フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

10.靴修理

JMウェストンのサイズ調整

2018.07.17

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

当店では、店主ができる範囲の靴のサイズ調整であれば無償(あまりにたくさん依頼があったら考えますが、今のところは)で承っております。もちろん当店で買った靴だけではなく、他社製品も承ります。

 

画像はH様よりご依頼をいただいた、私も大好きなブランドであるJ.M.WESTONの定番ローファー(No.180)です。ここのブランドはタイトなフィッティングをする傾向があると言われており、私も何足かここの靴を持っていますが、痛いのを我慢しながら馴染ませた記憶があります。

 

我慢して馴染ませれば足の形に合うようになりますので、既製靴のフィッティングとしては理にかなっているのですが、それはあくまでも我慢できれば、の話。
馴染む前にあきらめてしまい、下駄箱に眠らせているという人も少なくないようです。

 

と言うことで、H様より幅出しのご依頼をいただきましたのでストレッチャーにセットします。

革には形状記憶、つまり伸ばしても元に戻ろうとする特性があります。ストレッチャーにかけている時間が短いと、せっかく伸ばした革が元に戻ってしまうのです。そこで、数日間かけてゆっくりと伸ばし、革にその形状を覚えさせなければなりません。

 

せっかく買ったのにサイズが合わずに履いていない靴をお持ちの方、ご相談をお待ちしております。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

コバの補修

2018.04.24

10.靴修理, 11.お手入れ

 

店主の郷間です。

 

皆さん、コバって聞いたことはありますか?
漢字で書くと「木端」です。木の切れはし、と言う意味ですね。
革の世界では、断面が木の切れはしのように見えることから、
この部分をコバと呼んでいます。

 

一足の革靴の中には革の断面はいくつもありますが、その中でも特に
ソールの側面部分をコバと呼ぶことがほとんどです。

 

革靴を履いていると、段差などにつまづいてコバをぶつけてしまうことが
ありますよね(逆に言うと、コバが出っ張っていることでアッパーに
傷が付くのを防いでくれているわけですが)。
アッパーがいくらピカピカでも、コバの色が剥げていたら台無しです。

 

色が剥げた箇所はアッパーに使っている乳化性クリームでも補色できます。
ただ、乳化性クリームには顔料がほとんど含まれていないため、剥げた部分に
浸透はするのですが、上から色を乗せるような効果が薄いのです。
そのため、一時的には補色できますが長持ちしません。

 

私がコバの補修に使っているのはSAPHIRのレノベイティングカラー補修チューブ
しっかり色が乗るクリームですので、コバの補修に適しています。
キズ補修用なので、日ごろのアッパーのお手入れには使わないでくださいね。

 

さて自分の靴でビフォア・アフターをお見せしようかな、と思ったのですが、
全て綺麗に手入れされていたのでお見せできるものがありませんでした(^^;
と言うことで、店内に飾っている60年以上前のスキーブーツを綺麗にしてみます。

補修前。
スキー用ですから結構ぶつけていますね。
クリームをブラシにつけて伸ばして補修し、乾いたら布で磨くだけです。

補修後。
あっと言う間に綺麗になりました!

 

愛用している靴は綺麗に履き続けてくださいね。
ご希望の方は靴をお持ちいただければその場で無料で補修いたします。
是非ご相談下さい。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

革靴オールソールの仕上り(ALDEN)

2018.02.02

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

昨夜からチラついた雪も墨田区には積もることなく通り過ぎたようです。
ホッとしたような、少し残念なような。

 

さて、A様よりご依頼いただいたALDENのオールソール(底の張替え)です。

なかなか良い味が出ていますね。
これは底を張り替えてまだまだ履いていただきたい!

 

クレープソールからラバーソールに変更したいとのことで、
滑りにくさを重視した「オリジナルタフソール」に張替えることになりました。

修理後です。
ソールが新しくなっているのはもちろんのこと、
アッパーの革もケアしましたので、潤いが戻り雰囲気がアップしました。

 

A様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

革靴オールソール 11,000円(税抜)~

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

革靴オールソールの仕上り

2017.12.08

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

T様よりご依頼をいただいた、革靴のオールソール(底の張替え)です。

 

修理前の状態がこちら。

なかなかハードにお履きのようです…
オールソールして永く履こうというお気持ちはとても嬉しいのですが、
納品の際にお手入れの説明もさせていただこうと思います。
せっかく永く履かれるのであれば、いつまでも綺麗なほうがお客様も靴も幸せですね^^

 

オールソールの際に、ソールを別素材に変更したいという御希望がありました。
紐と中敷きもヘタっていたので交換します。
もちろん、アッパー全体を磨きなおしました(これはサービスです)。

 

と言うことで修理完了です!

私も驚くくらい生き返りました…
この靴は4年ほどご愛用されているようですが、これでまだまだ履けそうですね!

