フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

06.オーダースーツ

オーダージャケットの仕上り(Corduroy Jacket)

2018.11.21

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

I様よりご注文をいただいたオーダージャケットの仕上りです。
素材は英Brisbane Moss(ブリスベン・モス)のコーデュロイ「3101X」
目付470gmsのヘヴィなコーデュロイです。

胸ポケット、腰ポケット共にアウトポケットに致しました。コーデュロイの素材感から考えると、カジュアルなアウトポケットにするのはセオリー通りですね。
画像では白シャツにネクタイを締めていますが、ノーネクタイでカジュアルシャツ(デニムやネル素材など)を合わせてももちろんokです。

 

先日、とあるバッグブランドのデザイナーさんも「これだけヘヴィでコシがあり畝(うね)がしっかりしているコーデュロイが作れるのは今ではブリスベン・モスだけ」だと言っていました。私もその通りだと思います。

 

今からのご注文だとおそらく仕上がりは年を越してしまうと思いますが、3月いっぱい着ると思えばまだ遅くはないと思います。
どうやら今年はコーデュロイが注目、なんて話もありますが、着込むことで馴染んでくる感覚を味わえる素材ですので、流行など無視して楽しみましょう(^^;

 

I様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

常磐色に染めた靴、その後

2018.11.19

05.オーダーシューズ, 06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

昨日はたくさんのお客様にご来店をいただきました。ありがとうございます。
と言うことでブログはお休みさせていただきました。

 

さて、8月20日の記事で紹介した、オーダーシューズを当店オリジナルカラー「常磐(ときわ)」で染めた自分用の靴ですが、最近かなり活躍してくれています。

トラウザーズ(パンツ)は、10月1日の記事で紹介したブリスベン・モス社の「3101X」。

 

カントリーシューズに由来する外羽根のウィングチップ(品番ES-11)を常磐色に染めていますので、コーデュロイと相性が悪いはずがありません。
他にもベージュのコットンパンツを履くときには必需品になっています。

 

まだ3か月しか履いていないので色の変化はあまり見られませんが、時を経て茶色がかってきたら更に味わいが増しそうです。
だったらはじめからもう少し茶色っぽい色で染めれば良いのでは?と言われそうですが、履き込んで汚れた色合いのほうが恰好良いと思うのです。革靴は履いて完成するモノです!

 

折をみてまた経年変化の様子を紹介します。お楽しみに!

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
ハンドペイントオプション 7,000円(税抜)

 

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(Peaked lapel suit)

2018.11.14

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

F様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上がりです。
生地は伊カノニコ社の定番、PERENNIAL Super 110’s。夏以外の3シーズンに適した(真冬はちょっと寒い?)、目付260gms。
この生地の良さは、何と言ってもブラウンとグレーの中間といった感じの絶妙な色味ではないでしょうか。ブラウン系の生地はカジュアルな印象を与えがちですが、とても品のある仕上がりになりました。

このスーツのもう一つの特徴は、ピークドラペルであること。

赤で囲った部分が、鋭角で上を向いているものをピークドラペル(peaked lapel)と言います。一般的なビジネススーツに使われるノッチドラペル(notched lapel)よりもフォーマル度が高い仕様です。
このスーツがカジュアルに見えないのは、ピークドラペルであることと、ラペル巾がクラシックな9.5cmであることも大きな要因です。

 

参考までに、ノッチドラペルはこんな感じです。

ラペルの形状と巾は、スーツの印象は大きく左右する大切な部分です。
お客様のお好みだけではなく、着用するシーンなどをお聞きしたうえでアドバイス致します。

 

F様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

グレーフランネル

2018.11.06

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

昨日、O様よりフランネルのスーツのご注文をいただきました。
フランネルと言えば、グレーのチョークストライプ。チョークで描いたようなぼやけたラインですので派手になり過ぎず、普段ストライプのスーツを着ないO様も抵抗なく着ていただけるのではないかと思います。

伊カノニコ社の「WOOLLEN FLANNEL」は、ウールン(紡毛。短い羊毛に撚りをかけてつくった糸)を使った本来のフランネルでありながら、現代の日本では充分なヘヴィ過ぎない目付(340gms)に落とし込んでおり、こだわりと実用性のバランスが良い生地だと思います。

 

カノニコではありませんが、グレーのチョークストライプを私が着用した画像が9月16日の記事にありますので、宜しければそちらもご覧ください。

 

O様、この度はありがとうございました。
仕上がりを楽しみにお待ちください。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

●CANONICO「WOOLLEN FLANNEL」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

ハウンドトゥース

2018.11.04

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

皆さんは「ハウンドトゥース」と言う柄をご存知でしょうか。
猟犬の歯に似ていることからその名が付けられました。
画像をお見せしたほうが早いですね。

なんだ千鳥格子じゃないか、と言う方、正解です。
沢山の鳥が飛んでいる姿にも見えるので、日本では千鳥格子と言う名で知られています。
日本語の名前が付いているので日本で生まれた柄だと思っている方も多いようですが、起源はスコットランドです。
一枚目の画像のように全面がハウンドトゥースのものもありますし、グレンチェックに部分的に使われていたりもします(画像二枚目)。

