フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

07.オーダーシャツ

オーダーシャツの仕上り(Indigo blue)

2018.09.28

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

昨日はシューケア(靴のお手入れ)の勉強会(講習会)に参加してきました。今までに何度もこのような会には参加しているので知っていることも多いのですが、参加するたびに新しい発見があるので出来るだけ参加するようにしています。
参加者も靴職人さん、ブランドショップのスタッフさんなど様々で、終了後の懇親会でも色々な出逢いがありました(下戸なのに長居してついつい午前様^^;)。

 

さて、自分用に作ったオーダーシャツが仕上がりました。
インディゴブルーの生地を、カジュアルになり過ぎないようベーシックなシャツの仕様で作ってみました。衿型はスチュアートレギュラーと言い、レギュラーカラーとワイドカラーの中間くらいの感じです。

世間のビジネススタイルは徐々にカジュアル化していますが、カッコよくドレスダウンしている人、少なくありませんか?
いつものスーツにいつものシャツで、ネクタイを外しただけ。寒くなったらその上にダウンジャケットを着て…う~ん(-_-;)
実は、ビジネスカジュアルにはコツがあるのです。

 

例えば、ブラウンのツイードジャケットに、今回作ったインディゴブルーのシャツ。ジャケットとシャツの色を含んだレジメンタルストライプのネクタイなんていかがでしょう?ネクタイはニット素材でも良いですね。

ビジネススタイルをカジュアルに変えたい時に、上着を着なかったり、ネクタイを外したり、シャツをニットに変えたりするのは、それなりの経験がないと上手くいきません。まずはジャケット、シャツ、ネクタイと言う構成は崩さずに素材だけを変えてみることをお勧めします。
素材以外にも、シャツの衿型をボタンダウンにしたり、胸のポケットを付けたりすることでよりカジュアルになりますが、ビジネスシャツそのままのデザインで素材だけカジュアルなものに変える、と言うのがビジネスカジュアルで失敗しないコツです。

 

今回のシャツ生地はインディゴ染料で染めていますので、洗濯のたびに色落ちします(中性洗剤を使い、白いものとは別に洗ってください)。色落ちしにくいインディゴ「風」の記事は以前紹介していますのでこちらもご覧ください。

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
オーダージャケット
・SILVER LINE 35,000円(税抜)~
・GOLD LINE 72,000円(税抜)~
オーダーネクタイ 14,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(striped regular collar)

2018.09.24

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

本日(9/24)は中秋の名月(旧暦の8/15)ですね。
団子とすすきを備えて月見をする人は今やほとんどいないかも知れませんが、帰り道に夜空を見上げて、月が出ているかどうかだけでも確認してみてはいかがでしょう?行事を通して季節の移り変わりを感じることって大事だな、と思うのは私が歳を取った証拠かもしれません(^^;

 

さて、K様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
茶と白のやや太めのストライプ、衿型はレギュラーです。衿の開きが少ないレギュラーカラーの人気がジワジワ上昇中ですね。

これより太いストライプだと派手になり過ぎるので、このくらいの太さがビジネススタイルとしては「ギリギリセーフ」ではないでしょうか。
装いとは不思議なもので、ほんの僅かな違いなのに「ギリギリセーフ」は個性的でセンスが良いとされ、「ギリギリアウト」は失礼で悪趣味だと評されます。

 

判断基準にはTPO(時・場所・場合)など様々な要素があり、いつでも誰でも一定と言うわけではありません。
どこまでが「ギリギリセーフ」なのかを一緒に考えながらオーダーするのも楽しいかもしれませんね。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

新着シャツ生地

2018.09.22

07.オーダーシャツ

店主の郷間です。

 

東京は三連休の初日なのにあいにくの雨模様ですね…

 

さて、オーダーシャツ用の生地が追加になりました。
先日の記事では、先月末に入荷したシャツ生地のうちカジュアル系を中心に紹介しましたが、今回の入荷分はビジネス・ドレス系のシャツに良いモノが多そうです(が、綿ネルなどカジュアル系も入ってますので店頭でご確認下さい)。

