フィボナッチ紳士洋品店

フィボナッチ紳士洋品店

news

05.オーダーシューズ

オーダーシューズの仕上り(Cap toe oxford ハンドペイント)

2018.07.23

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

M様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
デザインは紳士靴の王道・内羽根ストレートチップですが、当店オリジナルカラー「藍下黒(あいしたぐろ)」のハンドペイントで仕上げました。

 

染める前の画像。

「藍下黒」で重ね塗りし、無色のクリームで色を落ち着かせ潤いと艶を出します。

写真で見ると黒ですが、屋外では少し青みがかって見えます。
藍下黒についての説明は以前の記事をご覧ください。
奇抜ではないけどちょっと違う、良い色だと思います(自画自賛でスミマセン)ので興味のある方は店頭でサンプルをご覧ください。

 

現在、ハンドペイントはこの藍下黒と、檜皮(ひわだ)の2色を提供しています。
3色目は現在テスト中ですので楽しみにお待ちください!

 

ところでこの靴、こだわっているのはアッパーの色だけではありません。
例えば、コバ(ソールの張り出し)を広めにしています。「何mm出す」と言った指定はできませんが、通常よりコバを出したり削ったり、大まかなご指示であればお応えできます。

 

M様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
ハンドペイントオプション 7,000円(税抜)
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダーシューズの仕上り(Wing tip derby)

2018.07.18

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

W様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
品番MD-11、モディファイドラストの外羽根ウィングチップです。
ボリュームのある木型にウィングチップ、そしてライトブラウンのアッパー。カジュアルで統一感のある仕上がりとなりました。
アイレット(紐の穴)部分は表ハトメ(外ハトメ)と言う金具が見える仕様になっており、これもカジュアルな雰囲気を出すのに一役買っています。

この靴に合わせるのはチノパンでしょうか、ジーンズでしょうか。ショートパンツも良さそうです。
私なら濃紺のジーンズですね~

 

カジュアル用の革靴を作ってみたいけど、どんなデザインや素材を選んだらいいか分からない、と言う方は是非ご相談下さい!

 

W様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

7/19(木)は休みをいただきます。
宜しくお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

オーダーシューズの仕上り(Side gore boots)

2018.07.15

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

T様よりご注文をいただいたオーダーシューズ(オーダーブーツ)の仕上りです。
サイドゴアブーツをチゼルトゥ(CS)木型でお作り致しました。早くも秋冬の準備でしょうか(そう言えば、昨日も秋冬生地のスリーピースを納品しました)。

アッパーはネイビーを選択され、ビジネスカジュアルや休日に活躍してくれそうな雰囲気ですね。

サイドゴアブーツは、日本で最初に革靴を履いたと言われている坂本龍馬が肖像写真で履いているデザインでもあります。

多くの方が見たことのある写真ではないでしょうか。
ゴムの工業製品化に成功したのが19世紀半ば。新しいものを積極的に取り入れた龍馬ですから、そのブーツが最新の技術で作られた事を知り、履きたいと思ったのかもしれませんね。想像が膨らみます。

 

話はどんどん逸れていきますが、上で述べた「ゴムの工業製品化に成功した」人は、アメリカ人発明家のチャールズ・グッドイヤーと言います。もしかして革靴のグッドイヤー製法を発明したのも・・・と思った方、惜しい!
グッドイヤー製法を発明したのは、チャールズ・グッドイヤー・ジュニア、つまり彼の息子なのです(ついでに言うとタイヤなどで有名なグッドイヤー社は彼の名前にちなんで名づけられましたが、経営には関わっていません)。
グッドイヤー製法で作られた今回のサイドゴアブーツは、グッドイヤー親子の技術の共演だったわけですね。

 

1足のブーツにまつわる、幕末の志士とアメリカ人発明家親子の話でした。

 

T様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Double monk strap)

2018.07.07

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

S様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
チゼルトゥ(CS)木型のダブルモンクストラップを、グリーンの革でお作り致しました。

靴の修理職人であるS様とはもう15年ほど前からの付き合いで、今ではお互い独立し店を構えている、お客さまと言うより友人、友人と言うより同志のような関係です。だからここではS様ではなくS君と呼ばせてもらいます。