画像の生地は、英HOLLAND & SHERRY の「CITY OF LONDON Vintage Suiting」から抜粋しました。7月22日の記事でも紹介している生地です。
伝統的な柄にマッチする、420gmsの重厚な質感は、本来の秋冬スーツの王道です。

 

柄が細かいので派手に見えず、スーツ、ジャケット、コートなどに幅広く使われているハウンドトゥース、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
HOLLAND & SHERRY以外にも様々な生地がありますので、店頭でご確認下さい。

 

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

 

●HOLLAND & SHERRY「CITY OF LONDON Vintage Suiting」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 108,000円(税抜)~
・GOLD LINE 147,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(Navy 3 piece)

2018.10.22

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

自分用のオーダースーツの仕上がりです。
一見オーソドックスなネイビーのスリーピースですが、実は面白い生地で作っています。

 

今回使った生地は、8月6日の記事で紹介した伊カノニコ社の「COVERT(カヴァート)」。
本来はカヴァートコートと言う狩猟用のコート用の生地です。


上着は6つボタンのダブルブレステッド、腰のポケットはスラント(斜め)ポケットにチェンジポケットを追加し、英国調にしています。
トラウザーズはできるだけシンプルに、ワンタック、お尻のポケットは無し、ベルトループも無し(ブレイシーズ=サスペンダーを使用するので必要ありません)です。画像にはありませんが、裾はダブル(折り返し幅4.5cm)です。
そのうち、着用した画像もアップしたいと思います。

上着の合わせがダブルなのでちょっとベストが見えにくいですが、チラッと見えますね。
アップにすると、生地の質感が感じられると思います。
斜めに走る綾目がデニムっぽいな、と感じた方もいるかもしれませんね。中らずといえども遠からず、です。デニムよりハリがありシワになりにくく、非常に目の詰まったウールですので防寒性・防風性が高い、と言う感じですね。デニムと違って、一般的な職場でも許容されるスーツだと思います。
この秋冬ガンガン着倒して、どんな経年変化が出るか楽しみな素材です。
これだけ面白い生地を手頃な価格で実現できるのは、カノニコならではかもしれせん。

 

以前の記事でも「早い時期に生地屋さんの在庫がなくなってしまう予感」と書きましたが、私の予感通りほとんどの色の在庫があっという間になくなり、急いで生地屋さんが追加発注しているようです。現在、色によっては入荷待ちの状況ですので、これからオーダーする方は少しお時間をいただきます(注文可能な色もありますので、店頭でご確認下さい)。

 

スーツだけではなく、ジャケット単品、トラウザーズ単品でオーダーしても活躍してくれるカヴァート、おそらく再入荷分も早めに無くなると思います。ご注文はお早めに!

 

 

●CANONICO「COVERT」の場合●
オーダースーツ
・SILVER LINE 80,000円(税抜)~
・GOLD LINE 123,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 54,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ
・SILVER LINE 37,000円(税抜)~
・GOLD LINE 52,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

本気のツイード

2018.10.21

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

いよいよ本格的に秋らしくなって参りました。
服飾の業界では、男性は必要になってから買い物に来る(つまり女性より動きが遅い)と言われています。当店の場合はご注文をいただいてから製作に入りますので、着用する5~6週間前にはご来店いただく必要があります。
急ぎのご依頼についてはできるだけ応えたいと思っていますが、「来週末の結婚式に呼ばれていて…」はさすがに厳しいので(^^;、余裕を持ってご来店ください。ボウタイ(蝶ネクタイ)とカフリンクスなら既製品がありますのでご用意可能です。
成人式用のスーツであれば、11月中旬までにご注文されることをお勧め致します。

 

さて、最近お問い合わせが増えてきたJohnstons of Elgin の Heritage Tweedです。
グリーン系とブラウン系のチェック柄、つまり本来の用途であるハンティングジャケットなどに使用するようないわゆるカントリーツイードです。ファッショナブル(流行の先端)と言う言葉は当てはまりませんね。
当店では他ブランドのもっとポップな色のツイードもご注文可能ですが、この「本気のツイード」に惹かれるお客さまが多いような気がします。

 

2枚目の画像は、2017年10月25日の記事でも紹介した、私が昨年自分用に作ったジャケットです。
トラウザーズ(パンツ)はエンジ色のコーデュロイを合わせていますが、グリーンやブラウンも良さそうです。グレーやネイビーを合わせれば少し都会的になるでしょう。上品で光沢のある素材と合わせるのは避けるのが、失敗しないコツです。
ウォームビズの流れの中で、このくらいの服装であればokな職場も増えているのではないでしょうか。

 

まだツイードを着るには早いと思いますが、今ご注文をいただいて、仕上がるころにはちょうど良い季節になっているはずです。
ご検討中の方、お早めにどうぞ。

 

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~

 

 

●Johnstons of Elgin 「Heritage Tweed」の場合●

オーダースーツ
・SILVER LINE 108,000円(税抜)~
・GOLD LINE 147,000円(税抜)~

オーダージャケット
・SILVER LINE 69,000円(税抜)~
・GOLD LINE 106,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダースーツの仕上がり(Navy 2-piece)

