいのでしょうね。
自分でできること(ノーマルタイヤの車は絶対に運転しない、滑りやすい靴は
履かないなど)を実践するしかありませんね。

 

私は雪が降るたびに、以前住んでいた山形のことを思い出します。
やはり例年より積もっているようですね。
そのうち遊びに行きたいなぁ。
行くならやっぱり冬かな。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

雪のため18時閉店です

2018.01.22

02.営業日について

 

店主の郷間です。

 

天気予報通り、当店のある東京都墨田区も雪が積もってきました。
いつ電車が止まるか分かりませんので、本日は18時閉店とさせていただきます。

 

明日(1/23)は予定通り12時に開店致します。
宜しくお願い致します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

雪の日にお薦めのソール

2018.01.22

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

今日は東京でも小粒の雪が舞っています。

 

雪の日に紹介しても手遅れですが、当店のオーダーシューズで選択できる、
こんな日にお薦めのソールがあります。
最近仕上がったI様のオーダーシューズにそのソールが使われていましたので
紹介します。

このソールは、靴メーカーの宮城興業が山形大学と共同開発した、
「オリジナルタフソール」と言います。
防滑効果が高く雪国などで人気の高いソールです。

 

雪国の冬に特化したスパイクソールや、ガラス繊維入りのソールの靴も
市場にはありますが、その靴は冬しか履くことができないのがネックです。
しかし、オリジナルタフソールは季節に関係なく履くことできます。
そのため、雪国でなくても「一般的なラバーソールより滑りにくい」ソールを
お探しの方にはお薦めです。

 

などと書いている間に、どんどん大粒の雪に変わってきました。
皆様、帰宅時の足元にはくれぐれもお気をつけください。
当店は今のところ通常通り20時まで営業しますが、電車が止まったら困るなぁ…

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダーシャツの仕上り(クレリック)

2018.01.21

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

S様にご注文をいただいたオーダーシャツの紹介です。
いわゆるクレリックシャツです。
クレリックシャツとは、身頃(ボディ)に色無地か柄の生地を使い、
衿と袖口だけ白無地にしたものを言います。

 

身頃部分は、サックスブルー、ピンク、レッドなど様々な色が考えられますが、
今回のご注文のようにサックスブルーが王道でしょう。

クレリックシャツは英国的で洗練された、かつ華やかな印象がありますので、
結婚式やパーティーなどのおめでたい場からビジネスまでマッチします。
今回は衿をラウンドカラーにしたことで、より華やかな雰囲気ですね。

 

ノーネクタイで着用している人をたまに見かけますが、ドレス度の高い
シャツですのでノーネクタイは避けるべきだと私は思います。

 

S様、この度はありがとうございました。
末永くご愛用ください。

 

オーダーシャツ 8,900円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店