無地、織柄のストライプ、チェックなど。
ビジネススタイルにチェック柄のシャツを取り入れる場合、格子の大きさや線の太さに注意をしないとカジュアルになり過ぎてしまう心配がありますが、画像の中心あたりにあるグラフチェック(方眼紙の柄のようなチェック)は、コーディネートの邪魔にならない(柄物のネクタイともケンカしない)便利なチェックです。チェック柄に抵抗がある方も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

シャツの生地は年に10回くらい追加になりますので、定期的に見にいらして下さい。

オーダーシャツの仕上り(rolled regular collar)

2018.09.19

07.オーダーシャツ, 09.小物

 

店主の郷間です。

 

先日の記事でも紹介した野上様(ANCHOR MILLS ショップマネージャー)のオーダーシャツが仕上がり、受け取りに来られました。
衿型はクラシックなロールドレギュラー。カフスはダブルをお選びいただきました。ご自分の好みをよく分かっていらっしゃいます。

スリムな野上様は既製のシャツが合いにくい体型ですので、オーダーするメリットが大きいと思います。私も同じ悩みを持っているのですが、オーダーに慣れてしまうともう既製品は着られません。

 

このシャツに合わせて、ADJUSTABLE COSTUME のカラーピン(カラーバー)もお買い求めいただきました。
う~ん、さすがのコーディネートですね。

野上様、この度はありがとうございました。
今度は私がお店にお邪魔しますね。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~
ADJUSTABLE COSTUME カラーピン 1,500円(税抜)

 

明日(9/20)は休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(Button down)

2018.09.03

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

昨日書き忘れたのですが、9月2日は「靴の日」だと言われています。9と2でクツ、と言う分かりやすい語呂合わせですが、この記念日は銀座のダイアナと言う靴屋さんの社長さんによって1992年に定められたものです。実は「ダイアナの靴の日」と言う名称であることはあまり知られていません。

 

では、他に「靴の日」はあるのでしょうか?それは、3月15日です。日本初の西洋靴工場(伊勢勝造靴場)が1870年のこの日に創設されたことに由来し、日本靴連盟が1932年に定めました。こちらは正式名称も「靴の日」です。

 

こんなことを知っても何の得もないのですが(^^;、昨日SNSを見ていたら、9月2日は靴の日と言うコメントをよく見かけたので誤解を解かねば、と言うわけです。

 

さて、Y様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
Y様はカジュアルな服装でお仕事をされているため、デザインはボタンダウンシャツ、素材はこのデザインの王道であるオックスフォードをお選びいただきました。カジュアルな質感と耐久性が特徴です。

色違いで2枚お作りしました。
気に入ったモノを色違いで揃える。そんな潔さがカッコ良いですね。
修理しながらボロボロになるまで着て、ダメになったらまた同じモノを買う。
そんな生き方のお手伝いができる店でありたいと思います。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

新着シャツ生地

2018.08.31

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

オーダーシャツ用の新しい生地が到着しました。
ドレスからカジュアルまで幅広く入荷しましたが、今回は少しカジュアルめの生地を紹介します。

上段の3つはタッターソールチェック。白地と2色のラインから成るチェック柄のことをタッターソールチェックと言います。18世紀に英国で初めて競走馬を売買する市場を創設した、リチャード・タッターソール(Richard Tattersall)の名前がその起源だと言われています。
馬にかける毛布などに使われてきた柄であることから、ツイード、コーディロイなど狩猟やスポーツ用に使われてきた素材のジャケットとの相性が非常に良いのです。

 

コーデュロイのスリーピースにタッターソールチェックのシャツを合わせた画像です。このシャツは今回紹介した生地と全く同じものではありませんが、同じタッターソールチェックですので参考になるかと思います。

 

下段の2つはインディゴ風の生地。「風」ですのでインディゴ染めではありません。あえて一般的な反応染めと言う染色をしていますので、インディゴ染めより色落ちや変色(黄変)しにくいのが特徴です(色が落ちにくいのでアタリは出にくいです)。ジャケットなどに合わせて綺麗めに着たい方は、この生地のほうが永く着られると思いますよ。
色落ちを楽しみたい方は、インディゴ染めの生地も用意がございます。

 