2018.10.09

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

H様よりご注文をいただいたオーダースーツの仕上りです。
生地は伊カノニコ社のSuper120’s 2PLY PLAINの濃紺無地、目付は240gmsで、春夏秋のスリーシーズン着られます。
あるイベントに会社の代表として参加されるとのことで、ベーシックな紺無地を選択されました。

ビジネスマンなら1着は持っておきたい濃紺無地スーツのお手本のような仕上がりになりました。
華やかな場をイメージしてシルバーのネクタイ(ペイズリー柄)を合わせてみましたが、カメラマンが下手なので分かりづらいですね(^^;
もちろん、日常のビジネスシーンでも主力のスーツとして活躍してくれると思います。

 

H様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用と、イベントの成功を願っております。

 

オーダースーツ
・SILVER LINE 49,000円(税抜)~
・GOLD LINE 92,000円(税抜)~
オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~
「堀口切子」ラペルピン 15,000円(税抜)

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

FOX BROTHERS 講演会

2018.10.05

06.オーダースーツ, 13.出来事

 

店主の郷間です。

 

10/3(水)に、服地メーカーFOX BROTHERS のダグラス・コルドー社長の講演があったので行ってきました。
以前FOX BROTHERS の代名詞であるフランネルの紹介をした記事はこちら
FOX社の製品の素晴らしさについては私なりに理解しているつもりですが、作り手がどんな方なのかを見てみたかったのです。

 

私が革靴メーカーにいたころ、自分たちが作った靴をたくさん売ってくれるところは、作り手とのコミュニケーションを積極的に取っていると感じていました。
生産背景をしっかりと理解した上での接客をするのはとても大切な事だと思うのですが、意外に出来ていない店が多いような気がしています。

 

今回の講演では、創業(1772年)の翌年には同社の看板製品であるフランネルの生産をした記録が残っていた事、顧客だったケーリー・グラントやチャーチルそしてデヴィット・ボウイのこと、過去の経営危機、FOXへの想いなど、色々な話を聞くことができました。

余談ですが、日本のモノづくりについて質問されたダグラス社長から「特に日本の靴作りは素晴らしいと思っており、いま1足オーダーしています」と言う言葉を聞いた時には嬉しかったですね〜。おそらく数十万円のフルオーダーだと思いますが、当店のオーダーシューズのコストパフォーマンスの高さも感じてもらいたいものです。

 

より一層FOX社の製品への理解が深まり、作り手の気持ちをお客様に伝えられる店でありたいという自分の気持ちを再確認できた講演会でもありました。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

Brisbane Moss のコーデュロイ入荷!

2018.10.01

06.オーダースーツ

 

店主の郷間です。

 

皆様、台風の被害はいかがでしたでしょうか。
私の自宅や店舗は何事もありませんでしたが、昨夜の風の音は今までに聞いたことも無いくらい大きなものでした。
被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。

 

さて、Brisbane Moss(ブリスベン・モス) のコーデュロイが入荷致しました。
Brisbane Moss と言えば、先日の記事でも紹介した、上質なコットン素材に定評がある英国の老舗です。
そんな中でも私が特に好きなのがコーデュロイです。

 

コーデュロイでオーダーできるショップはあまり多くありません。何故なら「売れないから」です。まぁビジネススタイルとしては無しでしょうから、当然だと思います。
当店は止めてくれる人がいませんので、私が良いと思えば取り扱います(^^;

 

当店で取り扱うコーデュロイは2種類あります。

 

①Quality T1
12 Wale 、つまり1インチ(2.54cm)に12本の畝(ウネ)のある細畝コーデュロイです。
コットン100%、目付は315gms、全18色です。
打ち込み(織りの密度)の高さと、柔軟性をバランスが良く実現しています。打ち込みが強いとハリ・コシがあり、畝も潰れにくくなりますので、良いコーデュロイかどうかを見分ける基準になります。

 

②Quality 3101X
8 Wale の太畝コーデュロイ。
コットン100%、目付は470gms、全21色。
かなりの重さと硬さです。しっかりした着心地と、高い保温性、そして馴染ませていく楽しさは他のコーデュロイでは味わえませんが、マニア向けであることは否定しません(^^;
生地屋さんによると、もうこれだけヘヴィなコーデュロイを作っているのはココだけではないか、との事。需要は減っているのでしょうけど作り続けて欲しいものです。

アップの画像です。
左がT1、右が3010X。

 

「Quality 3010X」で作った私のスリーピースです。ハリ・コシのある生地なので、立体的で仕立て映えがします。

ジャケットやトラウザーズを単品で作るも良し、スーツ上下も良し。
ビジネスカジュアルや休日用にいかがでしょう?

 

 

Brisbane Moss「Quality T1」「Quality 3010X」
オーダースーツ
・SILVER LINE 92,000円(税抜)~
・GOLD LINE 136,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 62,000円(税抜)~
・GOLD LINE 99,000円(税抜)~
オーダートラウザーズ 43,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店