 

職人の彼のことだから、きっと自分で磨いたり色々とアレンジするんだろうなぁと思ったので、極力何もせずにお渡ししました。次にこの靴を見るときにどんな姿に育っているのか楽しみです。
こんな風にお客さまのことを思い浮かべながら仕上げの具合などを微妙に変えてみたりしています(希望がある方はご注文時にお伝えください)。

 

S君、いつもありがとう。
末永くご愛用ください。

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Adelaide)

2018.07.04

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

Y様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
羽根部分が竪琴のような形状の、通称アデレイドと呼ばれるデザインを、シャープな形状のチゼル(CS)木型でお作り致しました。
元々は爪先部分にメダリオン(穴飾り)があるデザインですが、Y様のご希望でメダリオンをなくしています。

 

アデレイドは爪先が丸いラウンド(ES)木型でもお作りできますが、同じサイズでもCSで作ると10mm長く仕上がります。これはCS木型のほうが捨て寸(爪先の空間)が10mm長いためです。捨て寸ですのでフィッティングには影響はありません。

 

アッパーはキャメル色の革を選択され、爪先部分を中心に「焦がし加工」を致しました。
「焦がし加工」は対応できる革が限られており、今回のキャメルと以前の記事で紹介したレッドブラウンの2色です。

 

Y様のご希望で、ソールにヴィンテージスチールを付けました(オプション料金:税抜2,900円)。

 

Y様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Cap toe oxford)

2018.07.01

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

巷ではそろそろセールが始まっているころでしょうか。
当店は処分しなければならないような在庫を持っていないのでセールは致しませんが、にも関わらずこの時期に当店まで足を運んでいただけるお客さまに感謝!です。

 

さて、Y様にご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
言わずもがなの王道デザイン、内羽根ストレートチップをベーシックなラウンドトゥ(ES)木型でお作り致しました。
アッパーのロウ引きキップの微妙なムラ感が良い雰囲気です。

細く薄い足をされているY様、既製品でジャストフィットする靴を探すのは難しいようですが、オーダーに初挑戦され、今までに無いような感覚を味わっていただけたようで何よりです。

 

Y様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Plain toe oxford)

2018.06.27

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

当店で取り扱っているカフリンクスやラペルピンの作り手、
三代秀石・堀口徹氏の個展が、本日(6/27)より日本橋髙島屋6F美術工芸サロンにて
開催されます。ホームページはこちら
興味のある方が是非行ってみて下さい!

 

さて、U様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
ラウンドトゥ(ES)木型の、内羽根プレーントゥをダークブラウンのレザーで
お作り致しました。

 

スポーツで怪我をされた影響で左右の幅の差があったため、その点を加味して
お作り致しました。左右別々のサイズで作れるのも、オーダーシューズのメリットです。

ご注文時に、三陽山長の黒ストレートチップのオールソールもご依頼いただきました。
その靴といい、今回ご注文いただいたプレーントゥといい、ベーシックなモノを
好まれる方だとお見受け致しました。

 

オーダーメイドと言うサービスを通して、お客さまの価値観、もっと大げさに言うと
生き方のようなものを感じることがあり、それがこの商売の面白さの一つでもあります。
今回もスポーツの話や履かれている革靴を通して、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

U様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

 

Read more

オーダーシューズの新素材「AT」受注開始!

2018.06.24

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

オーダーシューズで選べる甲革(アッパーのレザー)に新しい素材が追加されました。
「AT」と言う名称の国産キップ(仔牛の革)です。
特徴は以下の通りです。

 

①今までの選択肢の中にも国産キップはありましたが、それらより厳選された
質の高いキップを、名門タンナー(革メーカー)が鞣(なめ)しています。
現在手に入る国産キップの中でも最高レベルの原皮を使用していると私は思います。

 

②ムラのある染色がアンティーク調の雰囲気を表現しています。

 

③表面は透明感のある仕上げです。厚い仕上げをしていないため、
見るだけで質の高さを感じていただける革です。

 