他にも色々なシャツ生地が入荷しています。
是非店頭でご確認下さい。

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシャツの仕上り(綿麻混紡)

2018.08.10

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

自分用に注文したオーダーシャツの仕上りです。
夏向けのシャツが欲しいけど、麻100%は持っているしカジュアル寄りのコーディネートに限定されるし…と言うことで、サックスブルーの綿67%麻33%混紡です。
ビジネススタイルにも違和感なく、麻のシャリっとした感触も備えた、バランスの良い素材です。

 

いつもと少し趣向を変えてラウンドカラーにしてみました。クローゼットに1枚か2枚、ラウンドカラーのシャツがあると選択肢が広がって便利ですよね。

麻特有のムラ感も程よく入っており、見た目にも涼しげです。
この生地の色柄違いで何枚か作りたいな、と思わせる素材です(無地4色、ロンドンストライプ3色あります)。

 

シャツは仕上りまで3週間ほどお時間をいただきます。
夏用シャツを注文するにはちょっとギリギリのタイミングですね。
来年、検討する際に思い出して下さいm(__)m

 

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

CHANELのディスプレイ

2018.07.31

07.オーダーシャツ, 13.出来事

 

店主の郷間です。

 

セールのシーズンも終り、ブランドショップのディスプレイが秋冬物に切り替わっていますね。
流行をあまり気にしない私も、ついつい足を止めて見入ってしまいます。

反射していて少々見づらいですが、先日銀座に行ったときに見かけたシャネルのディスプレイです。

 

茶や赤の暖色系、ツイード素材、ミリタリースタイルと言った感じでしょうか。
フムフム、季節感が強くて私好みですよ!

 

ここ数年、「クラシック」がトレンドになっています。それは非常に矛盾したことですし、クラシックと言う言葉が流行として消費されることに抵抗がないわけではありませんが、古き佳き素材やデザインを知るきっかけになれば、と思っています。

CHANELを見て頭に浮かんだ生地、HOLLAND & SHERRY の「SHERRY TWEED」。
入荷していますのでまた後日あらためて紹介します。

 

街のディスプレイが変わり、当店にも生地の入荷が始まり、頭の中はすっかり秋冬。
あとは涼しくなるのを待つばかりなのですが、それはもう少し先になりそうですね…

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

オーダーシャツの仕上り(Button down)

2018.07.21

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

I様よりご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
ノーネクタイの時に着るのに適したボタンダウンシャツを生地違いで3枚、まとめてご注文をいただきました。

最近、職場に替えのシャツを置いておき、汗をかいたら仕事中に着替えるので、今までよりもシャツの数が必要になっているという話をよく聞きます。
これだけ暑いとそうしたくもなりますよね。

 

今年は早い時期から暑い日が続いているせいで、気分的にはもうお盆明けくらいの感覚なのですが、実はまだ7月です(^^;
あと2ヵ月以上は暑いと思いますので、シャツの追加をご検討中の方、是非ご相談下さい!

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

そんなタイミングで昨日、秋冬のスーツ生地第一弾の入荷が始まりました。
各社の生地が出揃ってから自分用のサンプルを検討しようと思っていたのですが、いきなり私好みの生地が届いてしまい、先走りたい気持ちを抑えるのに必死です。
価格を設定し次第ブログで紹介し、受注を開始致しますので少々お待ちください!

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

 

オーダーシャツの仕上り(Cutaway collar)

2018.07.09

07.オーダーシャツ

 

店主の郷間です。

 

S様にご注文をいただいたオーダーシャツの仕上りです。
襟の開きが大きいカッタウェイカラーはノーネクタイで第一ボタンを外しても自然な雰囲気なので、「ただネクタイを外しただけのクールビズ」と言う印象を受けません。

クールビズの時期は、何枚かのカッタウェイカラーシャツばかりをローテーションしている、と言うお客さまもいらっしゃいます。

 

シャツは約3週間で仕上がりますので、今オーダーすれば7月末頃から着られます。クールビズにも充分間に合いますよ。
もちろんネクタイ着用でも良いですし、秋冬にも着られますので、一枚持っておくと便利なカッタウェイ、いかがでしょう?

 

オーダーシャツ 10,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店