フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

2017年11月

12月の営業日について

2017.11.29

02.営業日について

 

店主の郷間です。

 

12月の営業日カレンダーです。
一部変則的な営業時間がありますのでご注意ください。

 

師走ですので急な予定変更もあるかもしれません。
変更がある場合はあらためてお知らせ致します。

当店は店主が一人で運営しておりますので、
接客中は他のお客さまへの対応ができません。
ご来店の際には事前にご連絡をいただきますようお願い致します。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

革靴キズ補修の仕上り

2017.11.28

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

当店は「良いモノを永く使う」お手伝いをする店です。
そのため、靴やスーツのお直しにもできる限り対応しています。

 

本日は、Y様よりご依頼いただいたキズ補修です。
つまづいてキズを付けてしまったとのこと。

銀面(革の表面層)が削れて、中の床面が見えてしまっていますね…
以前の記事にも書きましたが、床面が見えてしまうようなキズは
クリームで補色してもデコボコは埋まりませんのでキズ自体は残ってしまいます。
そこで、キズを埋める補修をします。

 

と言うことで、補修後の画像です。

どうでしょう?
キズがあったことを忘れてしまうような仕上がりではないでしょうか。
これでまたローテーションに復帰できそうですね。
Y様、引き続き末永いご愛用をお願い致します。

 

大切にしている靴にキズを付けてしまった方、あきらめる前に是非ご相談下さい。
お直しは直す箇所や程度を確認するため、一旦お預かりしてから
修理の可否や金額をお出しする場合がありますのでご了承ください。
革靴の底の張替え(オールソール)などはすぐに判断可能です。

 

本日(11/28)は外出のため16時までの営業とさせていただきます。
宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

靴専門誌「POINTURE」

2017.11.27

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

フランス土産でいただいた靴専門誌「POINTURE」(ポワンチュール)。
先日紹介した日本の「LAST」と並び、世界でも珍しい靴専門誌のひとつです。

靴好きなら写真だけ見ても楽しいのですが、フランス語だけではなく
英語も併記されているので、頑張れば文章も少しは意味が分かります、たぶん。

 

ネットで簡単に情報が手に入る時代ですが、10数年前はこれらの雑誌が
貴重な情報源でした(POINTUREは当時、TREPOINTESトレポワントと言う
誌名でした)。
出版不況で雑誌を取り巻く環境は年々厳しくなっていると思いますが、
私にとっては思い出の雑誌ですから、これからも存続してもらいたいものです。

 

読んでみたいと言う方、数年前までは輸入代行をしてくれるオンライン書店が
あり、定期購読ができたのですが、いまはそのようなサービスは無いようです。
洋書屋さんには置いてあるかもしれません。
何冊かは当店にありますので、興味がある方は遊びにいらして下さい。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

オーダージャケットの仕上り(チェックツイード)

2017.11.26

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

これからの季節にピッタリな、H様のオーダージャケットが仕上がりました。
ご注文時にはウールにモヘア混のスーツでご来店されたH様、スーツ上級者ですね。
今回はお仕事用ではなく、カジュアルで着用できるツイードジャケットを、
とのご希望でした。

 

選んだ生地はJohnstons of Elgin の Heritage Tweed、目付は550g
(ジョンストンズのツイードは以前の記事でも紹介しました)。
仕立てはSILVER LINEです。

 

大柄なチェックは派手になりがちですが、ヘリテージツイードの渋い色味は
何の違和感もなく仕上がりますね。
ラペルの立体感。良いですね~!

