フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

13.出来事

針と糸と老眼と

2019.05.31

13.出来事

店主の郷間です。

 

先日、取れそうになった上着のボタンを付け直しました。
老眼が始まった45歳にとっては、針に糸を通すのが年々難しくなってきています(^^;
それほどマメに使うわけでもないのに糸通し器を買うのもな…と思い、結局こんな針を使っています。

針

100円ショップでも売っていますのでご存知の方も多いと思います。
根元の二股に割れているところに糸をあて、下に引っ張るだけ。
初めて使いましたがこれは楽ですね~普通の針にはもう戻れません。
40代以上の皆様、お試しください!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

高校生の新定番?

2019.05.25

13.出来事

店主の郷間です。

 

イラストレーターで制服研究者の森伸之さんが、「令和」の時代の制服を予想するイラストを描いた、と言う記事を読みました。
面白いのは、スカートの代わりに「キルト」を取り入れて男子も穿けるようにし、トラウザーズ(スラックス、パンツ)を女子が選べるようにしたこと。幅広いファッションの嗜好や、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)のことも考慮した、今の時代らしい提案ですね。

 

もし本当にスコットランドの民族衣装であるキルトが制服に採用されたら、足元はどうなるのでしょう?
イラストではタッセルローファーが描かれていますが、どうせならギリーシューズを合わせたいですよね!
ギリーシューズって何?と言う方、こんな靴、見たことありませんか?

ギリーシューズ

当店のオーダーシューズにはギリーシューズが無いので、この2足は私物です。
左は英国のCHEANY(チーニー)、右は日本のPerfetto(ペルフェット)。
ギリーは、右のようにベロが無いのが本来の姿ですが、いま売っているものはベロ有りのものが多いようです。

 

意外なデザインが定番になるかも?と言う話でした。
30歳若かったら、キルトにギリーシューズの高校に行きたかったなぁ。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

三社祭

2019.05.18

13.出来事

店主の郷間です。

 

浅草では昨日から三社祭が始まっています。

三社祭

街中のところどころに提灯が飾られています。

 

私は独立前に浅草で5年半くらい勤務していましたし、今でも毎日通勤で経由しますが、この日が近づくにつれて街全体がソワソワしてくるような雰囲気は独特のものがあり良いものです。
例年、金・土・日の3日間のスケジュールで開催されますが、金曜日はもちろん、木曜の午後くらいから休む会社も多いようですから、この街の三社祭にかける意気込みが分かろうというものですね(^^;

 

今週末の予定が決まっていない方は浅草へどうぞ!

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

作業服

2019.05.08

13.出来事

店主の郷間です。

 

今日は仕上がった靴を磨いたりハンドペイントしたり、作業に専念する一日です。
染料や有機溶剤を使うので、作業中はこの作業服を着用しています。

作業服

今まで数々の作業服を着てきた私ですが(^^;)、これが一番ピッタリで快適です。
気持ちも引き締まり、仕上がりにも良い影響があると思っています。やはり着るモノって大事ですね。

 

さてさて、明日は休みですので今日はできるだけ進めないと。

 

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

紳士靴完全バイブル

2019.05.06

13.出来事

店主の郷間です。

 

ここ20年ほどの間に、紳士靴に関する書籍やムックが数え切れないほど発行されました。
私も最初のうちはほどんど読んでいたと思いますが、数が多過ぎ、内容が薄いものも増えたので、最近はほとんど読まなくなってしまいました。
5月1日の記事でも紹介した「LAST」くらいですかね、ずっと読んでいるのは。

 

そんな中、また新しい書籍が発売されることを知り、購入することにしました。
紳士靴完全バイブル」(上田哲司監修・ナツメ社)と言う本です。
なぜかと言うと、知人が3人載っているから(^^;
それも、パタンナー(型紙職人)、製甲師(アッパーを縫う職人)、カラリスト(革を染める職人)の3人。
ビスポーク(フルーオーダーメイド)の靴を作っている職人はよくメディアでもみかけますが、先の3人のような職人たちを取り上げることはあまりありません。

紳士靴完全バイブル 上田哲司

と言う理由で購入したこの本ですが、久しぶりに皆さんにお薦めできる良著だと思います。
靴のブランドから製造工程、足に合う靴の探し方、ドレスコード、そしてお手入れまでバランス良く網羅しています。
カタログ的な本が多い中、革靴製造業の現状にまで触れている本はなかなか無いのではないでしょうか。
革靴はファッションでもあり、歩くための道具でもあると言うこと。作り手の苦労。永く履く方法。
私がお客さまに伝えたいことにとても近い内容だと思いました。