④透明感のある仕上げということは、革本来のトラ(シワの痕)や血スジ(血管の痕)が
見えやすいということです。私は革らしい表情があるのでこれらが見える革のほうが
好きですが、革靴に均質性を求めている方にはお薦めできません(どんな革でも
均質ではありませんけどね…)。

 

追加になるのは画像の5色です。

左からライトブラウン、ダークブラウン、ネイビー、ワイン、グレイ。

 

質が良いって言われても靴になったところを見てみないと分からないなぁ、
と言う方も多いと思います。
まだ革が届いたばかりなので、サンプル作らなきゃな~お見せできるのは
1ヵ月先かぁと思っていたのですが…

 

ありました!この革で作った靴が。

 

以前の記事で紹介した、開店祝いでいただいたSHINGO MINAGAWAのブーツが、
ATのダークブラウンを使っていたのです。
皆川君ありがとう!おかげでこの革の良さをすぐに伝えることができます。

 

ムラ感を見ていただくために、アップの画像を載せますので、
以前の記事と併せてご覧ください。

店頭に実物がありますので是非直接ご覧ください!

 

と言うことで新素材「AT」、受注開始です。
オプション料金は10,000円(税抜)。
その価値はある革だと思います。
まずは店頭でカットサンプルと靴をご覧ください!

 

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズの仕上り(Side monk strap)

2018.06.23

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

梅雨の真っただ中、墨田区にも雨が降りだして参りましたが、
皆さまどんな週末をお過ごしでしょうか。
私が近くで気になるイベントは、上野公園の台湾フェスティバルと、
スカイツリータウン・ソラマチで開催中のすみだクリエイターズクラブ Tシャツ展
です。時間に余裕のある方々、宜しければどうぞ!

 

さて、S様よりご注文をいただいたオーダーシューズの仕上りです。
爪先がシャープなチゼルトゥ(CS)木型のサイドモンクストラップです。
サイドモンクストラップとは、ベルトが真横ではなく斜め後ろ方向に
流れているデザインのことで、洗練された印象を与えてくれます。

革はロウ引きのキップ(黒)。
白いロウ分が程よいムラになり味わいを出してくれます。
クリームの乗りが良く、お手入れし甲斐のある革でもあります。

 

靴のオーダーは初めてだと仰っていたS様。
納品の際に「うん、やっぱりオーダーは違いますね」と言うお言葉をいただきました。
ありがとうございます!
この瞬間のために仕事をしていると言っても過言ではありません。

 

S様、この度はありがとうございました。
末永いご愛用をお願い致します。

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

オーダーシューズのオリジナルカラー「檜皮」受注開始!

2018.06.15

05.オーダーシューズ

 

店主の郷間です。

 

4月にオーダーシューズのハンドペイントオプションのオリジナルカラー
「藍下黒(あいしたぐろ)」の告知を致しました(記事はこちら)。
おかげさまでご注文もいただいていますので、そのうちお客さまの靴の画像を
アップできると思います。

 

そしてこのたび、2色目のカラーをスタートすることに致しました。
名前は「檜皮(ひわだ)」と言います。
JISの系統色名で言うと「暗い灰みの黄赤」、まぁ早い話が「濃い目の茶色」
だと思ってください。檜(ひのき)の樹皮のような色、と言うことです。

向かって右(つまり左足)が「藍下黒」、向かって左(つまり右足)が
今回受注を開始する「檜皮」です。
茶系の革は現在でも色々あるのですがその中にはない色味で、且つハンドペイントの
ムラ感との相性が良い色が作れたと思います。
厚めに仕上げをしている革と比べて透明感があるのも魅力です。

 

さて、3つめはどんな色にしようか…妄想が止まりません(^^;

 

オーダーシューズ 38,000円(税抜)~
ハンドペイントオプション 7,000円(税抜)

当店は山形県南陽市の宮城興業ふるさと納税お仕立券に対応しています。

 

 

フィボナッチ紳士洋品店
東京都墨田区墨田5-4-7
03-6874-3505
ご予約・お問い合わせは電話かこちらから
http://www.fibonacci.tokyo.jp/
https://www.facebook.com/fibonaccijp/
https://twitter.com/Fibonacci_JP
https://www.instagram.com/fibonaccitokyo/

フィボナッチ紳士洋品店