 

画像のように白シャツ、(チェックの柄から色を拾って)エンジのネクタイも
合いますし、オックスフォードやデニムのボタンダウンシャツにノーネクタイ
でも良いと思います。
ツイードは色々な色が混じっていることが多いので、ネクタイを選ぶときは
その中の1色と合わせればほぼ失敗しない、と言う便利な素材です。
ただ、光沢の強いネクタイだと浮いてしまいますのでご注意ください。

 

冬本番はこれからです。
ちょうど良いタイミングで仕上がりましたので、いっぱいご着用ください。
H様、この度はありがとうございました。

 

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダーシャツ 8,900円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ZOZOSUIT

2017.11.24

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

11/22に、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイが
ZOZOSUITを発表しました。

 

ZOZOSUITとはセンサー付きのボディスーツのことで、着用してスマホに
接続するだけで、体の寸法が分かるそうです。
送料200円だけで配布するそうなので、早速ZOZOのアカウントを作り注文しました。
忘年会などで使える全身タイツにもなるので、200円なら買い!です(^^;

 

セブンアンドアイが3Dスキャナを期間限定で導入するというニュースが2年前。
その後順調に拡大しているのか、詳しいことは分かりませんが、
実店舗からネットへのシフトを加速させるほどの効果は出ていないように思います。
わざわざ店舗に測りに行くという行為が障害になっているのでしょうか。
そもそもヨーカドーやそごうの客層が高齢だと言うこともあるでしょうね。

 

そこに現れたこのZOZOSUIT、店舗に測りに行く必要がなく、たった200円。
そしてZOZOユーザは普段からスマホで買い物をする世代。
これは大きな変化が起こるかもしれませんね…

 

私は、メジャーを使ってお客様の体を計測し、靴やスーツを提供することを
生業(なりわい)としています。
私が考えるジャストフィットな数値に、シルエットが綺麗に見えることと、
お客様の好みを加味してアレンジし、最適な仕上がりを目指しています。
採寸値通りに作ることがお客様にとって必ずしも良いわけではありません。
ZOZOSUITの採寸データを元に注文する場合、ユーザの好みなどはどのように
反映されるのでしょうか?
S・M・Lのような大雑把なサイズを選ぶだけなら大した影響はないのかも知れませんが…

ZOZOSUITが届いたらまた感想を書きたいと思います。
実店舗を苦しめることになるであろうこのツール、私にとっては不安が半分、
ワクワク感が半分と言う感じです。
さて、どうなるでしょうか。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーネクタイの仕上り(ネイビー小紋柄)

2017.11.22

08.オーダーネクタイ

 

店主の郷間です。

 

K様からご注文いただいたオーダーネクタイの紹介です。
ネクタイもやはり一番人気はネイビー。
中でも小紋柄はスーツやシャツが無地でもストライプでも合わせやすく、
持っておいて損はない、と言うか必ず持っておきたい1本だと思います。

適度に光沢があり、青みの強いネイビー。
濃い目のネイビーより活動的なイメージです。
取引先へのプレゼンの場などで着用してみてはいかがでしょう?
その日の仕事の内容や会う相手を考えながらコーディネートを考えるのも
楽しいものです。

 

K様この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

もう一つお知らせです。
私が12年お世話になった革靴メーカー・宮城興業が、
東武池袋のやまがた物産展に出展中です。
お時間のある方は覗いてみてください。
私が大好きなケンチャンラーメンも食べられます!

 

明日(11/23)は外出のため店舗は営業しておりません。
営業日はこちらでご確認ください。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ネイビーフランネルダブルジャケット

2017.11.20

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

一気に真冬の寒さになりましたね。
冬の装いと言えば、先日紹介したツイードと並んで人気のあるフランネル素材。
同じ起毛素材でもツイードより品があり、ビジネスに適しています。

 

そんなフランネルで仕立てたダブルジャケットです。

暖かさとソフトな肌触り、見た目の高級感が病みつきになります。

 

ダブルの上着と言うとバブル時代のルーズフィットのイメージを持っている方も
いるようですが、ジャストフィットなサイジングであれば印象は大きく変わりますので、
もっと普通に着て欲しいと思っています。
ダブル入門編としても、ベーシックなネイビーフランネルのジャケットは、
ギラギラした印象もなくお薦めです!

