フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

12.鐘ヶ淵について

榎本武揚像

2018.02.04

12.鐘ヶ淵について

 

店主の郷間です。

 

今日は気持ちの良い天気だったので、浅草から鐘ヶ淵まで歩いて通勤です。
のんびり歩いて45分くらいでしょうか。

 

その道すがらに、こんな銅像が建っています。

榎本武揚像。
戊辰戦争で旧幕府の海軍を率い、新政府軍に最後まで抵抗した人ですね。
そのため反政府のイメージが強いと思うのですが、実は特赦により出獄してからは、
逓信・文部・外務・農商務の大臣を務め、新しい日本の発展に尽くした人でもあります。

 

その榎本は、墨田区向島に屋敷を構え、近くにある木母寺を良く訪れていたため、
当時木母寺のあったこの場所に銅像が建っています(木母寺は移転して近くに現存します)。

 

幕末ファンの方、当店を訪れたついでに榎本武揚像、木母寺、そして同じく榎本が
愛した向島百花園を散策してみてはいかがでしょうか。
銅像の場所はこちらをご覧ください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

味わい深い街・鐘ヶ淵

2017.12.03

12.鐘ヶ淵について

 

店主の郷間です。

 

鐘ヶ淵に店を出して3か月余り、この土地で楽しく過ごしています。

歌川広重の「綾瀬川鐘ヶ淵」。
この時代のことを思いながら街歩きをするのも楽しそうです。

 

昨夜も隣の東向島駅まで歩いたのですが、幹線道路から一歩入ると迷路のような街並み。
私が方向音痴だというせいもありますが、スマホに頼らないと歩けません(^^;

 

近隣の街(スカイツリー周辺や南千住など)の街並みが大きく変わるなか、
この辺りは大規模な区画整理がされず、東京駅から10km圏内とは思えない、
昔ながらの雰囲気が残っている味わい深い街です。
鐘ヶ淵も道路拡張が進んでいますが、この雰囲気は変えずに盛り上がって行って欲しいものです。

店の隣には公衆電話が健在です。右端には灰皿も見えます。
これらも失われつつある光景ですね。

 

当店は、流行に左右されない普遍的な装いを提案したいと思っています。
この街の雰囲気はそんな当店にピッタリです。
皆様も是非、鐘ヶ淵でゆったりとした時間をお過ごしください。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

カネベルちゃん

2017.09.19

12.鐘ヶ淵について

 

店主の郷間です。

 

当店は、東京の下町・鐘ヶ淵(かねがふち)と言うところにあります。
鐘ヶ淵と言う住所は存在せず、墨田区北部にある鐘ヶ淵駅周辺の
地域を指します。

 

明治時代に鐘淵紡績(かねがふちぼうせき)つまりカネボウの工場ができ、
街全体がそれを中心に発展しました。
明治の終りから昭和の初めごろ、鐘淵紡績は日本企業の中で売上高トップ
だったそうですから、地元への経済効果は相当なものがあったでしょう。
当店の前の道路は駅から工場までの通勤経路だったそうで、
毎日数千人?もの工員さんが往来し賑わっていたようです。

 

現在はカネボウも消滅し下町の住宅街といった風情です
(鐘ヶ淵紡績工場跡は花王、カネボウ化粧品の全国百貨店向け化粧品の物流センターになっているそうです)。
知人たちからの認知度は低く、「鐘ヶ淵ってどこだっけ?」なんて言われることも度々。
北千住と浅草の間にあるので結構便利な街なんですけどね。

 

せっかく鐘ヶ淵までいらしていただくのであれば、もっとこの街を楽しんで欲しい!
と言うことで、鐘ヶ淵周辺のお店や観光スポットなどをこのページで紹介していきたいと
思っています。

 

画像はカネベルちゃんと言うキャラクターらしいのですが、
google検索しても見当たりません…鐘ヶ淵の情報収集は足で稼ぎましょう(^^;

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから

フィボナッチ紳士洋品店