 

革靴オールソール 11,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

革靴キズ補修の仕上り

2017.11.28

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

当店は「良いモノを永く使う」お手伝いをする店です。
そのため、靴やスーツのお直しにもできる限り対応しています。

 

本日は、Y様よりご依頼いただいたキズ補修です。
つまづいてキズを付けてしまったとのこと。

銀面(革の表面層)が削れて、中の床面が見えてしまっていますね…
以前の記事にも書きましたが、床面が見えてしまうようなキズは
クリームで補色してもデコボコは埋まりませんのでキズ自体は残ってしまいます。
そこで、キズを埋める補修をします。

 

と言うことで、補修後の画像です。

どうでしょう?
キズがあったことを忘れてしまうような仕上がりではないでしょうか。
これでまたローテーションに復帰できそうですね。
Y様、引き続き末永いご愛用をお願い致します。

 

大切にしている靴にキズを付けてしまった方、あきらめる前に是非ご相談下さい。
お直しは直す箇所や程度を確認するため、一旦お預かりしてから
修理の可否や金額をお出しする場合がありますのでご了承ください。
革靴の底の張替え(オールソール)などはすぐに判断可能です。

 

本日(11/28)は外出のため16時までの営業とさせていただきます。
宜しくお願い致します。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

革靴のキズ補修(Crockett & Jones)

2017.10.21

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

連日の雨の締めくくりは台風のようですね、皆様お気をつけください。
店から近い浅草エリアでは知人が多く参加しているA-ROUNDと言うイベントが
開催されています。この雨では大変ですね…頑張ってください。

 

さて、S様よりご依頼をいただいた革靴のキズ補修です。
以前英国に駐在していたS様が、現地で購入したクロケット&ジョーンズの
ネイビーのストレートチップ。

 

お気に入りだったのにつまずいてキズを付けてしまい、困っているとの事。
良いモノを永く愛用するお手伝い、嬉しいご相談です。

軽い擦り傷であれば市販のクリームでもある程度目立たなくなりますが、
銀面(革の表面の層)が削れてしまってその下の床面が見えてしまっていますね。
こうなるとクリームを塗ってもデコボコが残ってしまいますので、
お客様自身で直すのは難しいですね。

 

革の色に合うように、且つできる限り質感を損なわないように補修しました。

うん、綺麗に仕上がりました!

 

雰囲気をアップさせるため、補修後に全体的に磨きをかけ、
つま先部分だけ軽く光沢を出しています。
キズが付く前よりも雰囲気が増していると思います。

 

S様からも「感動です!」と言うお言葉をいただきました。
ご依頼ありがとうございました。
また何かありましたらご相談下さい。

 

キズ補修は、キズの大きさや深さにより金額が異なりますので、
一旦お預かりし見積もりを出してから進行致します。
部位によっては補修できない箇所もありますのでご了承ください。

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

革靴のサイズ調整承ります

2017.10.01

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

本日は、革靴のサイズ調整のご依頼がありました。
窮屈な箇所を伸ばして欲しいと言う内容です。

 

靴を伸ばす場合、箇所や程度によっていくつかの方法を使い分けています。
今回紹介するのは、その中でも最もパワフルな「ストレッチャーによる伸ばし」です。

急激に伸ばすと革が割れてしまいます。
時間をかけずに伸ばすと革が元に戻ってしまいます。
そのため、業務用のストレッチャーで数日間かけてゆっくりゆっくり伸ばします。

 

靴のサイズ調整は、今回のような「伸ばし」など、当店内で対応できる内容であれば
無償で承ります(修理専門の職人に依頼する内容の場合は有償です)。
他ブランドの靴でも構いません。
サイズが合わずに眠らせている靴をお持ちの方、是非ご相談下さい。

 

当店は、モノを売るだけのお店ではありません。
気に入ったものを永く愛用できるようなお手伝いをする洋品店です。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

靴修理の仕上り(積上げ+トップリフト交換)

2017.09.22

10.靴修理

 

店主の郷間です。

 

当店は紳士靴の修理(リペア)も承っております。
もちろん他店で購入された靴でも構いません。

 

巷には安い洋服や靴が溢れ、使い捨てにするのが当たり前になっています。
でも、せっかく良いモノを身に付けるのであれば、修理しながら永く使ってみませんか?
永く使えば使うほど、その価値が分かってくるはずです。

 

今回はカカトが減ったので直してほしい、とのご相談。
どれどれ、と状態を確認します。

一番下のゴム(トップリフト)を通り越して、積上げと言うパーツの途中まで削れてしまっていますね…
この場合、積上げ+トップリフトの交換をしなければなりません。
トップリフトが残っていれば一枚だけの交換で済みますので、費用が抑えられます。

 

修理後の画像です。
一瞬新品かと思ってしまうほど綺麗に仕上がりました。

 

Y様いつもありがとうございます。
これからも末永くご愛用ください。

 

トップリフト交換 2,100円(税抜)~
積上げ+トップリフト交換 5,000円(税抜)~

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

フィボナッチ紳士洋品店