 

オーダージャケット
SILVER LINE 35,000円(税抜)~
GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

今週は外出が多く店を閉めていることが多いのでご注意ください。
営業日はこちらでご確認いただけます。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

酉の市

2017.11.19

13.出来事

 

店主の郷間です。

 

昨日(11/18)の閉店後、鷲神社の酉の市に行きました。
酉の市とは毎年11月の酉の日に行われる行事です。
起源は日本武尊やら日蓮やら諸説あるのようですので省略しますが、
現代では主に商売繁盛・家内安全などを祈って熊手を買いに行く行事として知られています。
行ったことは無くてもニュースで見たことがある方は多いでしょうかね。

 

商売人のための行事と言うイメージがあって、昨年まで企業に属していた
私には行きたくても行けない場所でした。
いや、本当は誰でも行けるんですけどね。

 

そんな私が今年自分の店をオープンし、憧れの酉の市に参加する資格を得ました。
本当は誰でも行けるんですけど。

招き猫、ダルマなどなど、数十店舗ある出店ごとに熊手のデザインが異なるので、
本気で選ぶとかなり時間がかかります…

 

初年度は小さいものを選び、毎年少しずつ大きくして行くと良いと言う
アドバイスをもらいながら、あるデザインに決めました。
ご利益が逃げちゃいそうなので非公開です(^^;
店のどこかに置いています。

 

来年は今年より少し大きい熊手が買えますように。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

糸切鋏(いときりばさみ)

2017.11.18

01.当店について

 

店主の郷間です。

 

スーツには縫製の際に布がずれないよう、しつけ糸というものが付いています。
ポケットやヴェントのところが白い糸で縫われているのを見たことがあるでしょうか。
お客様に納品する前にこの糸は取っておきます。

 

当店でしつけ糸を切るときに使っている糸切鋏は、私が靴の仕事をしていた時の
後輩の靴職人たちに開店祝いとしてプレゼントされたものです。

菊和弘の握り鋏。
東京都伝統工芸士の大河原享幸氏の作。

 

さすが靴職人、良い刃物を知っていますね。
握って刃が擦れ合う感触だけで出来の良さが伝わってきます。
もちろん切れ味も最高です。

刃物の輝きを見ていると吸いこまれそうになります(写真でうまく表現できませんね…)。
革靴の光沢にも負けないくらい魅力的です。

 

当店が提供する革靴、スーツ、シャツ、ネクタイは全て日本製です。
安価な輸入品に押されて縮小している日本のモノづくりですが、
良い技術は残していかなければならないと私は思っています。
日本のモノづくりを応援するのが、この店の使命の一つだと思っています。

 

この糸切鋏を使って日本の技術を感じるたびに、その使命を思い出し、
身が引き締まる思いがします。
O君、N君、素敵な開店祝いをありがとう。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ビジネスで使えるツイードジャケット

2017.11.17

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

皆さんはツイードジャケットを持っていますか?
ツイードは厚みがあり起毛していますので粗野(褒め言葉です)なイメージが強く、
狩猟用ジャケットなどに使われてきた経緯もあり、
「ビジネスにはちょっと…」と言う方も多いかもしれません。

 

でも、色・柄の選び方でその用途は広がります。
今日はグレーのハリスツイードで仕立てたジャケットの紹介です。

このような無地のグレーであれば、ビジネスでも使えますよね
(もちろん職種などにもよりますが)。
あとはビジネスならネイビーも良いですね。

 

このジャケットは腰のポケットがアウトポケット(外側に貼り付けたポケット)になっていますが、
これはカジュアル寄りの仕様ですので、一般的なスーツのようにセットインポケットにすれば、
よりビジネス向けの雰囲気になります。

 

トラウザーズはチャコールグレー、ブラック、ネイビー、ブラウンなどなど様々な色のものが
使えます。休日に着るならジーンズにカントリーブーツですかね。

 

ツイードの魅力は見た目の生地感だけではありません。
着こむと少しづつ柔らかくなる着心地、風雨にさらされると目が詰まってきて
防風性が増す感じ、永く着てこそ分かる感覚があります。
皆さんも一着、一生着られるようなツイードジャケットを仕立てませんか?

 

オーダージャケット 35,000円(税抜)~
オーダーシャツ 8,900円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店