 

興味のある方はぜひ読んでみて下さい。
店内の本棚にも置いておきます。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「LAST」第16号

2019.05.01

13.出来事

店主の郷間です。

 

今日から令和元年ですね。
私はテレビも点けずにボーっとしていて、時計を見たら令和になっていました(^^;

 

さて、革靴専門誌「LAST」の第16号を購入しました。
16号とありますがこれはリニューアルしてからのカウントなので、通巻どのくらいになるのでしょうか…

LAST第16号 革靴 雑誌

まだペラペラめくっただけですが、つい手が止まってしまったのがサンローランのブーツ。

LAST サンローラン ブーツ スクエアトウ

20年くらい前のスクエアトウの雰囲気ではありませんか!懐かしい~
記事には「70年代を連想させる」とありますので、私より年上の方が書いているのでしょうね。
70年代、90年代、そして10年代と、20年周期で流行しているのも面白いです(10年代はまだ流行っていませんけどね)。

 

私は流行に流されないスタイルが好きなのでモード系のブランドを身に付けることがありませんが、新しいモノが出てくるのはワクワクします。
さて、スクエアトウは復権するのでしょうか?

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

トルコタイル柄っぽい〇〇

2019.04.13

13.出来事

店主の郷間です。

 

4/11(木)は休みだったので歌舞伎座の「四月大歌舞伎昼の部」へ行き今年米寿を迎える坂田藤十郎さんからパワーをいただいた後、国立新美術館の「トルコ至宝展」へ。
先日ご来店されたお客さまから教えていただいた展覧会です。

トルコ至宝展

宝飾品がメインでしたが、ついついシルクの織物にばかり目が行ってしまうのは職業病ですね(^^;

 

織物以外で気になったのが、トルコタイル。
公式サイトに画像がありました。
トルコタイル柄
皆さんもきっと見覚えがありますよね。
こう言う柄、好きだなぁと思いながら見ていると、トルコタイル柄っぽいシャツを持っていることを思い出しました。
結構前から好きだったんですね(^^;

オーダーシャツ

なんだか急にトルコに行きたくなってしまい、その足でトルコ料理屋に吸い込まれた休日でした…

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

「すみだノート春号」配布中

2019.04.10

13.出来事

店主の郷間です。

 

寒いですね~
私のような仕事は、2月から春物商戦に入りますので、それ以降は冬物は着ないと言う不文律?があります。少なくとも3月に入ったらツイードやコーデュロイやフランネルは着ないほうが良いよ、と業界の先輩から言われたこともあります。
分かるんですけど…分かるんですけど…寒いんですよね(^^;
と言うことで4月に入った今日も、思いっきり冬物で店におります。

 

さて、墨田区の情報サイト「すみだノート」が発行するフリーペーパー「すみだノート春号」を店頭で配布しています。

すみだノート 2019 春

墨田区散策に便利なカフェ特集です。
宜しければお持ちください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

ザク=コンチネンタルスタイル?

2019.04.08

13.出来事

店主の郷間です。

 

先日、NHKの「ガンダム誕生秘話」と言う番組の再放送を観ました。
1974年生まれの私は80年代前半のガンプラ(ガンダムのプラモデル)ブームを小学校低学年でギリギリ体験できた世代です。
マニアと言うほどではない私にとっては知らない話だらけで面白い番組でしたが、特に今の私に興味深い話が一つあったのです。

 

メカニックデザインを担当した大河原邦男さん曰く、「ザクはコンチネンタルタイプの背広をイメージした」のだそうです。
調べてみると大河原氏、アニメ業界の前には服飾の仕事をしていたとか!

 

1950~60年代に流行したコンチネンタルスタイル。
広い肩幅に丸みのある肩、絞られたウェストなどが特徴ですが、確かに言われてみれば…

ガンダム誕生秘話 ザク コンチネンタル スーツ 背広

皆さんはどう思いますか?

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

隅田川の桜

2019.03.25

13.出来事

店主の郷間です。

 

隅田川の桜はどのくらい咲いたかな~と言うことで、今日は浅草から鐘ヶ淵まで歩いて通勤です。
画像は隅田公園(台東リバーサイドスポーツセンターの隣)の様子です。4~5分咲きくらいでしょうかね。
明後日の夜に仲間達と花見をする予定なので、それまでにもっと咲きますように。

隅田公園 桜

徒歩40~50分の散歩通勤、今の季節は最高です!
暑くなるまでは積極的に歩いてみようかな…とか思ってみたりする運動嫌いな私です。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店